原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

9.11 ねらいうち不当弾圧糾弾 歩道ウォーキングが何が悪い?

9.11テント集会の過程でF氏が丸の内警察によって不当逮捕されました。

F氏が経産省の西側歩道を徒歩で歩いていたそのとき、突然、10人程の私服警察官にとり囲まれ、車道まで連れ去さられ、逮捕されました。ねらいうち不当逮捕そのものです。
当日、直ちに、50名以上の人の丸の内警察署(有楽町)へ抗議に行きました。(丸の内署は立て替えのため、有楽町の交通会館のそばの仮庁舎)

465030f0.jpg

警察はすぐ釈放せず、その仮庁舎には留置施設がないという理由で、Fさんの身柄を警視庁に移し、留置・取り調べを行っています。Fさんは完黙(完全黙秘)で、名前を名乗ることもしていません。彼はいま警視庁・103号と呼ばれています。
14日には、東京地裁が10日間の拘留を認めたため、9月22日(金)まで勾留されそうです。9月15日にはテントの事務所に家宅捜査が入りました。反原発行動への不当な弾圧です。

警視庁抗議緊急行動~ねらいうち不当逮捕を糾弾

 私たちは、14日(木)には約50名で抗議行動をしました。これからも毎日(平日は18時から、休日は17時から)30分間警視庁への抗議行動を行います。

IMG_2927s.jpg

警視庁抗議緊急行動(9月15日~22日)  場所:警視庁前(千代田区霞が関2丁目1番1号)
参加できる時に是非ご参加願います。

 17日(日)17時~17時半
 18日(月)17時~17時半
 19日(火)18時~18時半
 20日(水)18時~18時半
 21日(木)18時~18時半
 22日(金)18時~18時半 

報告と要請 9.11・仲間逮捕に対して警視庁への抗議行動

●私たちは、14日(木)18時から、約50名で抗議行動をしました。
●これから毎日(平日は18時から、休日は17時から)30分間警視庁への抗議行動を行います。
 参加できる時に是非ご参加願います。
【案内】警視庁抗議緊急行動(9月15日~22日)
場所:警視庁前(千代田区霞が関2丁目1番1号)
 15日(金)18時~18時半
 16日(土)17時~17時半
 17日(日)17時~17時半
 18日(月)17時~17時半
 19日(火)18時~18時半
 20日(水)18時~18時半
 21日(木)18時~18時半
 22日(金)18時~18時半
主催 経産省前テントひろば

●資料:「別紙 被疑事実」(原文・検察官→裁判官訂正)
10日間拘留(警視庁)9/13~9/22が確定。

※原文を検察官が作成、裁判官が修正指示して、検察庁と裁判所の合作でできあがったものです。

○事実確認→9/11(月)出発前警察からノボリ、プラカード、マイク使用不可を受け、参加者へ2度アナウンス→愛宕通り門で神輿はダメを受け、担ぎから手持ちに。
別館正門前で流れを停止させ「責任者は誰か」、「神輿と人を切り離せ」の通告、TはFに
責任者の交代を告げ、Fは前に、人々が前方に動きだす、別館角(国会通り)で先行者後にFがほぼ一人状態出歩く、その先でコーラーが発声、2分後、地下鉄エレベーター付近で拘束。
*映像撮影者から見た報告あり。

○「被疑事実」の表現→「都公安委員会の許可を得ないで、抗議高度参加の約100名が歩道いっぱい広がって、そのうち複数の参加者が拳を突き上げ「原発やめろ」等とコールしながら行進するという集団示威運動を指揮した際、集団示威運動の隊列の先頭部に位置し、右手を頭上に振り上げながら参加者を前に進むように指揮し、もって無許可の集団示威行動を指導したものである」。

●『テントニュース121号』で抗議声明を各所に撒く。

「経産省前テントひろば・福島とともに」で風呂敷をつくりました。

風呂敷

警察権力の不当逮捕に抗議して、9/14緊急抗議行動

警視庁抗議緊急行動 を行います。9月14日(木)。
なお、午前にお知らせしたように、14日(木)18時から次の抗議行動を予定しています。
丸の内警察は改修工事中で有楽町駅駅近くのビルの仮庁舎のため拘留場所がなく、身柄を警視庁に移されました。そのため、下記のとおり警視庁に対して緊急抗議行動をいたします。奮ってご参加ください。
2017年9月14日(木)
18時~18時30分
警視庁前向かい側歩道
主催 経産省前テントひろば

経産省前テントひろばの9.11行動で、Fさんを不当逮捕したことに抗議する

警視庁丸の内警察署長 殿
抗 議 声 明
2017年9月13日
経産省前テントひろば

私たち「経産省前テントひろば」は、2011年9月からテント設置6年が経過する9月11日夕刻、経産省本館前で抗議集会を開いた。私たちは集会に先立って、経産大臣に宛てた抗議声明を提出し、昨年8月の脱原発を求める3張りのテントの違法撤去に抗議し、政府の原発推進政策等に抗議を申し入れた。
この日の経産省本館前には300名以上の人びとが集まって午後6時から2時間半にわたって集会を続けた。その集会終了の直前に、経産省敷地外周歩道約1キロメートルを一周するウォーキング抗議が行われた。

上記ウォーキング抗議には集会参加者のうち約150名が参加し、他の人びとは本館前に残って集会が続行された。ウォーキングの参加者は、歩道上で口々に経産省への抗議の意思表示を行い、また経産省別館前では多くの人々が資源エネルギー庁のエネルギー政策に対する抗議の意思表明を行った後、再び経産省本館前へ戻る歩道を進んだ。
こうしたウォーキング抗議の参加者の一人だったF氏が、歩道を歩いている時に突然に5、6名の私服警察官に歩道上で包囲されて車道に押し出され、「無届けデモ」の指揮を行ったとの口実で、東京都公安条例違反の容疑で逮捕された。

しかし、そもそも上記のような歩道でのウォーキング抗議を「無届けデモ」と捉えること自体、民衆の歩道上での表現行為を不当に規制し弾圧するもので許されないことである。しかも今回、丸の内警察はF氏の身元を充分承知しつつ「無届けデモ」とか、その「指揮」者と事実を捏造して東京都公安条例違反容疑で逮捕し身柄拘束した。
このような捏造の事実を踏まえれば、今回の事件が丸の内警察によるF氏への不当な狙い撃ち逮捕だったことを十分に示している。
また、こうした丸の内警察による「事件」捏造は、経産省前テントひろばの6年を超す運動の持続を恐れ、いまだに原発推進政策にしがみつく政府・自民党の意向を忖度した警察権力の違法行為そのものにほかならない。

今回のF氏への弾圧事件は、全国各地に広がった脱原発集会への参加者による継続した抗議活動が歩道上での通行の妨害なしに合法的に行われはじめたことに対する違法な予防的な弾圧である。また、市民の自発的抗議活動及びその行動への参加者を「デモ」及び「指揮者」と決めつけてF氏を不当に逮捕した行為は、「警視庁が原発関連の集会・デモで参加者を逮捕したのは初めて」(東京新聞2017年9月12日夕刊【但し、この記事で「集会・デモ」と記述されていることは不正確である】)とされる程に、違法な弾圧と言わざるを得ない。

私たちは、今回の不当逮捕に東京都公安条例が適用されたことは、同条例の民衆の表現行為に対する不当制約性・弾圧法規性が明白に露呈されたものである。
この悪法に強く抵抗し、同条例の廃絶を要求する。
私たち経産省前テントひろばは、今回の丸の内警察署の弾圧行為に断固抗議するとともに、F氏の身柄を即刻に解放することを強く求めるものである。
次のページ>

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに