原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

9/18  代々木公園 さようなら原発 さようなら戦争の集会 9000人

■テントひろばはブース展開

9月18日の行動については『テントひろばニュース』121号の記事を転載します。
9月18日、前日の大雨と打って変わって、台風18号がどこに行ったかと思わせる程の好天気で日差しがきつい。集会へ参加する人びとには、代々木公園B地区の原宿側入り口で、不当弾圧糾弾を知らせる『テントニュース臨時号』を配布した。今回の不当弾圧を初めて知る人だけでなく、既に知っている人も関心を示して『テントひろばニュース臨時号』を受け取ってくれた。なかでも、淵上さんを個人的に良く知っている方からは、「ビールが飲めなくて大変でしょう?」と、心配(?)して頂いた。

▼ブースの前でチラシを撒く
テント山本

DSCF5083.jpg

私たちは、ケヤキ並木に並んだブースに経産省前テントひろばの物販テントを設置して、「脱原発風呂敷」、Tシャツなどを販売しながら不当弾圧を訴えた。ケヤキステージでのリレートークで亀屋幸子さんが発言、「テントひろばは第2の故郷です」とテントひろばへの不当弾圧を強くアピールした。

DSCF5088 - コピー

野外ステージの全国集会は、木内みどりさんの司会で1時半から開始された。冒頭の開会あいさつに立った作家の落合恵子さんは、安倍首相の倣慢な政治運営を強く糾弾し、さらに経産省前テントひろばでの淵上さんの不当逮捕にも触れられて、今回の警察の対応を批判した。木内みどりさんもまた、「淵上太郎さんはとても立派な方なのですよ」などと紹介しながら、会場に集まった多数の人びとに9・11の経産省周囲ウオーキングでの不当弾圧について報告された。

IMG_3277s小夜なら原発壇上


IMG_3301sデモ行進

3時からのデモ行進Iも原宿方面と渋谷方面の二手に別れて行われた。私たちは、警備の警察官に邪魔されることなく、ゆっくり歩きながら、原発反対を強く訴えた。にぎやかな渋谷駅周辺を歩いた私には、沿道の人たちから「さようなら原発、さようなら戦争」を訴えるデモ隊への好意的な眼差しが感じられた。この日もまた、デモ終了後に警視庁抗議行動が行われ、50人以上が参加した。そこでは、茨城県の東海村から駆けつけた村議からの発言も頂いた。(K.M)

(まとめ:テントひろばニュース 写真:あれこれ屋  ネットから )

9/11集会の報告(つづき)

9/11集会はたくさんの人が集まって盛況でした。内容を紹介するつもりでいましたが、淵上さん逮捕についての報告で、日がどんどん立ってしまったので、2枚の写真で報告にかえます。

911.jpg

集会が終わってから、ウオーキングに出ました。フレコンバッグの神輿はしばらくしてから、かつがないで下にしろと警察が言って来たので、そうしました。
ウオーキングはウオーキングとして行われていたのに、最後に狙い撃ち的に淵上さんを逮捕したのです。権力の横暴です。

IMG_2822sおみこし

9月19日 5月以来 の電源開発前スタンディングデモ 

台風が去り、今日も名残の暑さが続く。昭和通りに面した電源開発は夕方は向かいのビルの影のおかげで涼しい。

6月は株主総会会場前でスタンディングデモをやった。7月は大間現地集会がありパス、8月2日に裁判報告集会を取組み、19日は土曜日なのとお盆休みの週でパス、と久し振りの本店前行動だった。

呼吸するようにウソをつく人のおかげで毎日何かと忙しい。
そんな中でもスタンディングデモに参加して下さるのが嬉しい。新しく女性が来て下さった。2度目の人が二人、合わせて総勢7名。それぞれにプラカードを首から下げたり片手にプラカードを持ったりして道路にたつ。チラシを渡し損ねたら取りに戻ってきた方もある。初めは受け取らなかったが並んで配っているので終わりの方で受けとる人もいる。

原発賛成と言う人がいて、核のゴミどうするの?と聞き返すとさっさと行ってしまった。
世界は今予期しない自然の脅威の中にある。隕石、太陽フレア、異常気象などなど。人間が対応出来ないのに今すぐ原発を止めないと本当に地球が危ないと思うのに。
国の政策だから、だけでだらだらやって、放射能漏れでもしたら大間原発はMOXが原料だけに被害は計り知れないのに電源開発は恐ろしいと思わないのか。

約1時間やって、いつものシュプレヒコールを腹の底から叫ぶ!

大間原発 大間違い!
マグロ も イカ も 怒ってる!

来月も来ます!と警備員に告知して解散した。

淵上さん釈放(9/22)とその日の経産省前の行動

淵上さん釈放(9/22)とその日の経産省前の行動

9/21(木)
弁護士から連絡で、9/22(金)に行われる勾留理由開示公判前に釈放されるだろう。
9/22(金)
・弁護士から連絡あり。「検察官から今日の9時半ごろ電話があり『諸般の事情により、釈放することにした。』」とのこと。検察がギブアップを宣言したのと同じ。淵上さんは昼前後に釈放されるだろうとのこと。
・事務所前で座り込みの準備をしていたら淵上さんがふらりとやってきた。11時54分タクシーで事務所までやってきたとのこと。

DSCN7671.jpg

・経産省前に行った。レイバーネットの松原さんが来て、みんなで記念撮影をした。 その後は淡々とした座り込みが続いた。
・経産省前に来た人は淵上さんが座っているので驚くとともに、握手。座り込んでいる人たちは皆笑顔。ただ、雨男(?)が出てきたからか、雨足が強い。

・通常の金曜日の経産省抗議行動。17時前から待ちに待った淵上さんの挨拶。沢山の支援への御礼とともに、11日間の警視庁宿泊での健康な生活の報告。禁酒・禁煙もさほど苦痛では無かったようだ。

DSCF5115.jpg

DSCF5123.jpg

・その後、祝意のアピールが続く。
・そのあと、この日に千葉地裁が出した福島原発被の害集団訴訟判決の不当性について千葉のKさんが、前橋地裁判決と違って、国の国賠法上の違法性を否定したことを報告し、さらに東京訴訟団の団長の原告の鴨下祐也さんが「声明」を配布して、怒りの判決批判を行うとともに、怒りとともに今後の各地の訴訟にも注目するように訴えた。「いわき避難者訴訟」=生業訴訟は10/10に判決。
・また、更田委員長体制になる原子力規制委員会が、来週にも柏崎刈羽原発の設置変更許可を出そうとしていること、火山灰濃度基準を1年猶予与えようとしていてそのことがパブコメにかけられることを、規制委傍聴を続けているOさんが伝えてくれた。

 IMG_3619s.jpg

脱原発活動を続ける経産省テントひろばへの国の弾圧を、団結して跳ね返したことを確認して抗議集会を終わった。

(報告:みんな 写真:早川、ムキンポ、あれこれ屋)

9.11 ねらいうち不当弾圧糾弾 歩道ウォーキングが何が悪い?

9.11テント集会の過程でF氏が丸の内警察によって不当逮捕されました。

F氏が経産省の西側歩道を徒歩で歩いていたそのとき、突然、10人程の私服警察官にとり囲まれ、車道まで連れ去さられ、逮捕されました。ねらいうち不当逮捕そのものです。
当日、直ちに、50名以上の人の丸の内警察署(有楽町)へ抗議に行きました。(丸の内署は立て替えのため、有楽町の交通会館のそばの仮庁舎)

465030f0.jpg

警察はすぐ釈放せず、その仮庁舎には留置施設がないという理由で、Fさんの身柄を警視庁に移し、留置・取り調べを行っています。Fさんは完黙(完全黙秘)で、名前を名乗ることもしていません。彼はいま警視庁・103号と呼ばれています。
14日には、東京地裁が10日間の拘留を認めたため、9月22日(金)まで勾留されそうです。9月15日にはテントの事務所に家宅捜査が入りました。反原発行動への不当な弾圧です。

警視庁抗議緊急行動~ねらいうち不当逮捕を糾弾

 私たちは、14日(木)には約50名で抗議行動をしました。これからも毎日(平日は18時から、休日は17時から)30分間警視庁への抗議行動を行います。

IMG_2927s.jpg

警視庁抗議緊急行動(9月15日~22日)  場所:警視庁前(千代田区霞が関2丁目1番1号)
参加できる時に是非ご参加願います。

 17日(日)17時~17時半
 18日(月)17時~17時半
 19日(火)18時~18時半
 20日(水)18時~18時半
 21日(木)18時~18時半
 22日(金)18時~18時半 
次のページ>

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに