原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

8/2 経産省前テントひろば第二テントで七夕まつり! 

8月2日(土)は旧暦の七夕です。
経産省前のテント茶屋(ピットインともいう第2テント)が楽しみにしている行事です。
経産省前テントひろば第二テントで七夕まつり! 
ご一緒に星を見ながら楽しみませんか


8月1日(金)の午後から笹に飾りつけ
いままで書いていただいた短冊もこれから金曜抗議行動に参加する方、通りがかりの皆さんに「願いごと」を書いていただいたりしたものも、飾り付けます。<川柳で願いごと>なんていいですね。
ぜひお出かけ、お立ち寄りください。

8月2日(土)19時から開演予定(順不同)
講談あり、スピーチあり、音楽ありのイベントを用意しております。
現在の若者から昔の若者も楽しめるでしょう。

ご一緒に星を見ながら、楽しみましょう。

★両日とも、冷やし素麺やキュウリ・麦茶など、夏の涼を用意しております。ぜひ、ご参加ください。

内容:
若者のロックで暑い夏をさらに熱く!
「霞ヶ関で愛をこめて」の浦邊力さんはじめ若者がロックでテント前を熱くします!?

参加者のスピーチは誰でしょう。スピーカーは? それは当日をお楽しみに。

甲賀さんの講談「望郷桜」
福島県双葉郡富岡町は東北有数の桜の名所。富岡町の住民は原発事故の放射能で町を追われ
?。
(この後は、テントひろばにお超しいただくのがよろしいようで・・・)

「望郷桜」の演目を提示しての口演はどうやら初演の様子。講談仲間でも評判がよく、演じてみたいという人が多い様子。
いま台本にもかなり手を入れ、書き直しているとか・・。改訂版「望郷桜」にご期待ください。

-----------ーーーーーーーーーーーーー
問い合わせ:070-6472-1947(乱鬼龍)
参加費:無料

(お誘い: あいあらっく)

今年の七夕まつりは旧暦で実施!アイデア募集中!!

告知
テントひろば七夕祭は8月2日(金)=旧暦7月7日、夕方から夜にやります

7月7日がやってきました。やはり今年も雨ですね。去年も一昨年も雨が降りましたし、やはり梅雨のただ中に星祭をしようというのが無理なのでしょうね。
近年、国立天文台が提唱して「七夕を旧暦でやる」みたいな流れが起こっているようです。
(ただしお国の役所が旧暦を推進することはできないので、「伝統的七夕」という言葉を使っています。)

旧暦でやる利点は、梅雨明け後であることと、上弦の月(細かくいえば半月の1日前くらいですが)で、夜半には月が西の空に沈んでしまい、空が暗いので星を見るのに有利であること、であるそうです。
欠点は年によって日にちが違うので分かりにくいことです。(月遅れとは違います。月遅れだと毎年8月7日なのでわかりやすいです。)今年の旧暦7月7日は新暦では8月2日(土)だそうです。

さてテントでの七夕、何をやりましょうか。細かい計画はまだですが、星を見上げながら、原発事故で離散した家族が再び合流して幸せに暮らせますように、そして大地や空を汚す原発が早く全部なくなってくれますようにと願う祭りにしたいと思います。

具体的には、
まずは前日に笹飾りを作り、金曜日の抗議行動の方々にも、短冊に願い事を書いていただきます。
当日は夕方からちょっとしたイベントをやります。
食べ物飲み物も用意します。和風のものにするつもりです。
皆様からのアイディアやリクエストを募集中です。
晴れますように!

参考
http://www.nao.ac.jp/faq/a0310.html

STOP再稼働! テント1000日! 6.8集会

「STOP再稼働! テント1000日! 6.8集会」
と  き:6月8日(日) 14:00~16:30
と こ ろ:明治大学リバティホール
共  催:経産省前テントひろば/テント応援団/現代史研究会
司  会:木内 みどり
発 言 者:淵上太郎(経産省前テントひろば)、
      中嶌 哲演(テント応援団呼びかけ人・大飯原発運転差止訴訟原告団長)、
      河合 弘之(テント弁護団団長)、
      ミサオ・レッドウルフ(首都圏反原発連合、テント応援団呼びかけ人)、
      武藤 類子(原発いらない福島の女たち)
講  談:神田 香織新作講談「福島の祈り~ある母子避難の声」

6月8日集会

6月13日 川内原発再稼働反対 現地行動に参加しませんか! 只今募集中

■川内原発再稼働反対 鹿児島県庁包囲行動と川内原発現地行動 参加者募集中
 締め切り5月23日。経産省前テント、またはたんぽぽ舎に来て申し込んでください。
 参加費1万円を添えてください。

Image4川内裏

川内原発動かすな!東日本決起集会に集まれ!!

Image2川内
次のページ>

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに