原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

「第二テント日直だより」第16便

「第二テント日直だより」第16便です。
10月になってしまいました。
9月中にもう一度お届けするつもりだったのに、今になってしまいました。

そろそろ夕方は冷え込むかな?座り込みには上着を持参されるといいかも。
(0.k)
日直だより16


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
9月9日(月)
白い雲が多いですが青空も見えてすゞしい朝です。
12時少し前、90歳の男性がテント訪問、これから記者クラブへ行くそうです。元気でビックリ。
【ヨーカン】

午後
2時頃、早稲田大学の中国人留学生で映像について学んでいる院生が2ー3人で1チームを組んで、2チーム来て取材して行った。
秋川から来た障害者の男性からも、中国人たちからも、オリンピック招致決定についてどう思うか、安倍のコントロールれている、ブロックされている発言をどう思うか聞かれた。
関電前グループなども来て、テントはわりとわいわいしていた。
鹿児島川内原発のパンフが送られてきた。
蚊にすごく刺された。
【あれこれ屋】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
9月11日(水)
テント2周年の日
午前中から多くの方が訪れました。
第2テントの中も集会の準備のためごった返していました。

15:00ー17:00 集会(経産省正門前)
17:00ー18:00 休憩タイム/軽食提供
18:00ー19:00 経産省への申し入れ行動

私はテント前に机を出してあっきぃさんらと物販や案内をしていました。
19:30ー 「怒りのヒューマンチェーン」は成功し、経産省を取り囲むことができました。
その後もかなりの方がテント周辺に残り、三々五々話をされていました。
第2テントの中でも片付けを終えたスタッフの反省会(?)の場となり、10時をすぎても話が尽きませんでした。
みな様本当にお疲れ様でした。
【メーテル】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
9月12日(木)
12:00過ぎにテントに着いたら、もう裁判の為に集まった方々が多勢集まっていました。
3人連れの女性の方、「わたしも原発反対!」と言って立ち寄って下さった女性、官邸行動に参加して、その思いを声にして下さいと言って、少しお話ししました。
HIさんに同行してみえた兵庫のGTさんが「いのちを守る回覧板①」をおいて行かれました。明日、あさってに配布したいと思います。
STさんという男性の方がドイツ在住の日本人女性の方を連れてきて下さいました。その方は毎年1回帰国されているそうで、テントももう3回目とのことでした。
さいたまんぞうさんというミュージシャンの方が、自作の「原発・アウト!」という歌のCDをもって見えました。
隔週木曜日のオープンマイクにエントリーするようにすすめました。
【あっきぃ】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
9月13日(金)
明らかに日射しが夏とは違ってきましたが、じっとりと蒸し暑い一日でした。私はトークイベントの準備もあり、昼過ぎからテント入りしました。茨城から谷田部さんがみえ、バナー作りなどを手伝ってくださいました。
17時より「これでも罪を問えないのですか!福島原発告訴団50人の陳述書」出版記念特別企画テント前トーク。
メインの出演者のはずだった明石昇二郎さんが、同じ時刻に行われた告訴団の緊急集会の方に出られて遅刻されたほかは、順調に進みました。
ゲストの手塚真子さん、白井基夫さん、そしてサプライズで出演してくださった谷田部さんのお話にみなさん熱心に耳を傾けておられました。
6時近くになると、官邸前などでの抗議行動に続々と人が集まってこられ、いつものテントの金曜日に。
8時をすぎると抗議を終えた方々がテントに立ち寄られ、いっそう賑やかになりました。9月15日は再び原発ゼロの日。汚染水問題、支援法のこと、4号機の燃料棒取り出しのこと、安倍首相のインチキ「安全宣言」のこと等々…話題は様々。
第2テントではケロップさんたちの「女子会」の呼びかけに予想以上の女子が集まりました。ときどきはこういう交流をしたいですね。
【メーテル】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
9月20日(金)
10:30着。快晴。畳を干しました。
土曜日夕方に運び込んだ関西大弾圧救援会のビラを整理する。3箱も1週間置きっ放しにしてすみません。
関西大弾圧でただ一人大阪拘置所に勾留されていたUさん、昨日釈放!!保釈金を払っての釈放ではなく、無条件の勾留取消を勝ちとった。
これはスゴイことです。Uさんはテントができた当時深く関わっていた人で、亡くなったYさんと共に大阪で戦っていて、不当逮捕されました。
保釈の道を選ばず、10ヶ月獄中で戦って勝ったUさん、尊敬します!
お昼頃、SNさんとERさんがテントに立ち寄る。これからベローチェの雇い止めの裁判に行くとのこと。
13時ごろにはこれから裁判に行くというMKさんという方が立ち寄る。メーテルさんのお知り合いとのこと。テント裁判にも来てくれているそうですが、家が長瀞と聞きびっくり!15時ごろSNさんとERさんが再び来て、休憩していく。ERさんは一昨年「テントカフェ」をやったりしていましたが、最近はご無沙汰だったので、久しぶり。
テツさんの抗議が終った後、テント前でUさんの祝勝会。
【しろたま】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
9月26日(木)
すっかり秋めいて寒いくらい。少しポツポツと雨が降ったが、止んだので、奥の2枚の畳を干した。下に敷かれていた新聞紙も干した。
3時すぎ迄青空でよかったと思ったが、その後、再び暗い空模様に様変わりしたが、雨は降らなかった。
4時頃、東京から神戸に避難している方が福島のママたちの声を届けたいとテキストをA3に拡大してラミネートしたものをもって見えた。福島のお母さんたちは東京オリンピックが決定して、とてもガッカリしているので、その声を伝えたいと思って作られたとのこと。第2テントの全面に吊るしたらどうか、ということになったが、和文・英文が表裏になっているので、別々にした方がよいということになりKionko'sでコピー・ラミネートすることにした。見出しの部分をし残したので、明日ラミネートして持ってきて、Eさんにアドバイスを受けながら吊るすことになった。
テント前は人の絶えることなく、座り込みが続いた。
5時頃SMさんが見えましたが、今日はスピーチはなかった。
【あっきぃ】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
9月28日(土)
映画会「原発の町を追われて」(正・続)上映&トーク堀切さん(監督)16:00~
迫力のある画、本音でしゃべる双葉町の人たち。トークの部に入っても人数あまり減らず、ずいぶん長い時間集中して過ごしました。
・暗幕がうまくはれました。これなら真昼間でも大丈夫(自画自賛)
【ケロップ】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「第二テント日直だより」第15便

「第二テント日直だより」第15便です。
もう9月ですね。8月の第二テントの様子をお届けします。
どんなに暑くても、経産省前で粘り続ける…
このテントが3年も続いているということは、
他者の命を大切に思う人々が政府や大企業の権力に負けないでいる
ということの象徴ですね。
諦めない人々に励まされ、自分も諦めない人になれます。(0.k)


。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
8月6日(火)
横断幕T1
SMさん、あれこれ屋さん、メーテルさんご希望のNO NUKESの文字だけの白地に黄色の文字で黒のフチドリ出来上がり。
幅や長さがわからないので長さはカットできるように配字した。
【TK】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
8月7日(水)
昼過ぎのテントの中の気温は34℃。それからも夕方までほとんど下がりませんでした。
今日は経産省の玄関に「こどもデー」の看板が出ていて、おそらくそれに参加するためと思われる小学生くらいの
子どもたちとその親が何人もテント前を行き交いました。
霞が関でこれほど子どもの姿を多く見かけたことはないくらいです。
どんな催しかと私も立ち寄ってのぞいてみましたが、未来の車とか未来の自転車(太陽光発電を利用した電動自転車)
の展示がある程度。
人だかりがしている一隅で女の子が懸命に自転車をこいでいるので、「人力発電か?」と思ったのですが、
単にスピードを競っているだけでした。

昨日、TMさん他たんぽぽ舎のみなさんが作製してくださった「NO NUKES」の素敵な横断幕を、さっそく第2テント前に吊しました。

大阪の豊中市議をしておられる木村真(きむら・まこと)さんが所用で上京したついでにと立ち寄ってくださいました。
テントは3回目くらいだそうです。大阪の反原発運動のことや、5月に訪れたという福島のお話を伺いました。

3時過ぎにはSMさんもみえて、マイクスピーチをされました。5時過ぎにはあっきいさんも見えました。
【メーテル】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
8月8日(木)
相変わらず暑いです。
今日も経産省、外務省、農林水産省、文科省等で「子どもデー」ということで親子連れが歩いていました。
テントを眺めている場合はテントちらしを親に渡しました。受け取ってくれる人も取ってくれない人もいました。
郡山から避難している親子の男の子がいわき在住のおばあちゃんに連れられてテントに寄ってくださった。

4時すぎに信号の傍に白い車が止まり、男性が2人降りてきて演説を始めました。テントを不法占拠だとののしる、
そのうち日の丸を掲げながら信号を渡ってくる一団が現れ合流、女性も4人ほど。約1時間、不法占拠を責め立てて帰って行きました。
その間に先ほどのいわきからの女性がお仕事の終わった娘さんとお孫さんを連れて見えました。
警官が6名ほど信号の横の植え込み前に陣取り、私服も4名ほど、一団を暴走させないように間に入ってくれました。
異様な光景に坊やは泣き出し、娘さんは「テントが私たちの心の支えなんだから」と言って泣き出して、
「子供をダシに使うな」というののしりを受けたり、大変でした。
折角おばあちゃんが連れてきてくださったのに、残念なことになってしまいました。
わかち愛さんも見えたので、カレンダーチラシについて話しました。
5時40分頃、一度テントに来たかったと云ってご夫婦が見えました。
【あっきい】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
8月10日(土)
今日はとても暑かった昨日以上に暑く、気温を知らない方が気が楽、そんな1日でした。
目の前の国道1号線の交差点中央部は路面がゆらゆらと見え、どうやら陽炎が立っている様子。セミも元気に生命を主張しています。
先週の土曜日より交通量も少なく、静か。
昼頃に年配の男の人が第1テントに立ち寄り、携帯端末でテントを背景に自分の写真を撮ってもらい、
帰りがけに「がんばって下さい」と声をかけて去りました。
テントは多くの人にとって「気になる存在」なのだと改めて思いました。
非常な暑さが多少落ち着いてきたのは5時頃。
【K.U.】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
8月12日(月)

せみの声と自動車の音がします。
今日はやゝすゞしい風も流れています。
テントの前でFDさんはギター、ヨーカンちんはウクレレで合奏しました。
「ヨーカンの六カ所村日記」と「六カ所村三角小屋からあなたへ」3冊ずつもって来ました。
20年前の私の自費出版です。
【ヨーカン】


午後
大阪から、お盆で仕事を休みにしたので一度来たいと思っていたテントに来たという女性と、
ヨーカンさんがあれこれと話し、ヨーカンさんはその人に上記の、三角小屋日記をあげていた。
テントの本棚にある「六カ所村」(島田恵)の本の、運び込み反対闘争(1995)のところ(まん中くらい)にヨーカンさんが写っている。
2時に若い女性が、東電に一人で抗議に行きたいのでトラメガを貸してくれないか、と言ってきた。
トラメガを持って一人で行った。子どもたちの声の本を読み上げようと思うと言っていた。
3時、コリアからきた国立芸術大学の学生が日本に5日間来たが、デモ/テントを見に来たという。片言の言語で通ぜず。
風鈴の差し入れ。深大寺のふうりん。
SMさん5時過ぎ来る。
【あれこれ屋】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
8月13日(火)
昨夜のすごい雨で第1テントの方はしのぎやすかった由。
到着した時はいくぶん涼しい気がしたが、1時すぎから陽が照り出して14時には34℃となった。
・線量計で測るとテント内は0.19植え込み10cm 0.15(雨で洗い流された?)
【T.M.】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
8月14日(水)
今日も朝から暑く、昼頃のテント内の気温は34℃。
いつものようにテントの裾をめくり上げて風が通り抜けられるようにすると少しはしのぎやすくなりました。
お盆の中日のためか、勤め人の姿はだいぶ少なめ。
大田区から自転車で来られたNさんと、夕方までいろいろお話をしました。

☆「福島原発告訴団より緊急のお願い~地検への『お葉書』作戦~」のちらしを作りました。ご自由に配布してください。
【メーテル】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

「第二テント日直だより」第14便

「第二テント日直だより」第14便をお届けします。
本当に暑いです!
喉が渇く前に水分補給、塩分補給が肝心、とはいえ市販のスポーツドリンクをどんどん買うのはお金もかかるし、エコじゃない気がする…というかたは、自作してみては?
「スポーツドリンク 手作り」で検索してみると、どうやら手軽に作れるようです。
水1リットルに対し、砂糖:大さじ4 塩:小さじ半分 を混ぜるだけで吸収のいい飲み物になるんですって。
レモン汁を大さじ2杯加えるとさらに熱射病対策にいいみたい。

この酷暑の中で、原発事故の片付けをしている人たちのこと、気になります。
マスク必須で肉体労働、その場で水分補給なんてできない。心配です。(0.k)


。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月15日(月)
1時過ぎに千葉の教会の牧師さんが見えて、2時間ぐらい座っていかれた。
3時頃、大阪のミュージシャンたち(先日、大飯闘争の時、中島哲演さんの寺で演奏した)が来た。昨日の三里塚・千葉集会に参加したそうだ。テントに来て、演奏。賑やか。
その後、立教大学の院生3人と若い先生がテントを見に来て、話を聞きたいといわれ、第1テントで話す。SMさんもみえる。
【あれこれ屋】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月16日(火)
昨夜から涼しく、12時頃から第2テントで作業を始めたが30℃を上回ることはなかった。それでも陽が射すと暑い。
4時15分前ごろ、東京地裁前行動の声かけがあり、MNさんと横浜からきた方は参加して帰宅された。
鹿児島川内集会(7/28・29)に持参する横断幕仕上がり、金曜デビュー後、鹿児島川内集会に参加の人に託すことになる。
規制委新基準腹立たしく、再稼動申請した電力各社にも腹が立つ。これぞと思う言葉を横断幕にあらわしたいがなかなか良い案が浮かばない。
SMさんいつもの様にアナウンスされる。マイクの調子悪く残念。
【TM】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月17日(水)
曇りのち雨
あまり暑くなく、久しぶりに過ごしやすい一日でした。
3時45分ごろ、在特会の男2名が突然やってきて椅子をけり、暴言をはく行動に。まもなく丸の内署から警官10名くらいがやってきて、連れていってくれ、ひと安心しました。
その後あれこれ屋さんが見え、すわり込みをしながら選挙のことなどをお話しました。
夕方5時くらいから雨が降り始めました。暑い日が続いていたので、ちょうどよいお湿りといったところです。
【メーテル】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月25日(木)
曇、小降りの雨時々
雨で畳の下が濡れているかと思ったが、それほどではありませんでした。
左とまん中の畳をあげて、テント内に立てかけて干しましたが、天気が良くなったので畳2枚を外に干しました。4時半ごろ取り込みました。
今日はSMさん、早く見えて、歩行者に脱原発の呼びかけを力強くされて、国会前の座り込みへ。
共産党系労組の抗議活動に参加した方々がテントの前を通られた。中にはカンパしてくださった方も。柏崎から来た方と少しお話ししました。
【あっきぃ】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月28日(日)
到着した時は川柳句会の途中。句会終了後はみなさんでかけられたので、雑用をしていました。
すだれの七夕飾りを外して、ドイツ折り鶴を20枚くらい飾りました。8月中旬まで雨に濡れないように管理していただければ、嬉しいです。
もう少し派手にしたいのだけれど、どうしたらいいかな。どなたでもご自由に手を加えてください。
KYさんが、今日のデモではたくさん泣いてしまったと話していました。自分の気持ちとしてはひたすら原発反対と真面目にやりたいのに、若い人達のデモは音楽で賑やかでお祭りのよう。その楽しそうな様子が納得いかないけれど、今はこれでいいのだと自分に言い聞かせているとのことでした。脱原発の運動が被災者である当事者の方と気持ちがすれ違ってしまっているのならそれはまずいなと思いました。
第1テント前へ夜になってから来た若い人(維新に投票したとかいう人)が声が大きいので喧嘩かと思って見に行きました。そのあと皆が集まって議論になっていました。ずいぶん長い時間賑やかに話していました。
なんであれだれであれ議論するのはいいことなのでしょうね。
【ケロップ】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

「第二テント日直だより」第13便

「第二テント日直だより」第13便をお届けします。
七夕が終わり、参議院選が終わり、テントひろばの第二回公判も終わって、
改めて、「原発いらない!」「被ばくさせるな!」…と、叫ぶ夏です。
(0.k)


。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
6月25日(火)
曇り時々雨と晴れ、15時から晴れて暑くなった。
・第1テントへ青森の六カ所の方が訪問。組織を作っても、行動を一致するのは難しく、今は一人で東電、日本原燃、経産省、原子力開発機構などと交渉している。
パソコンもケータイも持たず不自由はないとの事。鎌田慧さんと渋谷で待ち合わせの時間まで いろいろ伺う。
関根浜 白糠漁協、六カ所あさこはうす に関わっている。現場を知ることが大切と云われる。
このテントもみんなで守り続けることが唯一のたゝかいである由。
・横断幕作りは準備整わず、シートを広げてイメージだけ。
今の焦点は「原発再稼働反対」だろう。白のシートにくっきりと黒でどうか。意見決まらず保留。
・第2テントの英語の分。黄色のシートがないので黄色のテープを貼ることを考えたが労力多すぎるので、白地に黄色で良いことにした。
土嚢の袋はあまりに腰がなく、サイズも中途半端なので85x260とする。字はNO NUKES TENTOMAEHIROBAで良いか未決。
・SMさんも4時すぎに来られ、座り込みの人たちとおしゃべり。NO NUKESだけで良いと言われる。
・殆んど毎週Wさんが来て下さる。必ず食物の差し入れがある。横断幕つくりを手伝ってくださって出来上がりの写真と作業中の写真をお渡ししたらそれ以来気にかけて協力してくださる。
【TN】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月27日(木)
快晴。
奥の2枚の畳をINさんに手伝って頂いて外に干した。

2時過ぎに関電東京支社前でMOX燃料搬入の反対抗議行動をして来た方々がテントに寄って下さった。

日射しがとても強いので、太陽の動きに連れて座る場所を変えた。
【あっきぃ】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月1日(月)
すだれにつけてある七夕かざりがきれいだ。

3時からのテント裁判弁護団会議に出席のため 3時前に、千葉の佐藤典子弁護士がテントの状況を見に来られた。
佐藤弁護士は一昨年10月末の「福島の女たち」が行動に立ったとき、参加されたそうだ。「そのへんに座っていたのよ」と言われた。心強い。

毎週月曜日は「関電抗議」行動が行われ、4時頃には準備のため、テントに来る。
この日、もって来た旗はすごくいい。
“「日の丸」に変えてハートの旗を。ハートの旗では戦争は出来ない”と言っていた。その通り。
関電・中電抗議


【あれこれ屋】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月7日(日
たなばた遠景


ケロップさんと当番を交代しました。
きょうは国会前の七夕準備のプロジェクトとテントの当事者集会という2つの大きなイベントがあったため、多くの方が立ち寄られました。
東京はこの夏一番と言ってよいほどの暑さで、午後3時頃の気温が33℃。ピーク時にはもっとあったことでしょう。
氷を買ってテントに寄られる方々を冷たい麦茶と水で迎えました。


七夕プロジェクト!
たなばた1
笹の提供:藤原夏来さん(「ふうけいあそび」)



たなばた2
(テントに来た人たちの思いのこもった短冊)



たなばた3
(酢で水あげされた笹、10日も青々としていたものも。笹提供者の藤原さんには、
緑を活かす技術の提供もしていただきました。感謝!)
写真コメント:0.k



七夕プロジェクトに参加された方々が去り、当事者集会の帰りに寄られた方々がようやくお帰りになったのが5時半ごろ。
ちょうどそのタイミングで、空がにわかにかき曇り、ゴロゴロと音がしたと思ったら、雨がザーッと降り出しました。あわててテント奥の床に新聞紙を敷いたり、入り口をできる限り閉めたり…と対処。
でも、降りはじめと同じくらいにあっけなく雨は弱まり、日が射して、お天気雨のようになりました。
【メーテル】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月13日(土)
うすぐもり、少し雨
久しぶりに当番に来ました。32℃、暑いです。
SMさんに手伝ってもらい、テントの両側を開けて風通し。巻き上がるようになればいいかもしれないと思います。七夕飾り、きれいですね。私のペーパー「月のアンテナ」を置かせてもらいましたが、よかったでしょうか。
アンペアダウンのことを書きました。東電には1円でも余計な電気代は払いたくありません。
【LUNA】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月14日(日)
晴れのち雨と雷
・15:30頃、全国学資奨学金問題対策委員会の「教育の機会均等を!デモ」~学費奨学金は問題だらけ~
がテント前を通過したので、Mさんからのサンドイッチを配り、応援しました。雨宮処凛さんもいたそうです。
私も今、大学生の子供がいるので、学費奨学金に関しても、問題だと感じています。もっと誰もが、家の事情に関係なく学びたいことを学べるようになれることが、日本の発展にもつながるのではないかと思います。

・オーストラリアから、22歳の学生が来テント。オーストラリアではオキュパイ運動をしている。今日、東京へついて、これから400k先の宮城まで歩いていくと言っていました。
テントのことを取材したい(インタビューしたい)ということだったので、第1テントの方たちにお願いしました。
とても元気で明るい青年で、こちらも元気をもらいました。
青年も、座り込みの方たちとみんなで話ができ、こういう交流がとても有意義だと言っていました。

・18:00前頃I.Sさん(テントひろばの旗のイラストレーターの方)がお見えになりました。

(テント番久しぶりです)【ぴー】

★第二テントには前にもテントひろば関係者の作ったノボリ旗があったのですが、
今月、新しいノボリ旗を作りました。この日にお見えになったのは、新しい旗のイラストレーターさんです。
テントにお越しの際にはチェックしてみてね!(0.k追記)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

「第二テント日直だより」第12便

「第二テント日直だより」第12便をお届けします。
暑いです。
週末を中心に同じ日にいくつものデモや集会がありますね、
ハシゴしてまわるかたも、一点集中型のかたも、霞ヶ関周辺に
来られる時は、テントひろばでひと休み!(0.k)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・


6月10日(月)
早稲田大学院生で、マスメディアを専攻している中国人の女性がテントの取材に来る。
トイレを借りに経産省に行った。
ガードマンが、黄緑の反原発バッヂ(No nuke in japan)がハンドバッグについているのを見とがめ、
何のバッヂかと聞き、反原発バッヂだと答えたらとってくれと言う。
一応とった。
帰りに再度聞いた。
反原発バッヂだとなぜ取らなくてはいけないのか、他のバッヂだったらいいのか、ときいたら、いい、と応えた。
(たとえば、スーツの衿にオリンピック推進バッヂをしているのはOK)
何がいけないのか、と聞くと、企画課に聞いてくれという。
「でも、あなた(警備員)は帝警の会社の人なので、経産省の役人に直接指示されたら、
それは法律違反(派遣法ー偽装請負)ですよ。」というと、そんなことわからない、という。
国の機関が、賛成、反対の思想を問うのはおかしいとは思いませんかといってやめた。
【あれこれ屋】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月11日(火)
地下鉄を出たら霞が関は雨だった。
第2テントのテーブルで作業。「検察さん 東電捜査今でしょ!!
・大間の集会に参加されていたノースカロライナ大学コミュニケーション学部のKBさんの訪問あり。
東電アクションのしろたまさんが来られ初対面あいさつ。夜、東電前アクション会議あり。
【T.K】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月12日(水)
台風接近の予報にもかかわらず、雨はほとんど降りませんでした。
座り込みの方も、いつも水曜に来られるOUさんなど何人かが見えました。
あかつぶ缶バッジとくらげバッジが届きました。
【メーテル】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月13日(木)
今日は一日中、本格的な梅雨空でした。
4時ごろ、中国人留学生の方が見えました。SMさんも見えて、一緒に色々テントにまつわる話、
SMさんの個人的な話など質問していました。
2時半ごろ、右翼の街宣車が外務省前に来てののしり声をあげていきました。
外務省でたっぷりどなり声をあげたあと、経産省前へ来て、テントをなぜ居座らせているのか等ののしったあと、
文科省に向かったようです。
【あっきぃ】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月19日(水)
南西から台風が接近しているらしく、朝から強風。
時々雨がぱらつきましたが、ひどくはならず、夕方には風も弱まり、空も明るくなりました。
これからはテントの外での夕涼みが気持ちよい季節です。
テント前座り込みは、いつも水曜に見えるOUさん姉妹の他、第1テントの方々が入れかわりで何人か。
リーフレット折り&シール貼りの作業がはかどりました。
【メーテル】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月20日(木)
12:00から参議院議員会館で開かれた「原発輸出ートルコ・インドの現地の声」院内集会によってから
テントに来たので、2時過ぎに到着、雨足が次第に強くなった。赤つぶの幕は下の方がぬれないようにたくし上げました。
テント前にはいつも木曜日に見る顔ぶれの方々が座っておられた。
リーフレットはあと、105枚を残すのみになりました。
今あるシールは全部貼り終えたので、今日の帰りに残りの分をコピーして、明日完了の予定。
「インド・トルコの原発輸出」院内集会に引き続き、「双葉町民の声を聞く」集会にも参加されたヨーカンさんが
テントに寄って下さったのでリーフ折りを手伝っていただきました。
【あっきぃ】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月22日(土)
通りがかりの若い人が不思議そうに覗き込んでいた。
「ここで暮らしてるんですか?」と聞いてきた。
「暮らしてない暮らしてない」とYKさんと私が笑って言ったら、
「通ってきてるんですよね、交代で」と、納得して行ってしまった。

テント紐のちぎれている部分を縫った。
七夕のしたくをするひまがないうち日がくれてしまった。
【ケロップ】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月24日(月)
午後、テントに来られた方は、6月16日に、
新大久保のコリアタウン周辺で行われた「行動する保守運動」(在特会)が主催した
ヘイト・スピーチ、外国人排外デモ「桜田祭」で、ヘイトスピーチに反対する人たちに
暴力をふるってけがをさせたことに対して、被害者2名(Kさん、Nさん)の告訴状を出して来たそうだ。
宇都宮健児弁護士(日弁連前会長)らを筆頭に、全国の弁護士152名が代理人となったそうだ。

 午後、経産省のトイレを借りに行った。守衛さんは私に「トイレに行くんですか」と聞いた。
私は「すべての人にどこに行くか聞いてるんですか」と言ったら、「テントの人には聞いているんです。
無線で連絡することになっています」と言った。
 私は帰りに、その守衛さんに、「あなたのやっていることは、派遣法違反です。」というと、
「私はそういうことはわかりません。経産省から言われた通りにやっているんです。」「もう帰って下さい」と言った。

【あれこれ屋】


。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
次のページ>

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに