原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

『キックオフから1年 こうやって原発を止める』集会 報告

脱原発をめざす女たちの会の『キックオフから1年 こうやって原発を止める』集会 の報告

 11月23日に東京の明治大学アカデミーホールで、「脱原発をめざす女たちの会」の集会が開かれました。

 制服向上委員会会長の若人の橋本美香さんが総合司会を務め、瀬戸内寂聴さん、香山リカさんからのビデオメッセージに続いて、FoEジャパンの満田夏花さん司会による時事鼎談。実際には、鼎談ではなく、国会事故調査員をされた崎山比早子さん、民主党で原発ゼロをめざしている「ロードマップの会」の大河原雅子さん、大飯原発断層調査にも行った社民党党首福島瑞穂さんの、各活動報告の形となりました。
 文科省や規制委員会への要請活動をねばり強く続けている満田さんは、「脱原発の手段として、まず福島事故を風化させないことが出発点」と訴えました。

 休憩を挟み、後半、女優松田美由紀さんが発言。松田さんは自分たちは日雇い労働者のようなもので、生活を考えたらなかなか脱原発を言えないが、さしあたって山本太郎君とがんばると言っていました。

 そのあと、各地で脱原発活動を担ってこられた方々からの取り組み報告と呼びかけがなされました。
 「祝い島の女たち(スライド)」纐纈あやさん、
 「大間・あさこはうす~工事再開の時の様子」小笠原厚子さん、
 「島根原発反対運動から」芦原康江さん、
 「福島原告告訴団」武藤類子さん(原発いらない福島の女たち)、
 「浜岡原発本訴の会」佐藤けい子さん、
 「首都圏反原発連合」Misao Redwolfさん、
 「原発のない未来を・中野アクション」松井菜穂さん、
 「杉並の運動」東本久子さん、
が各5分ずつほどの発言でしたか、どれもこれも、真剣な思いが、輝きが、会場600人の参加者の胸深くに染みわたるものでした。
(IWJの5チャンネルで中継がされ、集会に参加できなかった方に、ぜひネットでその録画をご覧頂きたく思ったのですが、現在は会員登録した人だけが見られる形になっています。ご紹介まで。)

 飛び入りで、東京都知事選に立候補の宇都宮けんじ氏も挨拶され、大きな応援の拍手に包まれました。

 集会の時間が2時間半と短く、意見を交わしたり質問の場もなく、何よりせっかく遠路、全国から報告に来てくださった方々のお話が少ししか聞けなかったのが残念でした。そして、その方たちをしっかり激励できる受け皿というか、聴衆の私たちは勇気をもらえたけど、「報告者は会場から活気や”勢い”を得て帰郷してもらえたかな?」という気がして、心残りでした。
 会場内外で感じた、”昨年の立上げの時のような質の熱気”が無い、バラバラで何か落ち着かない雰囲気は、参加者の心奥の「選挙の濃霧の中に突入した戸惑い・不安」から生じたものでもあったのでしょう。
「今度の選挙はこれまでとは違う」この霧を突破しなくてはならないと、参加者ひとりひとりが、それぞれに感じていたためかもしれません。
誰かに任せて戸をあけてもらうのを待つのでなく、今こそ自分自身で考え行動せねばと、私たちは人類の歴史の、そして自身の人生の、今まさに正念場に立っているのだと、あらためて私は胸に刻みました。
その重さが、会場を後にしてからも残りました。
感じたあの雰囲気は、しかし、新しい時代の前の胎動にも思えました。
 寂聴さんはビデオメッセージで「女は”いかに生きるか”の原始的なところで動いている」と語り、精神科医の香山さんは「あまりに大きな不安を前にすると人は無意識に逃避行動をとる、男性・政治リーダーには(今の状況を)受け止められない」と、女たちに期待を寄せました。
DSCF2762明治

(報告:カトリーヌ 写真:あれこれ屋)

「東京都知事選 宇都宮キックオフ集会」での黒田節子さんの発言

11/14 中野ゼロ大ホールで開かれた「東京都知事選 宇都宮キックオフ集会」で黒田さんが「原発いらない福島の女たち」として発言されました。
その内容は以下の通りです。


■黒田節子さんの発言

原発いらない福島の女たちはなぜ宇都宮さんを支持するのか。2つ考えています。
1つは脱原発の流れをこの首都東京でさらに大きく確実なものにしていってほしいからです。
若狭の中島哲演さんがいみじくも言われました。原発現地は電力をいっぱい使う大都市ではないのか。東京の電気は福島でつくられています。その視点をいままであまりもたなかったのではないでしょうか。
東京も放射線量がとても高いことがわかってきました。人ごとではなくなってきました。どうか、東京と福島でともに手をたずさえながら巨悪な構造にうちかって新たな脱原発社会をつくっていきませんか。

これから原発再稼働の嵐が吹きまくると言われています。それをなんとか阻止しようと11/10再稼働阻止全国ネットワークが結成されました。どうぞ参加してください。
福島には時間がありません。3/11以降、約1万4000人の赤ちゃんが生まれています。子どもたちを即刻避難させなければなりません。
しかし、福島の空気は放射能だけではなくて巧みな情報隠蔽がされて、黒いプルーム、汚染の下に置かれ人々は身動きできません。これをなんとか助けてやってほしいのです。
電気だけではなく、東北から、福島からたくさんの人が流れ、東京は繁栄してきました。東京にある人と金と情報、これを正しく使って福島の人たちをなんとか助けてください。その先頭に、やはり宇都宮さんが都知事になって、立っていただくしかありません。
東京が動けば全国が、全世界が動きます。責任重大な選挙だと思います。
大先輩の言葉を引用させてください。「死んどるヒマはない」と益永スミコさんはおっしゃいました。
福島の女たちはいま必死です。みなさん、ともに待ったなし時間を未来のために使いきりましょう。そのために宇都宮さんに最大のエールを福島からも送ります。

(文字起こし:あれこれ屋)

ko10.jpg
▲「一緒に東京を変えよう」全員でVサインを掲げた
(写真:レイバーネット日本(http://www.labornetjp.org/)さん)


レイバーネット日本さんによる「宇都宮けんじキックオフ集会」の記事
http://www.labornetjp.org/news/2012/1114shasin

上映会のお知らせ

 経産省前テントひろば・第2テントでは、「CINEMA DE TENT(しねま で てんと)」と題してDVD上映とお話の会を開くことになりました。その第1回目のお知らせです。寒い冬の夜となりますが、ぜひ霞が関に足をお運びください。

しねま で てんと
CINEMA DE TENT

「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」
-DVD上映とお話会-


2009年/イギリス・日本/カラー/97分

早川由美子監督作品



英米政府のイラクへの派兵に反対し、10年以上にわたってイギリス国会前の広場にテントを張って座り込みを続けたブライアン・ホウに密着したドキュメンタリー。2009年度日本ジャーナリスト会議・黒田清JCJ新人賞受賞作品。



日時:2012年12月2日(日)17:00~(19:30頃終了予定)

場所:経産省前テントひろば・第2テント

入場料:無料

(アクセス:メトロ丸の内線・千代田線・日比谷線「霞ヶ関」駅A12出口すぐ)



※上映終了後、同じ場所で早川監督を囲んでのお話会・交流会をします。

※テントには暖房設備はありません。防寒対策をしっかりとしてお越しください。



主催 : 原発いらない女たちのテントひろば



問い合わせ:0467-67-5118 簑口(みのぐち)



BrianFlyer_jp.jpg

福島原発告訴団・第二次告訴報告

 11月15日、福島原発告訴団による第二次告訴が行われ、全国から集まった13,262人分の告訴・告発状が福島地方検察庁に提出されました。これは、6月の福島県民1,324人による第一次告訴に続くものです。
 「福島原発事故の責任をただす」として、国や東電の幹部、学者らの刑事責任の追及を求めて立ち上がった告訴団。団長の武藤類子さんをはじめ、全国の事務局スタッフと、それを支えた人たちの熱い思いが、過去最大規模の告訴を実現させました。


P1010184.jpg
▲福島地方検察庁へ向かうデモ行進。先頭を歩くのは、団長の武藤類子さん、副団長の石丸小四郎さん、弁護士の海渡雄一さんら。

P1010187.jpg
▲この日の告訴には、全国から250余人の告訴人、支援者が駆けつけた。銀杏が色づき美しい秋の福島だが、放射線量は高い。

P1010204.jpg
▲告訴状提出後、福島市音楽堂小ホールに場所を移し、報告集会を開いた。オープニングコンサートで歌う関ジョニーさんと女性たち。集会では、全国10か所の事務局スタッフが、陳述書の紹介と活動の報告を行った。

P1010211.jpg
▲8月以来、説明会のために全国を飛び回った武藤さん。その数は50回にも及んだ。「(告訴人の)13,262人は、日本の人口からいえば少ないけれど、自分自身がこの国を変えていき、若い人たちへの責任を果たすのだという決意が詰まった数。」

(報告・写真:メーテル)

宇都宮けんじさん、あおぞらテレビ「テントひろばから~」に出演

宇都宮けんじさん、あおぞらテレビ「テントひろばから~」に出演
                                              
毎週金曜日16時から、テントひろば前からライブで送られるあおぞら放送「テントから tentocolor」、10回目を迎えた11月16日は番組の最後のコーナー「テントひろば通りすがり」に、時の人、東京都知事に立候補を表明したばかりの弁護士、宇都宮けんじさんが出演。遅くなりましたが、その時の報告です。

DSCF2745.jpg


トークが始まる前にまず、ギターをかかえたジョニーHさんによるユーモラスな応援歌♫東京なのに宇・都・宮、弁護士なのにけ・ん・じ♫が発表された(録画0:59:53から)。この歌が広まっていけば、宇都宮さんの名前がイヤでも都民の頭のなかに入り込むに違いない。
そしていよいよ、宇都宮さん。15分ほど続いたトークではこれまでの石原都政が生み出した数々の問題点を指摘しながら、自分はこういう風にやっていきたいと明快に抱負を語ってくれた。「東京から脱原発を!」「所得の再分配をして福祉を充実させ、経済の活性化を図る」などなど。そしてそのためにどんな選挙運動をしたいか、わたしたちに訴えた(1:16:25から)。

DSCF2743.jpg

「もっと都民が怒る、そして政治に参加しなきゃいけない。東京都知事選はわたしの選挙ではなく、みんなで東京を変える民主主義的な運動だと思っています。
仮にわたしが通ったとしても都議会を監視する。そしてどんどん意見をあげて、こういう政策をやれ、と厳しく注文をつける。そういうような都民の輪を広げていかなきゃいけない。
都政を変える運動というのは、候補者だけの運動じゃなくて、都民全体が都政に参加する。市民参加、住民参加、こういうことを促進させるようなひとつの運動だと思っています」ときっぱり。

DSCF2739.jpg


また、「この前の(キックオフ)集会(14日)の最初のあいさつで、知事選に出馬した宇都宮です。ご支持をお願いします、とは言わなかったんですね。今日、参加された会場の皆さんと石原都政を変える、東京都に民主主義を取り戻す、そういう運動とか闘いに参加出来ることを大変嬉しく思っています。そういう挨拶をさせてもらいました」とも。
「11日の官邸(前)集会で多くの人にガンバってという声をかけられたんですけれど、それ以上に多かったのは、立ってくれてありがとう、出てくれてありがとう、という声をかけられたんですよ。(堀田キャスター:まさにわたしたちの気持ちでした)。それ、すごく胸いっぱいになりましたね。何か、こたえましたね。そういう思いを受けて皆さんと東京都政を変えて行きたいと思っています」と結んだ。

やさしく、力強く、明快に話す宇都宮さん。この人にぜひ都知事になってもらいたい、そのためにみんなで力を合わせてがんばりたい、と強く思わせる人だった。
このトークの注目度は高く、16日の放映以来、今日(11月19日)までですでに5000を超えている。まだご覧になっていない皆さんもぜひ見てください。



Video streaming by Ustream
http://www.ustream.tv/channel/tentcolor#/recorded/27060510

DSCF2729.jpg
▲11月16日「あおぞら放送」番組表

DSCF2736.jpg
▲郡山の森園さん

DSCF2728.jpg
▲大阪からノーニュークス・アジアフォーラムの宇野田さん


(報告:あっきい、写真:あれこれ屋)

『原発いらない福島の女たち』から全国の皆さんへ

☆★『原発いらない福島の女たち』から全国の、世界中の皆さんへ★☆

女たちはIAEA(国際原子力機関)と政府主催の『原子力安全に関する福島閣僚会議』に抗議し、次のような非暴力アクションを全力で展開します。どうぞ、それぞれの地からつながって下さい、共に行動に参加して下さい。

■12月14日 (金)

*午後 県庁申し入れ/オープニングデモ行進(★女たちの呼びかけ)
*夜  18:00~広瀬隆講演会(他団体主催)

■12月15日(土)

*午前 IAEAへの申し入れ(フクシマ・アクション・プロジェクト)
*午前~午後 ビッグパレット(会議会場)包囲行動・歌・ダイイン・リレートーク・かんしょ踊り等
        (★女たちの呼びかけ)
*午後 脱原発をめざす首長会議 (別団体主催)
*夜  フリーステージ&交流会(☆ビッグアイで)

■12月16日(日)

*市民会議(フクシマ・アクション・プロジェクト)
*夜  フリーステージ&交流会(☆ビッグアイで)

■女たちの主張:
  『私たちを抜きに、福島のことを決めるな!』
  『避難の権利を認めて!』
  『私たちは本当のことを知りたい!』

■注意:郡山市はいまだに線量が高い所です。ご自身の判断で参加を決めて下さい。子どもと妊婦は参加を薦めません。屋外アクションには十分な放射能防護をして参加して下さい。

■連絡先
黒田節子 (郡山市)080-3195-0229 
椎名千恵子(福島市)080-6554-1979
高橋幸子(いわき市)080-5905-8086 
地脇美和 (西郷村)090-7029-5617
橋本あき (郡山市)090-6257-0768
武藤類子 (田村市)090-4477-8356 
大賀あや子(会津若松市)080-1807-6999 
メールアドレス onna100nin@yahoo.co.jp
ブログ http://onna100nin.seesaa.net/


****(参考までに添付します)****

【外務省発表】

▲原子力安全に関する福島閣僚会議の本邦開催
平成24年2月17日

1.. 我が国は,本年12月15日から17日まで,国際原子力機関(IAEA)との共催で,「原子力安全に関する福島閣僚会議」を福島県において開催します。
2.. 本閣僚会議は,国際的な原子力安全の強化に貢献することを主な目的としています。本会議は,東京電力福島原子力発電所事故から得られた更なる知見及び教訓を国際社会と共有し,更に透明性を高め,そして,国際原子力機関(IAEA)行動計画の実施を含む原子力安全の強化に関する国際社会の様々な取組の進捗状況を議論する機会となります。
(参考)本会議の概要

1.. 昨年3月の東京電力福島原子力発電所事故以降,我が国は,国際的な原子力安全の向上に資するため,同事故から得られる経験・教訓を国際社会と共有することが我が国の責務である旨を表明し、昨年6月及び9月にそれぞれ同事故に関する報告をIAEAに提出する等の努力を行ってきた。
2.. このような観点から,昨年5月のG8サミットにおいて菅総理(当時)が,また,昨年9月の原子力安全及び核セキュリティに関する国連ハイレベル会合において野田総理が、それぞれ本件会議の本邦開催を表明した。
3.. 今回の原子力発電所事故を受けて,国際的にも原子力安全に係る取組が進められている。昨年6月には,IAEAは,原子力安全に関する閣僚会議を開催し,閣僚宣言を採択した。そして,同年9月の総会で,原子力安全に関する行動計画が確定され,右行動計画に基づく種々の措置が講ぜられている。
4.. これらを踏まえて,IAEAとの共催の下,原子力安全に関する福島閣僚会議を,本年12月15日から17日まで福島県において開催することとしたもの。
5.. 本件会議への参加国については,今後IAEAとも調整することとなるが,現時点では,IAEA加盟国(152カ国)及び原子力安全に関係する国際機関等に対する参加呼びかけを検討している。
a.. 原子力安全福島閣僚会議準備室の設置(プレスリリース)(平成24年2月17日)

b.. 原子力の平和的利用
c.. 軍縮不拡散・科学部 不拡散・科学原子力課

**************

▲原子力安全福島閣僚会議準備室の設置
平成24年2月17日

1.. 本17日(金曜日),外務省は,「原子力安全福島閣僚会議準備室」を軍縮不拡散・科学部不拡散・科学原子力課内に設置しました。
2.. 同室は,本年12月に福島県で行われる原子力安全に関する福島閣僚会議について,会議を円滑に実施するため,省内外の連絡・調整,予算とりまとめ等,種々の準備作業を担当します。
(参考)原子力安全に関する福島閣僚会議

1.. 目的
本閣僚会議は,国際的な原子力安全の強化に貢献することを主な目的とする。本会議は,最大限の透明性をもって,東京電力福島原子力発電所事故から得られた更なる知見及び教訓を国際社会と共有し,国際原子力機関(IAEA)行動計画の実施を含む原子力安全の強化に関する国際社会の様々な取組の進捗状況を議論する機会となる。
2.. 日程・開催地
 (1)日程:2012年12月15日(土曜日)~17日(月曜日)
    このうち、閣僚級の全体会合は15日(土曜日)に開催。他に専門家会合を行う。
 (2)開催地:福島県
a.. 原子力の平和的利用
b.. 軍縮不拡散・科学部 不拡散・科学原子力課

再稼働阻止全国ネットワーク、いよいよ始動!

「経産省前テントひろば」も呼びかけ団体の一つである「再稼働阻止全国ネットワーク」が、いよいよ始動します。以下は事務局からの告知です。
ぜひ積極的にご参加ください。


  
 7月15日東京での最初の集まりを経て、8月19日・20日、伊方原発再稼働阻止をめざして全国(北海道ー九州)から松山に集まった100余名の熱心な討論によって、再稼働阻止全国ネットワーク準備会が発足しました。その後、9月には原子力ムラで占められた規制委ー規制庁が発足し、来年夏に向けた再稼働の態勢が着々とつくられてきています。

 他方、反=脱原発の運動も全国で、原発現地で大きく前進しています。この運動の前進に立って、迫りくる再稼働の嵐に立ち向かっていく原発現地の闘いの全国的連携を創り出していくことが、今強く求められているのではないでしょうか。原発現地の闘いを横につなぎ、福島とつなぎ、全国につないで、知恵と力をおしみなく出し合って連帯した闘いを進めていくために、「再稼働阻止全国ネットワーク」を結成しましょう。

 いよいよ、その結成集会を東京で下記のように開催します。

「再稼働阻止全国ネットワーク結成集会」
11月10日(土)
【午後1時~5時 分散会】
 (12時半、たんぽぽ舎4階に集合、受付け、その後各会場へ)
 ◎同じテーマを、できるだけみんなが意見を出して討論できるように、3つの会場に分かれてグループ討論
  会場1:たんぽぽ舎4階、会場2:たんぽぽ舎と同じビル2階、
  会場3:全水道会館
  資料代:500円

【午後6時~9時 全体会】
 ◎分散会を集約して、結成総会
  会場:文京区民センター3A
  資料代:500円

問合せ:たんぽぽ舎 TEL 03-3238-9035、FAX 03-3238-0797
     最寄り駅 JR水道橋駅から5分、地下鉄神保町駅から8分

10月26日(金)午後、のテントひろば前は大賑わい

4時からの、いつもの「青空テレビ」の送終了時はもうすっかり暗くなっていました。日が落ちるのが早いです。
5時過ぎから「ママネット」の子連れのママさんたちがテントひろばに来られました。
ママネットの人たちは、子どもをつれて、赤坂にある復興庁に要請行き、その後、はじめて官邸前から国会周辺を一回りし、テントへとやってきたそうです。

ママネットは福島から各地に避難されてきた子どもとお母さんたちの集まりです。
ママネットのブログ
http://profile.ameba.jp/hinan-mama-net/
http://ameblo.jp/hinan-mama-net/

第二テントは託児所のようになり、ママさんたちの交流の場にもなっていました。子どもたちもテント前で遊んだり、ペンライトを振り回しながら、「げんぱつはんたい!子どもをまもれ!」と叫んだり、忙しそうでした。また、テントではお馴染みの山羊のメイコの荷車がやってきて、子どもたちは山羊に触れたり、山羊の荷車から山羊を降ろして、自分たちが荷車に乗って山羊に引かれたりと、大喜び。
スティーブ・ゼルツァーさんのインタビューを受けてもいました。ママさんたちもリラックスした様子でした。9時過ぎに帰られました。子どもたちはきっと帰りはクタクタだったでしょう。

ママネットの人たちは「今日はテントで楽しく過ごせた。今後も集まりや情報発信の場として使わせて」と言っていました。
今度はママネットの案内チラシを持ってくるとも言ってました。大歓迎!!

__.jpg

image (1)


(報告:あれこれ屋、写真:はしゆき)

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに