原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

関西大弾圧救援会・東京の会による緊急記者会見/院内集会

大阪反原発で不当逮捕された仲間を取り戻そう!
関西大弾圧救援会・東京の会による緊急記者会見/院内集会

6月30日~7月2日未明の大飯再稼働阻止闘争を共に闘ったKさんが9月20日に福井県警により事後逮捕されたのを皮切りに、大阪では震災がれきの広域焼却処理に反対する市民が現在までに11名逮捕(うち1名は再逮捕)、2人釈放、6人起訴、2人拘留中という異常事態になっている。このような状況に対して、24日に結成されたばかりの関西大弾圧救援会・東京の会主催で「大阪反原発で不当逮捕された仲間を取り戻そう!」緊急記者会見・院内集会が12月27日(木)13時から参議院議員会館で開かれた

1227shukai.jpg
(写真:レイバーネットTV http://www.labornetjp.org/

緊急記者会見、院内集会がなぜ急遽企画されたかというと、28日に下地真樹さん(10.17街頭宣伝を口実に事後逮捕)が再度の拘留期限切れとなるので、これをもって不起訴とすること、他の「被疑者」も含めた3名全員を即時釈放することを法務大臣、検察庁に要請するためだった。
これらの不当逮捕は明らかに「昨年来全国的に展開されてきた、原発に反対する広範な市民運動に対し、威嚇、萎縮の効果を狙ったもの」。このような共通認識から、急な呼びかけ、平日午後という時間設定にもかかわらず、60名以上の参加者が集まった。原発推進の第二次安倍内閣が発足し、このような行為は関西だけにとどまらないであろうことは容易に想像出来る。経産省前テントひろばからも数名、見慣れた顔が見られた。
まず鵜飼哲(一橋大学教員)さんから下地さん逮捕の概要の説明、大口明彦弁護士(救援連絡センター運営委員)から公共空間における市民の活動に対して不当な弾圧が全国的に行われているので、全国的に連帯して行く必要性が強調された。次いで、この逮捕に対していち早く声を上げた「憲法研究者声明」の呼びかけ人、石埼學(龍谷大学)、中川律(宮崎大学)、成澤孝人(信州大学)さんの3名から、今回の逮捕について憲法学の観点から疑問点があげられた。次に趙博さんから関西の状況の報告、東京の会のみちしたけいこさんから家族からのメッセージが伝えられた。
国会議員の方は急なためか、参加者無し。社民党の福島瑞穂党首からのメッセージが読み上げられた。そのほかにも垣内つね子さん(人権NGO)、くまさん(関西大弾圧救援会)、江田さん(経産省前テントひろば)からの発言。救援センターの大口弁護士からは今回の一連の逮捕を「誰をつかまえて運動をつぶすかを意図的にやっている。起訴してできるだけ長く拘留しようとしている」「ごく当たり前のことをやっている人を逮捕している」「仲間を取り戻すことが大事だ」「一緒に闘っている仲間が外にいることを知らせることが拘留されている人を力づける」などの発言。前田朗さん(東京造形大学)からは「取り調べ拒否権」という新しい概念の説明(詳細は前田さんのブログ参照)、司会役だった園良太さんからは自分の拘留体験で見えてきたことについての発言があった。
最後にミュージシャンである趙博さんが自作の「核核死か慈か」(かくかくしかじか)を歌った。集会終了後、30名ほどの参加者による法務省、検察庁への要請行動が行われた。わたしはテント番に行ったため参加できなかったが、要請行動後にみなさんがテントひろばに立ち寄ってくださった。

1227-12.jpg
(写真:レイバーネットTV http://www.labornetjp.org/

追記:29日夕方に、逮捕された3名のうち下地さんとNさんが処分保留で釈放になった。しかし、Hさんは11.13弾圧ですでに起訴されているが、「不退去罪」を「威力業務妨害」に切り替えての2度目の起訴となってしまった。

集会の内容についてはレイバーネットのH・ジョニーさんの詳しい報告を参照してほしい。
http://www.labornetjp.org/news/2012/1227hokoku
(報告:あっきい)

※管理人追記
「関西大弾圧救援会・東京の会」ブログ
http://ameblo.jp/kansai-tokyo-kyuen/
12.27院内集会 IWJ中継録画
http://www.ustream.tv/recorded/28069685

テントひろばからのお知らせ 年末年始のスケジュール

■1月4日をご注目ください。
餅つき大会 バザー 総決起集会と続きます。

■<1/4 第二テントでバザー バザー用品の供出のお願い>
バザーは第二テントが開きます。
それでみなさんにお願いがあります。バザー用品を供出してくださいませんか。
新しいタオル、アクセサリー、小物、瀬戸物など。
食料品、衣類・古着は扱いませんので、持ち込みは控えてください。

供出の品は当日、もって来てください。
それ以前に持って来られる方は、第二テントのバザー箱の中に入れておいてください。

よろしくお願い致します。

photo1.jpg
▲長野県のY様から送って頂いた、素敵な手作り布バッジも売り出します!

■年末・年始はテントひろばに集まろう!連日のイベント!
 原発推進安倍内閣の登場に際し、脱原発テントの防衛・継続の意志を表明しよう!
★12月28日(金) テントひろばに集まろう!
  午後4時~5時 あおぞら放送 この1年の闘いを振り返って
          出演;原発いらない福島の女たち、再起する総選挙落選議員、
             テントひろば代表
  午後5時~6時 吉岡史郎君をはじめとする4名の追悼と、その闘いの軌跡と
          遺志をテント運動の防衛・継承へと引き継いでいく決起集会
★12月30日
  17時~    K&Fテントブラザーズジョイントコンサート
          &オキュパイ大飯の乱DVD上映会
★12月31日   テント前年末紅白歌合戦   19時~23時
★1月1日     元旦マラソン        11時~14時 
★1月2日     新春川柳句会
★1月3日     ニューイヤーコンサート 霞ヶ関の中心で愛を叫ぶ! 13時~19時
★1月4日     テント”新春餅つき”  10時~   
          第二テント・バザー   14時~
          テント防衛・経産省抗議決起集会  17時~19時                           

福島原発事故の責任をただす! 福島原発告訴団・関東 全国告訴・関東報告&解散集会

 12月22日(土)14:00から「13,262人の怒りのつぶてを司法へ!福島原発事故の責任をただす!福島原発告訴団・関東 全国告訴・関東報告&解散集会」が開かれた。会場は阿佐ヶ谷の杉並区産業商工会館。雨天にもかかわらず240名が詰めかけ、座席が足りない!資料も足りない!と事務局の方々にとっては嬉しい誤算だったようだ。
告訴集会

 司会の白崎一裕さん(那須在住)のあいさつのあと、告訴団が福島地検に告訴・告発状を提出したことを伝える福島放送の11月15日のニュース映像を見た。
 その後、関東事務局の事務局長を務めた白崎朝子さん。関東の目標は5000人だったが、それを上回る6300人が告訴人になってくれた。動員ではなく、口コミで次々と広がっていった。白崎さん自身も去年9月19日の武藤類子さんのスピーチに感動して、武藤さんに連絡したことがきっかけで、事務局を立ちあげることになったそうだ。白崎さんは虐待やホームレスの問題に20年以上かかわってきたが、国や経済界は福島の子どもたちに究極の児童虐待をしている、という怒りが事務局運営の原動力になったと話された。最後にドイツの基本法第一条を引いて、告訴団の運動は「不可侵である人間の尊厳を国家責任として保護することを要求していく」運動だととらえていると言われた。淡々とした口調だったが、心に強く訴える内容だった。
武藤さん

 その後、千葉、茨城(代読)、神奈川、東京、那須で事務局を引き受けた方たちからの報告。各地で東京同様、地道に口コミで輪をひろげて告訴人をふやしていった様子がよくわかった。その原動力となったのは、わたし自身もそうであったが、「これだけの事故なのに誰も罰せられないのはおかしい。責任追及が大切と思って(告訴団に)参加した」という怒りの気持ちだったようだ。最終的には、13,263人が告訴団に参加した。次に、福島の本部事務局の地脇さん。武藤さんとふたり合わせると、全国で合計70か所で説明会を開いた。
s-地脇さん

 休憩のあと、弁護団の保田弁護士から「現在の状況とこれからの見通し」。きのう、第二次分の告訴が正式に受理されたそうだ。まず、告訴の内容についての説明があり、捜査は現在、東京、福島、金沢の各地検が、任意捜査をしている段階。強制捜査、逮捕がなければ起訴にはならない。これからはいかに検察庁を追い込んでいくかが課題。地検に強制捜査、起訴を求める署名活動、デモ、集会などで世論を高めていく必要があると言われた。次いで告訴団団長の武藤類子さん。団長として全国50か所をまわり、この国をどうにか変えて行きたい、そうして若い人たちに責任を果たしたいと告訴団に参加してくれた方々を心から尊敬する。しかし、現在の福島はますます状況が悪化していると、30キロ県外の賠償金の打ち切り、進まない甲状腺検査、乳歯の保管をさせないようにする県側の動き、先週、郡山で開催されたIEAE会議の問題などに言及。国家は生殺与奪の権利をもっていることを強く感じるとも。しかし、昨日は冬至、今日からは春、光に向かって皆さんと共に進んで行きたいと結んだ。
武藤・弁護士

 その後、会場からの質疑応答、会計報告、ハンドベルの伴奏による「ふるさと」の合唱も。関東事務局は解散するが、これからも福島の本部と連絡を取り合いながら、今後の活動を進めて行きたい。「希望を絶対捨てないで、ともに闘いましょう」という白崎さんの言葉で2時間半にわたる集会は終わった(16:30)。
s-事務局

 この集会はIWJのチャンネル1で中継された。http://www.ustream.tv/recorded/27925683#/recorded/27928526

(報告:あっきい、写真:あれこれ屋)

12月14日~16日対IAEA闘争報告

12月14日~16日対IAEA闘争報告
原発推進のIAEAは福島になにしにきたの!?
私たちを抜きに、福島のことを決めるな!


■12月14日(金)
 12月14日朝8時、新宿駅西口から経産省前テントひろばのバスツアーが出発。一路福島へ。13時前に県庁横のもみじ山公園に到着。
 福島での対IAEA闘争は「原発いらない福島の女たち」の福島県庁・佐藤知事への申し入れ行動からはじまりました。人数が制限され、外で大勢の人が待っていましたので、申し入れの報告が黒田さんから行われました。黒田さんは「福島の女たちは黙ってはいない、声をあげ続ける」と言われました。

s-黒田.jpg
▲黒田さん

要望書↓
http://onna100nin.seesaa.net/article/308520852.html

 そののち、もみじ山公園に戻り集会。椎名千恵子さんの司会で、まず、佐藤幸子さんが挨拶。福島の子どもたち、大人たちの困難な状況について話された。とくに、自主避難者への県の支援を12月末で打ち切るという方針ついて話し、こういう中で、IAEAは福島に来て一体何をするのか」と怒りました。続けて、福島の女たちが次々と話しました。

佐藤.jpg
▲佐藤さん


 かんしょおどりをおどり、福島駅前までのデモに出発。木田さんは沿道の人たちにアピール。赤ベコのオブジェを先頭にしたデモは注目されました。

s-木田.jpg
▲木田さん

デモ.jpg
▲デモ

 福島駅前では、横浜から抗議にかけつけた若い画家の福島を描いた絵の自主展示、大阪からかけつけたサックス奏者・SwingMASAさんの演奏など、ここでも注目を浴びました。

スイング.jpg

絵画.jpg


■12月14日夜
 福島から郡山に移動し、労働福祉会館が行われた広瀬隆さんの講演会に参加しました。300余名を前にして、広瀬さんの鋭い、熱のこもった講演は人を引きつけました。演題は「IAEAとICRP 国際原子力マヒィアによる被曝強制の歴史と福島県内の深刻な被曝の現実」

広瀬.jpg
▲広瀬隆さん講演

OurPlanet-TV動画↓
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F1502


■12月15日(土)
 12月15日は8時に会議場近くのコンビニ前ひろばに集まりました。前日夜出発のテントツアーバス第二陣も到着していて合流しました。
 その日の行動計画を『フクシマ・アクション・プロジェクト』の佐々木慶子さんがこ説明。外務省と交渉して、IAEAに直接、参加者全員で要請ができるようにしたことが報告されました。11時30分からの要請行動までの時間、コンビニ前でにぎやかに抗議と交流をしました。フランスのみどりの党などから反IAEAの外国人がやってきました。

佐々木.jpg
▲佐々木さん

仏.jpg
▲フランス緑の党

コンビニ前からビッグパレットのそばに移動して、IAEAに対して「福島原発事故を過小評価せず、被災者の声に真
に応えることを求める」要望書読み上げられました。武藤類子さんら4人かも要望が出されました。

IAEA.jpg
▲IAEA

↓IAEAへの要望書
http://wawawa1210.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

IAEAスポークスマンのジル・チューダーさんと外務省の役人は要望を聞くだけだったので、参加者は「スポークスマンは自分の感想を言ってください」という大衆的な怒りの要求をしたため、みなさんの声は責任者に届ける、回答要求にも応えるようにすると言いました。

再びコンビニ前ひろばに戻り、総括をして、終わりました。
対IAEA抗議行動としては、13時からの「脱原発をめざす首長会議」があり、参加者はそれぞれの行動に移りました。

経産省前テントひろばのバスツアー参加者は、15時にバスに乗り込み、福島の女たちに見送られて東京にむかいました。有意義な行動でした。
15日~16日の行動については別途報告があります。


(報告・写真:あれこれ屋)

IAEAと政府の「原子力安全関する福島閣僚会議」に抗議するバスツアーにご参加を!

■テントからバスが出ます。
 申込み:経産省前テントひろばへ直接現金か、または、郵便振込
 郵便振込 00160-3-267170 名義 経済産業省前テントひろば
 テントひろばのケイタイ070-6473-1947
 バス代+宿泊代で8000円
・第一陣 12月14日(金)7時30分新宿駅西口 スバルビル前集合 15日夜東京へ
・第二陣 12月14日(金)22時45分新宿駅西口 スバルビル前集合 16日夜東京

Image2.jpg

Image1女たち

CINEMA DE TENT (しねま で てんと)第一回上映会報告

「ブライアンと仲間たち」上映会に参加しました

このブログでもご案内した、CINEMA DE TENT (しねま で てんと)第一回上映会が12月2日(日)午後5時からありました。上映されたのは早川由美子監督の作品「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」(2009年/イギリス・日本/カラー/97分)。
この作品は英米政府のイラクへの派兵に反対し、2001年6月2日からイギリス国会前広場にテントを張って以来、10年以上にわたって寝泊まりしながら反戦活動を続けたブライアン・ホーと彼に共鳴して行動をともにするようになった仲間たちを追ったドキュメンタリー。
早川監督は2007年4月にジャーナリズムを勉強するため、ロンドンに留学した。滞在し始めて1ヶ月が過ぎたころ、偶然ブライアンに出会った。最初は国会前広場のテントで反戦活動を続ける彼の様子を撮影してYouTubeにアップしたらどうかな、というくらいの軽い気持ちだったという。ブライアンがちょっとでもテントを空けると、その間に警察が来てテントを撤去しかねないので、常に誰かがいなければならない。早川さんもテントに通い続けるうちに、これは映画にして発表しなければならないと思うようになった。こうして1年半ほどテントに通い、カメラを回し続けた結果、完成したのがこの作品である(2009年度日本ジャーナリスト会議・黒田清JCJ新人賞受賞)。
イギリス政府はブライアンたちの行動を黙って見逃していたわけではない。2005年には彼の活動に大幅な制限を与えるような法律を制定したのだ(重大組織犯罪及び警察法)。「抗議活動の条件に違反したとして、サポーターが突然逮捕されるのは日常的」「平和活動を快く思わない市民が襲いかかってくることもある」。早川さん自身もデモ行進を撮影している最中に機動隊に突き飛ばされたこともあったという。上映後の監督のお話も含めて、わたしたちの知らない(知らされていない)イギリスの一面を知るよい機会でもあった。
上映会はテントならではのハプニングもあったが、それを解決しながら上映を続けていくのもテントらしかった。今日の観客はほとんどが何らかの形でテントひろばに関わっている人たちなので、テントひろばの置かれている状況と重ね合わせながら身につまされる思いで見たという感想が異口同音に聞かれた。観客にはフランス人の男性もいたので、フランス人のデモについて、若い人の参加などの話題も出て、上映後のお話会も充実したものになった。
残念ながら、ブライアンは2011年6月に肺がんで亡くなってしまった。62歳だった。
この映画の予告編を公式サイトで見ることが出来る。また、DVDも発売されていて申し込むことも出来る。
http://www.brianandco.co.uk/jp_index.htm
公共住宅の問題を扱った早川さんの2作目の作品「さよならUR」(2011年)も見てみたい。
(報告:あっきい)

11月30日 あおぞら放送 テント前ひろば~で佐藤幸子さん訴え!

■福島から世界へ
 12月15日~17日まで、日本政府と共催でIAEA(国際原子力機関)は閣僚会議を開きます。
 この会議に対して「原発いらない福島の女たち」の佐藤幸子さんはあおぞら放送で抗議闘争をが呼びかけました。

 「IAEAが福島・郡山市に来るとわかったときから、抗議行動をしようとなりました。IAEAはなんのために福島に来るのか。どんな会議をするのかわかりません。私たちは申し入れをしますが受け付けるかどうかわかりません。

 抗議行動をするために、フクシマ・アクション・プロジェクトを立ち上げました。
11/24に集会をひらきました。崎山比早子さん(元国会事故調査委員会委員・原子力情報資料室)には低線量被爆の危険についての記念講演を、竹内雅文さんにはIAEAが「原子力平和利用」・原発を推進する組織であり、核保有国が核兵器を独占する組織であることを明らかにしてもらいました。

 福島県内、県外の人たちとつながっていこう。代表は武藤類子さんです。
原発いらない福島の女たちもかかわって準備を進めています。12/14日には県庁で抗議行動をします。そして、デモもします。15日はビッグパレットで抗議行動、無言の監視もします。チラシをご覧ください。東京からもきてください。(※テントからバスが出る)

 福島は忘れられちゃったんじゃないかと思えるほど、福島の報道がなくなっています。残念です。福島の危機的状態はかわりありません。福一で「原発作業」をしている方たちは賃金をピンハネされたり、劣悪な被曝労働でたいへんです。収束なんかしていません。

 子どもたちも疲れて体重が減ったりしています。政府はこうした事態にもなにも対策を示さないままに、IAEAを呼んで何をするんだ!と思います。
みなさん福島に来て、一緒に行動してください。
「私たちを抜きに、福島のことをきめるな!」

DSCF2792.jpg


DSCF2797.jpg

Image2iaea.jpg

Image2iaiaia.jpg

(文字起こし・写真:あれこれ屋)

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに