原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

11月29日 第4回口頭弁論

第4回口頭弁論は11月29日(金)
東京地裁にお集まりください


 福島原発震災から2年半余り、私たちの運動はいよいよ正念場です。汚染水問題の焦点化・深刻化、子ども・被災者支援法の骨抜き、福島原発告訴団の訴えを踏みにじる不起訴決定、そして伊方をはじめとする原発再稼働への動きの激化等、厳しいニュースが続いています。しかしここでくじけるわけにはいきません。
 安倍政権は、私たちの生活と平和を破壊する政策を次々進め、いつか来た道を暴走しつつあります。
しかしその最も大きな破綻点が原発推進政策です。東京オリンピック誘致のための大ウソは、日々暴かれ世界の笑いもの。遠からずその命取りになるでしょう。
 経産省前テントひろばは、設立から2年を超えましたが、福島をはじめとする全国の心ある人々の支援に支えられて健在です。ともに頑張りましょう。


第4回口頭弁論
■午後1時~
東京地裁前集合・抗議行動
■午後2時~
第4回口頭弁論
東京地裁103号法廷



裁判報告集会
■ 11月29日午後4時~
参議院議員会館講堂
地下鉄国会議事堂前駅から数分
永田町駅から1~2分
満田夏花 FoE Japan理事
木村結 東電株主代表訴訟原告代表
武藤類子 福島原発告訴団団長
河合弘之 テント裁判弁護団団長
主催:経産省前テントひろば
テントひろば応援団

フクシマ・アクション・プロジェクト総会のお知らせ

今週の土曜日に福島市にてフクシマ・アクション・プロジェクトの総会と記念イベントが行われます。
フクシマ・アクション・プロジェクトは2012年12月の郡山でのIAEA(国際原子力機関)による閣僚会議をきっかけに、市民によって立ち上げられたプロジェクトです。
これまでに、IAEAへの申入れ、市民会議、福島県との話し合い、福島県議会への請願書提出などの活動を行ってきました。
IAEAが福島県に研究拠点を設置し、福井県にも入り込み、汚染水問題や被ばく線量の条件緩和などに口を出している状況の中、IAEAに対する監視を強めることは今後いっそう重要になります。
今回の総会&イベントでは、活動報告とともに、これからこのプロジェクトをどのように展開させていくかを参加者同士で話し合うことに重点が置かれる予定です。
晩秋の福島に、ぜひ足をお運びください。

☆フクシマ・アクション・プロジェクトのウエブサイトも開設されました。
http://fukushimaaction.com/



◆フクシマ・アクション・プロジェクト 第2回総会&記念イベント

IAEAに問う! 今、福島で何やってるの?

日時:2013年11月30日(土) 13:30~16:30

場所:コラッセふくしま 研修室AB

〒960-8053 福島市三河南町1-20(福島駅西口から徒歩2分)
℡ 024-525-4036

内容:
第1部ー第2回総会

第2部ー「IAEAの真実」を知ろう!

第3部ーワークショップ 他

問合せ先:080-5563-4516 (佐々木)
主催:フクシマ・アクション・プロジェクト


fukushimaomote.jpg

11月25日 秘密保護法福島公聴会に福島の女たち抗議

11月25日(月)、朝から福島市ホテル辰巳屋で公聴会が開かれた。福島の女たちをはじめ、150名近く人たちが、その拙速なやり方に抗議した。はたして福島の声を聞くのか?

■朝日新聞11/26朝 
福島公

公聴会の公述人は7名だった。告訴団副団長の佐藤和良さんもいた。
福島の人たちは原発事故の秘密・隠しの経験から7名全員が疑義や反対の声をあげた。
福島の声は聞き届けられるのか?
10月段階で、福島県議会は「秘密保護法」疑義ありの意見書を出していた。

■東京新聞 11/26朝 福島公聴会の7名の公述人 賛成する人なし
Image2福島公聴会


しかし、テレビや新聞の報道では、11月26日も特別委員会採決・本会議採決の予定を報道していた。朝から国会前に抗議の人が集まった。
テントでおなじみの園さんは終日国会前抗議行動の音頭をとって頑張っていた。
園君


■福島公聴会の反対の声無視して 秘密保護法強行採決


(報告・写真:あれこれ屋)

特定秘密保護法案反対11.21大集会に1万人余

■実行委員会ホームページhttp://www.himituho.com/
9885b1788d75bb489a4696e1676d36e5.jpg
写真※田中龍作ジャーナルより



■特定秘密保護法案制定反対の日比谷集会は野外音楽堂をギチギチにして(門の鍵をかけてしまった)、そのうえ、野音を取り囲み、日比谷図書館を取り囲み周辺一帯を人で埋めました。

1d8418d872f785f6dc9f68a58353bdba.jpg
写真※田中龍作ジャーナルより


 海渡弁護士の主催者挨拶から始まり、国会議員、労働組合、文化人等々の発言、集会の言い出しっぺの田島上智大学教授の発言と、短い時間で廃案を訴えました。
 集会参加者の中では、みんなの党や維新の会の「修正」案に対する抗議・糾弾の声も激しかったです。
 みんなの党の「原発反対」も危ういものだと感じさせます。

 集会後のデモは二手に分かれ、平和フォーラム系の労組は銀座デモ、その他の市民団体や全労連系の労働組合は国会請願デモになりました。

■闘いによって情勢は日に日に変化しています。
 大集会の時点では、11/21か11/22にも衆院本会議強行採決か、と言われていましたが今は11/26採決かと言われています。
 11/25にはなんと福島市「ホテル辰巳屋」で地方公聴会が行われます。当初はその日のうちに東京にとって返して衆議院採決などというとんでもないことが言われていましたが、今は11/26と言われています。
 なんで福島でやるのか? 森雅子・担当国務大臣が福島県選出ということと、福島県議会が「特定秘密保護に関する法律案に対し慎重な対応を求める意見書」を可決(10/9)しているからかもしれません。つまり福島つぶしです。
・衆議院裁決時は、12時国会・議員会館前で抗議集会を行います。夜も官邸前抗議行動が行われます。
・毎日、衆議院議員に対して、議員会館周りをしています。
 11/26(火)朝8:00~9:00 官邸前抗議
 11/27(水) 15:00~17:30 議員まわり
 11/28(木) 15:00~17:30 議員まわり
 集合:参議院議員会館ロビーに開始10分前に集合
・毎日夕方18:00から官邸前で、テツさんたちが抗議行動
・12/6に再び大規模な抗議行動が予定されています。

■特定秘密保護法案を廃案にして、原発廃炉を勝ち取りましょう。

(報告:あれこれ屋、写真:田中龍作ジャーナルより借用)

福島原発告訴団・検察審査会第2次申立てのお知らせ

 9月9日に福島原発告訴団の告訴・告発を東京地検が不起訴としたことについて、10月16日、団長の武藤類子さんら3名が東京検察審査会に申立てを行いました。
 その後、告訴・告発人から寄せられた第2次申立ての委任状を、11月22日に東京検察審査会へ提出することとなりました。
 提出後、日比谷コンベンションホールで報告集会を行います。
 
◇福島原発告訴団・検察審査会第二次申立て&報告集会

11月22日(金)
 12:55~13:10 東京地方裁判所前送り出し集会
 13:20~      委任状提出
 14:30~16:30 報告集会 (日比谷図書文化館・コンベンションホール)
             「検察審査会への取り組みに学ぶ」
             ・JAL墜落事故について
             ・JR福知山線脱線事故の遺族から
             など

1122ビラ

11月21日 STOP 秘密保護法の大集会のお知らせ

秘密保護法案はとんでもない法案です。連日、テレビでも、新聞でも反対意見が報じられています。
11月21日の集会・デモ(国会請願デモ)に参加してください。
当日、日比谷野音では、舞台に向かって左手が、個人参加者、市民団体の場所です。テントひろばの人たちはそのへんにいるでしょう。


9-21チラシ

第45回オープンマイクのお知らせ

第四十五回「After 311~霞ヶ関の中心で愛を叫ぶ!!」

経産省前テントひろばオープンマイク

2013年11月21日(木)18:00~21:00

【歌うたい、ミュージシャン、詩人、役者、その他表現者各位へ】



第44回「After311~霞ヶ関の中心で愛を叫ぶ!!」10/17(木) は主催〝浦邉 力〟〝火炎瓶テツ〟の他、さすらいの板前ロックンロールショー〝いち〟、21歳レゲエ・ディージェイ〝ATSUSHI THE MIC〟、そしてカクサンスケサンの片割れのダークサイドの方〝カクサンスケサンA〟の久々の登場でした。

さて、1947年に日本国憲法が施行され、民主主義が始まって66年しか経ってないのに、今、安倍政権により、特定秘密保護法で憲法が骨抜きになり、言いたいことが言えない世界になり=民主主義が終了になろうとしています。

ロックの演奏は上手くなったけど、民主主義やるのが下手くそな日本人。

表現者よ!

今、それぞれの真実を高らかに歌うことが重要なんじゃないの?

ノルマ、ギャラもちろん無し(笑)♪

しかし、ライブ後〝しゃべり場〟可♪

あと、ネット中継してくれる方も募集します。




持ち時間1人10分前後(一夜につき10人程度、場合により飛び入り可、但し21時以降完全音出し禁止)お問い合わせはメールでchikarasongs@hotmail.com (浦邉(うらべ) 力(ちから))まで

1組目が18時00分スタート(多少前後有り)

雨天は状況によっては順延せずにマイク無しで演る場合もありますが、濡れる覚悟でお願いします。その他状況はツイッター @chikara69 でつぶやきます。(出演者にはメールを送ります)

伊方ツアーのお知らせ

■伊方ツアー参加者募集■
原発再稼働の第1号として、愛媛県の伊方原発の可能性が強まっています。伊方現地では12月1日、大々的な再稼働反対集会とデモを計画し全国的な結集を呼び掛けています。
この呼びかけに応え、テントひろばでは下記要領で伊方原発ツアーの参加者を募集します。ふるってご参加ください。
                  記
  「NO NUKES えひめ 1万人祭」への参加及び原発現地抗議行動

  日程 11月30日(土)AM9:50羽田(JAL) 松山市内情宣活動
      12月1日(日)城山公園1万人集会・デモ 交流会
      12月2日(月)松山~伊方原発 ヒューマンチェーン・申し入れ   
              松山空港17:30発発羽田着18:45
  経費 2万円(交通宿泊費)
  人員 20名(先着順)
  締切 11月15日(金)
  申し込み 090-3919-0604(渕上) 090-5339-2243(江田)
   (応募者数が多数の場合、ご希望に添えない場合もあります)

300px-Ikata_Nuclear_Powerplant.jpg
     

11.12 国会に声を届けよう

今年9月に「原発事故被害者の救済を求める全国運動」がスタートし、現在、「子ども・被災者支援法」の適正な実施を求める署名活動が行われています。
これに関連した行動が今週の火曜日に下記のとおり行われ、福島からも多数の方が参加される予定です。
真の支援法実施を求めて、ともに声を上げましょう。
行動の前後には、ぜひテントひろばにもお立ち寄りください。

原発事故被害者の救済を求める国会請願行動

私たちは二つのことを求め、国会請願署名を集めています。
1.原発事故子ども・被災者支援法の十分かつ具体的な施策の実施を求めます。
2.賠償請求の時効問題を抜本的に解決するための特別立法を求めます。

11月12日、私たちの声を届けに国会に行きましょう!
集会と請願行動にご参加ください。

11月12日(火)のスケジュール
■集会…10:20~11:50 (開場:10:00)
会場:日比谷コンベンションホール(旧都立日比谷図書館B1F)
地図> http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

申込み不要です。どなたでもご参加ください。
参加費:500円 (当日、受付でお支払ください)

内容:
【現状分析】
子ども・被災者支援法
…河崎健一郎さん(弁護士/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)
原発事故被害損害賠償の時効問題
…水上 貴央さん(弁護士/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)
【各地からの報告】
福島からの報告
…野口 時子さん(郡山在住)
関東ホットスポットからの報告
…増田薫さん(放射能からこどもを守ろう関東ネット) 他

■デモ・請願行動 日比谷公園発 12:10~
※デモだけの参加も歓迎

主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動
連絡先:
【福島】 国際協力NGOセンター(JANIC)福島事務所
    福島県福島市栄町6-5 南條ビルA-3F
    TEL:024-573-1470 FAX:024-573-1471
【東京】 国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
東京都豊島区池袋3-30-22-203
TEL : 03-6907-7217 FAX : 03-6907-7219


※「原発事故被害者の救済を求める全国運動」のサイトもぜひご覧ください。
http://act48.jp/index.php/ホーム.html

11-12.jpg

<特 選>福島の母を応援テントから~テントを守ろう川柳句会

 テントひろば:785日目の11月4日(月)、午前中は雨でしたが
 午後はすっかり晴れて、気分爽快。2時頃になるとすずめさんが
 現れ、指定席に置いてある餌を一生懸命ついばんでいる姿に会
 いました。可愛いですね。
 今回もオール女性、6名の参加となりました。
 席題は「秘密」と「支える」 選者は乱鬼龍さん。

image1.jpg

 
 <秘 密>
  特 選: 原発の闇は秘密と定められ 芒野
  秀 句: アメリカの先兵役でヒミツ法 落葉
       内容は逮捕した後考える  芒野
       ヒミツ法中身は無論ヒミツです 落葉
       秘密には言論弾圧ついてくる 草地
       国家から秘密出るとき戦さ道 わかち愛
 
 <支える>
  特 選: 福島の母を応援テントから 芒野
 秀 句: 財界も政府も原発支え合い 乾草
       支えたり支えられたりテントひろば 草地
       人の和をすずめが支えるテントです 乾草
       脱原発支えているのは市民個々 草地
      消費税支えたくない国支え 芒野

  ------------

  12月の句会は22日(日)午後2時から。(受付1時半)
  今年の締め括りとして句会では初めて「宿 題」が出ました。
  宿 題:「思い」各2句吐。メールや郵送での投句は受付ません。
  「テントを守れ!川柳句会」の趣旨に沿って、テントに集うことが
  目的のためです。その後今年の締めくくりの忘年会をテントでし
  ます。一品持ち寄り歓迎!

image.jpg

  ★☆新春吐き初め川柳句会の日程は、テントひろば全体の
     プログラムに合わせ進めます。

(報告:わかち愛、写真:芒野)

第44回オープンマイクのお知らせ

浦邉力さん企画のテント前オープンマイクが今週も行われます。
秋の夜長、お誘いあわせの上、ぜひテントに足をお運びください。

第四十四回「After 311~霞ヶ関の中心で愛を叫ぶ!!」

経産省前テントひろばオープンマイク

2013年11月7日(木)18:00~21:00


【歌うたい、ミュージシャン、詩人、役者、その他表現者各位へ】

第43回「After311〜霞ヶ関の中心で愛を叫ぶ!!」10/17(木) は主催〝浦邉 力〟、久々登場の元テキ屋の釧路出身パンクス〝高橋小一〟、〝kayoji〟によるスピーチ、〝火炎瓶テツ〟、〝カクサンスケサンF〟でした。

しかし、マジでヤバいぜ!

特定秘密保護法&国家安全保障会議など、まるで戦時中の本当のことなんか言えない世界にしようとしてる安倍内閣!

表現者よ!

今、それぞれの真実を高らかに歌うことが重要なんじゃないの?


ノルマ、ギャラもちろん無し(笑)♪
しかし、ライブ後〝しゃべり場〟可♪
あと、ネット中継してくれる方も募集します。




持ち時間1人10分前後(一夜につき10人程度、場合により飛び入り可、但し21時以降完全音出し禁止)お問い合わせはメールでchikarasongs@hotmail.com (浦邉 力)まで

1組目が18時00分スタート(多少前後有り)

雨天は状況によっては順延せずにマイク無しで演る場合もありますが、濡れる覚悟でお願いします。その他状況はツイッター@chikara69 でつぶやきます。(出演者にはメールを送ります)

P1030052.jpg
モヒカンの浦邉さん、テント前で熱唱!
P1030046.jpg


「テントを守れ!川柳句会」のお知らせ

あっという間に霜月を迎えてしまいました。
私が関わっているレイバーネット川柳班の『原発川柳句集』の編集も再校を迎え、
山場の中の山場、緊張感が抜けません。経産省前の「テントを守れ!川柳句会」
の様子も書きましたので、本ができたらぜひ買って読んで、そして感想をお寄せ
ください。12月上旬刊行予定。「こんな程度なら私にも吐けそう」と思ってくだされ
ば嬉しいです。一緒に川柳を吐きましょう。
 
                 <<■>>

日 時:11月4日(月・休)14時(13時半受付)
場 所:経産省前テントひろば(第2テント)
席 題:二題。各2句吐。
選 者:乱鬼龍さん(川柳人) 入選句には景品贈呈。
    披講後、交流会。
参加費:無 料
連絡先:E-mail :takibinokai_poem@yahoo.co.jp (わかち)
     携 帯 :070-6472-1947(乱)
主 催:テントひろば応援プロジェクト
協 力:経産省前テントひろば

森園和重さん@「朝まで生テレビ」

10月25日の「朝まで生テレビ」は「激論!止まらない汚染水 ドーする?!原発」というテーマでした。出演パネリストは以下の10名。司会は田原総一朗、進行は渡辺宜嗣、村上祐子(敬称略)。

塩崎恭久(自民党・衆議院議員、党政調会長代理、元内閣官房長官)
馬淵澄夫(民主党・衆議院議員、元国土交通大臣、元原発事故担当首相補佐官)
東浩紀(作家、思想家)
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
池田信夫(アゴラ研究所所長)
澤昭裕(NPO国際環境経済研究所所長)
野村修也(元国会事故調委員、中央大学法科大学院教授)
長谷川幸洋(ジャーナリスト、東京新聞・中日新聞論説副主幹)
松井康真(テレビ朝日報道局原発担当記者)
森園和重(原発いらない福島の女たちメンバー、郡山市在住)

森園1

パネリスト10名のうち女性は森園さん一人。森園さん、お疲れさまでした。ふだん、マスコミでは取りあげられない重要なテーマをこの機会に一つでも多く、発言しようとよくガンバってくれました。
会場から発言した木幡ますみさん(福島県大熊町から会津若松市に避難中)の言葉も胸を打つものでした。福島からの発言はこのおふたりのみ。日頃から反原発を「いのち」の問題として真摯に向き合って来られた方でなければ持ち得ない重みのある発言でした。
番組全体としてはいろいろ不満もありますが、多くの人に見てもらいたいと思いました。

おふたりの発言を中心に番組内容の書き起こしがブログ「原発いらない福島の女たち」に2回にわたってアップされています。ぜひ、ご覧ください。http://onna100nin.seesaa.net/
・10月27日「朝まで生テレビ」報告
・10月30日「朝まで生テレビ」報告2

森園2

番組の録画(1:25~4:25放映)は以下のURLで見ることが出来ます。
録画 http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-32826.html

(報告:あっきい)

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに