原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

「第7回東電本店合同抗議」のお知らせ

【拡散歓迎】


汚染水止めろ!柏崎刈羽再稼働するな!東電は責任をとれ!
◆第7回東電本店合同抗議
日時:2014年4月2日(水)午後6:30~8:00
場所:東京電力本店前
(都営三田線内幸町駅徒歩3分、JR・メトロ新橋駅徒歩5分)


呼びかけ:たんぽぽ舎、経産省前テントひろば
賛同:東電株主代表訴訟、首都圏反原発連合ほか40団体以上


・福島事故を引き起こした東電への第7回追及行動が4月2日(水)午後6:30-8:00開かれます。ぜひ、多くの個人、団体の参加を希望します。前回3月9日(日)の第6回は、首都圏反原発連合の原発ゼロ大統一行動の合間をぬって行われ、500名の参加(初参加者かなり)で成功でした。多彩な個人と団体が東電へ抗議しました。
・再稼働反対-原発反対で、全国各地へ行ってみると、どこも電力会社の本支店への抗議・追及(金曜行動)が行われている。が、東京は金曜官邸行動が有名なだけに、事故の元兇=東電への抗議・追及行動がうすい。
日本の原子力ムラ(原子力帝国)の中軸は東電ゆえ、もっと東電を大衆行動で追及すべきだと思う。4月2日(水)はその一つだ。
・東電は福島事故の責任をとっていない。放射能汚染水もダダ漏れ状態。作業員の放射能対策も全く不十分。遂に昨日死者を出してしまった。さらに(新潟県内の)柏崎刈羽原発(1-7号機)の再稼働も計画している。許せない。
(以上、たんぽぽ舎メルマガより一部転載)


※この行動に賛同してくださる団体を募集中です。賛同金等は必要なく、登録だけでOKですので、お申し出ください。

3・11福島原発過酷事故から3年目の闘い

■3月9日・日比谷
3月9日(日)、午後1時から、首都圏反原連主催「原発ゼロ統一行動」日比谷集会が行われた。2時から「巨大請願デモ&大包囲」、3時から「国会正門前大集会」が行われた。

▼東京新聞3/10
s-Im.jpg

s-Image1日比谷会場

日比谷集会ではミサオレッドウルフさんが発言し、坂本龍一さんが3.11の音楽を演奏した。
▼坂本龍一さん
s-サカモト

■3月9日・東電前抗議行動
▼東電前
s-東電前

日比谷集会後も経産省前テントひろば、たんぽぽ舎などは東電前抗議行動を行った。
福島事故についての究明も対策もなされないままに、国・東電は汚染水をダダ漏れし続け、事態は深刻になるばかりだ。それなのに柏崎刈羽の再稼働まで狙っている。

s-Image疎開裁判

東電前には500名集まり、怒りのシュプレヒコールと発言が続いた。

■3月15日・日比谷

s-武藤

3月15日(土)、午後1時から、さようなら原発 一千万人署名市民の会主催の「フクシマを忘れない!さようなら原発 3.15脱原発集会」が開かれた。
集会では、武藤類子さん、大江健三郎さん、澤地久枝さん、秋山豊寛さん、なすびさんなどなどが脱原発の強い意志を表明した。

▼東京新聞 3/10
s-Image2大江

3月8日に福島県で開かれた集会「原発のない福島を!県民大集会」を受けてキャラバン行動が行われ、夢の島のビキニ第五福竜丸のところから会場まで歩いてきた人たちも登壇した。
s-キャラバン

集会後、東京駅までデモ行進をした。写真:デモ先頭(レイバーネットより)http://sayonara-nukes.org/
s-デモ先頭

第五十三回「After 311~霞ヶ関の中心で愛を叫ぶ!!」

第五十三回「After 311~霞ヶ関の中心で愛を叫ぶ!!」経産省前テントひろばオープンマイク

2014年3月20日(木)18:30~21:00

【歌うたい、ミュージシャン、詩人、役者、その他表現者各位へ】



前回の第五十二回は主催の〝浦邉 力〟は2月に他界した経産省前で知り合った仲間のジャーナリスト〝堀内良彦〟氏に捧げ、「酒も泪も」「虹に願いを」「英雄」の3曲を最後に歌わせていただきました。

届いたかな?

さて、まもなく4月には消費税が8%と増税されます。

経産省の向かいは財務省です。

思い切り、叫んじゃって下さい!

ノルマ、ギャラもちろん無し(笑)♪

あと、ネット中継してくれる方も募集します。





持ち時間1人10分前後(一夜につき10人程度、場合により飛び入り可、但し21時以降完全音出し禁止)お問い合わせはメールでchikarasongs@hotmail.com (浦邉うらべ 力ちから)まで

1組目が18時30分スタート(多少前後有り)

雨天は状況によっては順延せずにマイク無しで演る場合もありますが、濡れる覚悟でお願いします。その他状況はツイッター@chikara69 でつぶやきます。(出演者にはメールを送ります)

3.11原発いらない! 地球(いのち)のつどい@福島

「3.11原発いらない!地球(いのち)のつどい あれから3年、「フクシマ」を繰り返さない! 忘れさせない!」

3月11日(火)「原発いらない福島の女たち」& 「スリーノン(3NON)の女たち」の共催で福島市で「3.11原発いらない!地球(いのち)のつどい あれから3年、「フクシマ」を繰り返さない! 忘れさせない!」集会が開かれた。参加者は160名、首都圏からも50名以上が参加した。会場はMAX福島4F AOZ(アオウゼ)視聴覚室。

 「つどい」に先立って、11時から初めて福島にお目見えのゼロノミクマくんを先頭に県庁へのデモが行われた。
その模様はUplan三輪祐児さんの録画でみることが出来る(文中、数字は開始時刻を示す)
とても充実したよい集まりだったようです。行かれなかった方もぜひ、録画でみてください。

s-Image2デモ

s-Image2いらない

https://www.youtube.com/watch?v=pjQAiF2VDGM (デモと県への申し入れ)
https://www.youtube.com/watch?v=nQIZ_ob54rg (つどい第1部)
https://www.youtube.com/watch?v=Ou9j2VWi7-g (つどい第2部)

第3回 原発いらない! 地球(いのち)のつどい14:00 開会あいさつ
<第1部>スライドシヨー 「原発いらない福島の女たち」の歩み
14:30 テーマ別報告 (14:46に黙祷を捧げます)
① 健康・避難・移住(00:11:58)
② 除染・帰還 (00:20:10)
③ 被爆労働  (00:27:20)
④ 放射性廃棄物焼却 (00:36:09)
⑤ IAEAと環境創造センター (00:45:01)
⑥ 損害賠償請求訴訟 (00:57:50)
s-Image2損害賠償
▲損害賠償訴訟のリポートをする高橋さん
⑦ 再稼働反対・脱原発 (01:07:08)
(01:18:45) ドイツから参加したデボラ・ゴスマンさんのスピーチ(日本語)
(01:25:06) ④のスライドショー「放射能を撒き散らす焼却炉建設反対」
(01:30:55) 佐藤雄平福島県知事に宛てた要望書「事故被害県としてあるべき行動を」の読み上げ
(01:36:40) デモの間に5名が県知事直轄秘書課長成田氏に上記要望書を手渡して行なった交渉についての報告。

<休憩>

16:00 <第2部>
(0:03:10)♪ みんなで踊ろう アイヌの踊り・ウタリ オプンパレワ
(仲間よ、さぁ立ち上がって踊りましょう)

s-Image3おどり

(0:10:35)♪ ミニコンサート
朴保(パクポウ)・李 政美(い・ぢよんみ) 、パク・ウォン


s-Image2舟歌
▲朴保さんと李政美さんと一緒に韓国の舟歌を歌う

17:00 駆けつけ人スピーチ(01:13:41) 
        鎌田 慧さん(01:36:05)
        山本太郎参議院議員(01:52:47)

s-Image2山本

いのちを想うキャンドルナイト・詩の朗読(鈴木絹江さん、ビデオ参加)
18:00 閉 会

3.11<福島連帯>テント前抗議行動

3.11<福島連帯>テント前抗議行動
s-Image1テント前

福島原発事故が起きて3年が過ぎ、3月8日に福島3か所(福島市、郡山市、いわき市)で開かれた福島県民大会を皮切りに15日まで全国各地で多彩な行動が行われている。

経産省前テントひろばでは「3.11テント前抗議行動」が行われた。平日にもかかわらず、約100名が参加。その様子はIWJ Independent Web Journal 2014/3/11 「<原発再稼働反対>市民らがアピール」中の録画でみることが出来る(文中、冒頭の数字は録画開始時刻を示す)http://iwj.co.jp/wj/open/archives/128902#more-128902

正午から午後1時まで経産省に向けて「エネ基本計画閣議決定を許すな! 原発再稼働をするな!」というタイトルのもと、怒りの抗議が行われた。
まず、川崎のIさんの音頭で「わっしょい、わっしょい」で始まる元気のよいショートコール、その後、先日、いわき市で開かれた「原発のない福島を!県民大会」に参加したテントの渕上さんの報告、再稼働反対全国ネットの柳田さん、双葉町から避難しているKさん、7~10日まで北海道に行かれたOさんからは9日に雪の降りしきるなか、共和町で400個の風船をあげたという報告、いつも金曜日にテント前に来て座ってくださる、もうじき90歳になるTさん、などのスピーチが続いた。うれしいことに、テントに初めて来ましたと言いながらマイクを握った女性がふたりもいたこと。改めてテントの存在意義を感じた。
最後に再度ショートコールをして抗議行動は終了。

s-20140311 002

0:46:35 風船プロジェクトについて(再稼働阻止全国ネットワーク)
福島事故3年目を迎えて全国いっせいに何か目に見える行動が出来ないか、それを支えていくカンパ活動を行う、ということで風船プロジェクトを提案し、全国10か所の原発立地(テントひろばを含む)から賛同を得た。また200名の方から約80万円のカンパが集まっている。
何としても福島を忘れない。ずっと心に刻み続けていく。
何としても再稼働を阻止していく。この思いで今日の風船上げ行動を行いたい。
すでに泊、志賀原発で成功裡に行われた。

テントでは、担当の方々は10時から風船の準備をして、300個の赤いエコ風船がすでに第二テントにいっぱい。一人3個の風船を受け取る。風船のひもの先にセロテープでメッセージカードがつけてある。
00:57:56 木にひっかかるのを避けるために、風船をもらった参加者はテント前道路の中央分離帯にわたり、そこからカウントダウンの声に合わせて、一斉に風船を放った。
00:58:27青い空にわたしたちの願いをになった赤い風船があがっていく光景はとても美しく、感動的だった。

その後、テント前で第二テントのHさんを中心に用意したお汁粉とお茶がふるまわれ、皆さんに喜んでいただいた。

 そのあと、わたしは日比谷公園に行ってみた。小音楽堂の前では、8日「追悼の日」、9日「未来の日」、11日「セレモニー」と、アースガーデンを事務局として、多くの賛同団体・個人による「311東日本大震災市民のつどい Peace On Earth」が開かれていると聞いたからだ。噴水広場の左手には竹でつくられた大きな献花・追悼ドームが設けられていて、お花やろうそくが捧げられていた。

s-20140311 003

ドームで手を合わせて祈る人、演奏やトークに耳を傾けている聴衆は若い人が多かった。11日は12:00からウォン・ウィン・ツァン(ピアノ)、加藤登紀子(歌)、SUGIZO(ヴァイオリン)などのミュージシャンによる演奏があり、14:46には全員で黙祷をささげた。その後、クロージング・トークライブが行われて3日にわたる集いは終わりとなった。

s-20140311 004

その模様はIWJ Independent Web Journal 3月11日付け「日比谷公園に献花・追悼ドーム」中の録画でみることが出来る。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/128902#more-128902

(報告・写真:あっきい)

3/19 霞が関ナイトスキップ&茶話会にどうぞ

>s-clip_image002.jpg

霞が関ナイトスキップ&茶話会にどうぞ
2014年3月19日(水)
18:30集合 
19:00頃出発 (終了は21:00頃を予定しています)
集合場所:経産省前テントひろば
(営団地下鉄 霞が関駅 12出口すぐ)


霞ヶ関ナイトスキップ…エランビタール生の飛躍のステップ

まずはのびゆるストレッチ・日頃の運動不足解消にもどうぞ。
そして身も心も開放する誰でも出来るスキップ。
一人より二人、三人四人、、、人とするとまた楽しい。
ついでに、いろんなスキップも体験したり、新たなスキップも開発したり^-^
初めは寒いですが暖かくなりますよ。
荷物はテントに預けられます。

テントで茶話会…それぞれの身近な地域や仕事や活動のことなど交流。
 
協力:テントひろば(簑口)
連絡先:090-8342-8558(きくち)

ドイツ初の市民の電力会社を立ち上げた市民グループ・ウルスラ・スラーデクさんからのメッセージ

去年、テントのハンガーストライキのときに応援のメッセージを寄せてくださったパリ在住の高幡祐規さんが、3.11を前に、ドイツ初の市民の電力会社を立ち上げた市民グループの代表・ウルスラ・スラーデクさんからのメッセージを送ってくださいました。
フライブルク在住の熊崎みかさんが日本語の字幕をつけてくださったそうです。

日本のみなさま(BCCで失礼します)

いよいよ福島原発事故3周年が近づき、お忙しいことと思います。
すでにお受け取りになったかもしれませんが、よそものネット(在外邦人の脱原発ネットワーク)のドイツ・フライブルクのメンバー熊崎みかさんが、下記のようにドイツからのメッセージに日本語字幕をつけてくれたので、送ります。

8日、9日にはヨーロッパ各地、アメリカ合衆国でも脱原発のさまざまなアクションが行われます。
日本のみなさまの催しの成功をお祈りします。

飛幡祐規(たかはたゆうき)


s-Image2ドイツ
▲ウルスラ・スラーデクさん


皆さん

3・11に向けてあわただしい日々を過ごされているかと思います。

チェルノブイリの事故の後、原発によらない電力供給を目指して市民の手で作られた「シェーナウ電力会社(EWS)」の代表で市民運動を牽引したウルズラ・スラーデックさんより、3年目に向けてメッセージをいただきました。
拙い訳で申し訳ないんですが、ぜひ拡散をお願いします。

ユーチューブ:
http://www.youtube.com/watch?v=I2soIAfBeVI

ユーチューブのEWSページ:
http://www.youtube.com/ewsschoenau

EWSのHP:
http://www.ews-schoenau.de/fukushima.html

フェイスブック
https://www.facebook.com/pages/Elektrizitatswerke-Schonau-EWS/228617025632


くまざきみか@フライブルク

3/11 経産省前テントひろば “福島第一原発事故を忘れるな!テント前行動”

3/11 経産省前テントひろば “福島第一原発事故を忘れるな!テント前行動”

  ◆趣旨・内容 3月11日(火)昼休み <改めて事故の責任を問う抗議集会>
  役所から出てくる経産省の役人や道行く人々が対象。抗議集会の最後に、「風船行動」を行う。
   ◆時間 12時 集会 風船行動

s-Image2風船

3/11 原発いらない! 地球のつどい あれから3年、「フクシマ」を繰り返さない! 忘れさせない!

20140311.jpg

今年も311がやってきます。あの大震災から3年が経ち、その後に引き起こされた原発事故の被害は、残念なことに、風化しつつあります。しかし、決して忘れてはならないことがあります。わたしたちは、311に三たび呼びかけます。原発はいりませんと。

【3・11の行動】
ゼロノミクマくんとデモ&県への申し入れ
10:30 集合「MAX福島」駐車場入口付近
11:00 デモ出発 ⇒ 県庁(申し入れ)⇒ デモ
12:00 デモ終了「MAX福島」に戻る
・雨天決行
・各自思い思いの脱原発パフォーマンスをどうぞ (ゼッケン、旗、鳴りものなどご用意ください)
・要放射能対策

第3回 原発いらない!地球(いのち)のつどい会場:「MAX福島」4F「AOZ(アオウゼ)」
13:30 開場 受付開始
14:00 開会(第1部、第2部)
18:00 閉会

◆プログラム
<第1部>
(1)スライドショー「原発いらない福島の女たち」の歩み
(2)テーマ別報告
①健康・避難・移住 ②除染・帰還 ③被曝労働 ④放射性廃棄物焼却 ⑤IAEA環境創造センター ⑥損害賠償請求訴訟 ⑦再稼働反対・脱原発

<第2部>
(1)ミニコンサート 李政美(いぢょんみ)、朴保(パクポウ)、他
(2)駆けつけ人スピーチ 鎌田慧、山本太郎、他
(3)いのちを想うキャンドルナイト

主催◆「原発いらない福島の女たち」&「スリーノン(3NON)の女たち」
連絡先◆onna100nin★ (★=@yahoo.co.jp) 
携帯:080-4518-7368

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに