原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

控訴審第一回口頭弁論報告集会の感想文 証言をやりきった2人を中心に明るい雰囲気で

東京高裁での三時間半におよぶ証人尋問、亀屋幸子さん、黒田節子さんの証人尋問は、それぞれに約90分かけてしっかり行われた。そのあと、直ちに参議院議員会館講堂にて報告集会が開かれた。約150名が集い、17時30分を期して、乱鬼龍さんの司会で始まった。

P1040746.jpg

今日の口頭弁論そのものについては、テント側のシナリオ(主張)は、ほぼ遂げられたという手応えからか、会場の雰囲気を明るく感じたのは私だけではないだろう。乱鬼龍さんの表情も明るい。
まず、大口弁護士が裁判の概要を報告し、証人の亀屋幸子さん、黒田節子さんと、福島から渡辺みよ子さんが発言した。(渡辺さんは控訴審事前集会でも発言されていた。)

■亀屋幸子さん
Image2亀屋

「真っ正直」という言葉は亀屋さんのためにあると思った。亀屋さんは、被災者の代表として「せいいっぱい」に訴えたこと、しかし、自分の言葉が「裁判官に通じたどうか心もとない、届かなかったとすれば自分の力が足りないせいだ」、と言われた。そして裁判官にDVD(映像)を見るよう訴えたことを話された。
法廷での、渡辺和義裁判官(右陪審)の質問が影を落としているのだろう。渡邉裁判官の質問は、亀屋さんに親類縁者の動向を細々と尋問し、親類縁者のうち福島県内で避難生活を送っている人々も少なくない事を確認するものであった。渡邉裁判官はまるで大人が幼児に質問しているような口ぶりで亀屋さんを尋問していた。ものすごく気色悪かった。髙野伸裁判長の態度は証人に誠実に向き合っているようだったし、右側の裁判官も真面目に聞いているように見えたが、裁判官に希望的観測は禁物だった。

■黒田節子さん
Image2黒田

黒田さんは力説した。「悲惨を直視し、事実として向き合うことなくしては、何事もはじまらない。」
証人尋問は、「原発は要らない・フクシマの女たちの会」の発足から第二テント設営までの経緯、テントとの関わりを解説して、それが“女たち”であるこの必然性、脱原発を目ざす諸グループ、個々人が自発的に集い、緩やかに寄り合って、「テント広場」としての運営が保たれている「場」であることを明らかにしたが、それは同時に、言葉を絶した悲惨を自分の言葉にして発すること、現場を自らに引き受けなおす営為に他ならない。
黒田さんも90分は長くなかったが、良かったかどうかわからない、と感想を述べられた。お二人は全力で成し遂げてもなお、無力感にさいなまれている。裁判で証言するということは、ほんとうに辛いことなのだ。

■渡辺ミヨ子さん
Image2渡辺

渡辺さんの福島の現状報告によれば、非難解除地域に70%の人が戻った。政府は帰還させるために一生懸命援助しているが、健康被害も浮上しており、みな不安を覆い隠せなくなってきている。「喪失を乗り越えるにはそれときちんと向き合わなけれならない。」(黒田さん)。しかるに現実は、喪失を忘れようとしている。いや、政府が忘れさせようとしているのだ。

■淵上太郎さん、正清太郎さん
Image2淵上

続いて、形式上の地裁被告、控訴審控訴人である淵上太郎・正清太郎さんが発言した。
淵上さんは、亀屋さん、黒田さんの証言への感想を述べ、「事実の直視」して、目前に迫る川内原発再稼働の阻止にむけて、声をあげゆく決意を述べた。
正清さんも淵上さんに同じく、今日の証人尋問をうけて、「原発は必ず止めることになると、確信をもって、私たちは頑張ってゆく!」と断言された。
 淵上さんも正清さんの発言は、すでに控訴審が「被告」はこの二人だけかどうかという地裁の争点を超えて展開していること、少なくとも淵上さん・正清さんをはじめ、テント側当事者は今日の裁判でそう確信しているようだ。
 高裁は、地裁が国側の設定に従って黙殺したところから控訴審を開始している。
亀屋さんへの尋問は、テント設営の原因と存在意義を論証するものになるし、黒田さんへの尋問は、テント運営の自主性を証すとともに、さらにその根底には、第2テントの運営当事者である女性を無視した国側の女性蔑視が問われざるを得ない。
地裁の下した仮処分を差し止めたのも高裁だ。高裁の地裁とは異なるスタンスを見てとるのは甘いだろうか?
控訴審が実現し、即日結審ではなく三回の開廷が決まった時点で、テント裁判は姑息な<スラップ訴訟>の次元を超え出たと思う。
■内田光博氏によるレクチャー
Image2講師

高裁の姿勢は、地裁判決直前に提出された憲法学者内藤光博氏の意見書が大きく作用しているのではないかと思う。内田意見書のことは、地裁判決の報告会でたんぽぽ舎の柳田さんの発言で知った。「テントの意義を表現の自由から主張した素晴らしい意見書」と目をキラキラさせて発言されていた。そうか憲法問題なのか。
控訴審は直接には「土地明渡請求を認めたことについてと同時に、訴訟参加(独立当事者参加)を却下したことの是非を争う場」なのだが、憲法が絡んでくるとなると、争点の次元、裁判全体の質がまるで変わってくるだろう。

報告会ではその内藤光博さん自身が、テントが「表現の自由」であることを解説される。
2月19日に地裁に提出された意見書、「いわゆる「経産省前テントひろば」に関する憲法学的意見書 -表現の自由と「エンキャンプメントの自由」が配布され、内田さんはその論の要点を追ってくれた。内田さんによると、
経産省前テントは、憲法二十一条一項「集会の自由」の保障をうけるものである。
よって「集会の自由の実現行為」は保障されねばならず、それには政府による「すべての人々に開かれた集会の場」の提供の保障が前提となる。
「集会の自由の実現」方法は、平和的な方法であることを前提として、多種多様な形態が考えられ、「経産省前テント広場」における「テントの設営および泊まり込み」、すなわち「エンキャンプメント」もその効果的な方法と考えられる。
「経産省前てんと広場」のエンキャンプメントは、「人間に値する生存」の確保のための「やむにやまれぬ意思表示・請願行動」に他ならない。
それを<スラップ裁判>で妨害しようとする行為は、違憲である。
訴えられるべきは、むしろ国側ではないか!!!


さて、「表現の自由」というと、私などは目下話題のろくでなし子さんや、写真集、原発反対インスタレーションの締め出し問題などを想起するが、根本にあるのは、「人間に値する生存」のための「やむにやまれぬ意思表示」だった。目からウロコだ。だから憲法で保障する。民主主義、人権の基礎なのだ。
もう、国側の意図するありきたりの不動産や物品の帰属や使用料といった民事裁判の次元(借金、不渡り、破産といった揉め事)ではありえないばかりか、事は憲政にかかわる大問題なのである。
国側は地裁の時とまったく同じ論法で押し切るれると、いまだに見くびっているとしても、裁判所はこの意見書を前にしてしらばっくれていられようか?
自信を持ってテントを保ってゆく理論武装ができました。(内田氏は「エンキャンプメント」は軍事用語だけれども、と注釈)

最後に、橋ゆきさんがテントの泊まりや座り込み、お茶出しなどの応援者を募集の呼びかけた。私は、前回の呼びかけをきっかけにしてテントに関わるようになって、この報告文を書いている。
勇気百倍の報告会であった。

(報告:猩々子 写真:ユープラン)

6.19 テント裁判控訴審第一回口頭弁論 傍聴記 亀屋幸子さんと黒田節子さんが陳述 本当に胸が痛んだ

6月19日(金)、いよいよテント裁判・控訴審第一回口頭弁論の日になった。いつものように裁判所前で抗議行動を行った後、傍聴抽選に並んだ。法廷は午後1時30分から始まった。

▼裁判所前抗議集会
P1040726.jpg

P1040728.jpg

■証人尋問
その日の法廷は、控訴人(代理人)から控訴理由書の陳述、被控訴人(国側代理人)から答弁書の陳述後、独立当事者参加者の亀屋幸子さんと黒田節子さんの証人尋問があった。主尋問70分、反対尋問10分の予定でスタートした。
 (被告とされた淵上・正清さんはじめ、独立当事者の名乗りを上げた者たちが、一審を判決を不服として控訴したので、高裁=控訴審では、裁判用語で「控訴人」となる。) 
13時30分に始まり、15分休憩して、17時に終了した。(報告者:K)

■亀屋さんへの主尋問より
 亀屋さんが裁判所に提出した陳述書をもとに、河合弁護士が尋問した。亀屋さんは涙ながらに語った。
①突然奪われた大切なもの
・大好きな故郷 双葉町で長い間かけて育んだあたたかい隣人たちとの暮らしを永遠に失う。(帰宅困難地域)いまはみんなちりぢり。
・仕事上の書類を取りに何度か双葉町の自宅に戻った娘(ゴーグルをつけて)が手と足の痛みを訴える。手と足が腫れ、数ヶ月間要介助となる。病院7ケ所を転々とする。涙、涙の毎日であった。
・宝石箱2箱(夫や娘からプレゼントされた貴金属類)が盗まれ、大切な思い出が消え去った。その他、自宅には泥棒が入り、大事なものは全て無かった。
②苦しみの中で出会った「経産省前テント」
・震災の日、何の情報もなく逃げ回った。恐怖の連続であった。東京にたどりついて、テントひろばに出会った。テントで自分は立ち直れた。テントは新しい人たちとつながる出会いの場であり、情報交換の場である。日々支えられ励まされている。
③ 最後に強く訴えたいこと
・原発事故さえなければ双葉町で楽しくゆったりと暮らしていた。いまは将来について不安だらけである。
・福島の子どもたちの命を守ってください。絶対に再稼動をしないでください。私たちが受けているこの苦しみを他の人たちにさせないでください。再稼動は許しません。絶対に!

●亀屋さんへの反対尋問に対して
・(淵上さん、正清はどういう存在か)淵上さんや正清さんには福島のこと、東電のこと、経産省との闘いなど相談しています。
・淵上さんたちは頼りにしているが、第二テントを運営しているのは女たちです。

■黒田節子さんへの主尋問より
主尋問は大口弁護士が行った。
①「大惨事」を現実化できなかった。
・保育所に勤務していた。子どもたちのおやつを準備している時に地震。子どもたちは恐怖でおしっこ垂れ流し状態であった。
・チェルノブイリ事故以来原発反対の市民運動をしていたので、ある程度の「危険」は察知していたが福島原発事故の大惨事に驚愕した。津波の情報はテレビで知ったが、原発の情報は届かなかった。
②女たちの怒りは「何かしなくては」と立ち上がらせた。
・「原発いらない福島の女たち」という名で運動を立ち上げた。
・足尾銅山を訪ねて田中正造の生き方に学び、足尾鉱毒事件と福島原発事故の共通点に気づいた。抗議のため、女たちが霞ヶ関に向かう(女の押し出し)。
・「経産省」に対してなにかやらなくちゃの思いで、ひとりひとりの叫びを届けた。2011年10月末、国会議員への陳情、内閣補佐官との面談、経産省役人との交渉、そして、座り込みと、テントを軸にやった。福島の女たちから全国の女たちの行動に、そして、「とつきとおか」のテント行動にに引きつがれ、現在も続いてる。
③強く訴えたいこと
・福島の現状、悲惨さに向き合わない限り、真の「復興」はありえない。復興騒ぎ(オリンピック、お祭りなど)では「フクシマ」は終息しない。
・除染は決して安全ではない。子どもたちの甲状腺癌の増加、さまざまな疾病など悪影響が出ている。
・子どもたちの保養、原発労働者への対応などチェルノブイリに学んでほしい。

●黒田さんへの反対尋問に対して
(被告の淵上さんと正清さんが責任者でしょ?)テントは淵上さん、正清さんの二人の力で成り立っていない。言いがかり。二人には特別な権限もないし報酬ももらっていない。テントは再稼動反対、原発いらない等々の、ひとり一人個人の力で闘っている。

■傍聴を終えて一言
①主尋問ビンビン!!
お二人はもっともっと訴えたいことがあったと思うが、限られた時間の中ででも「事実」と「想い」がビンビンと伝わってきた。お二人はしばしば絶句された。
②反対尋問カラカラ!!
国・経産省は6月、7月佳句1回の弁論で終結したいとする裁判所に対して、「最小の反対尋問にとどめる」からこの日6月19日で結審にしたいという意図で、気迫も理念もない内容の空空(カラカラ)の反対尋問だった。亀屋さんにも黒田さんにもただ一点、「淵上と正清はテントの責任者で被告に値する」ということを引き出したかったらしい。原発事故にまったく向き合っていない無内容な反対尋問に嘲笑がわき起こった。
③控訴人席ガラガラ!!
控訴審では、独立当事者参加者への尋問が認められて、当日、独立当事者参加者には、特別枠の傍聴券が配られた。通常、原告数(または被告数)が多い裁判では、長いすを出したりして、できる限り原告席(控訴人席)を満たし、傍聴席にひとりでも多くの人たちが入廷できるように努力している。ところが、この裁判ではそういう配慮はなく、独立当事者参加者は傍聴席に座らされて、控訴人席はガラガラだった。おかしい。

(報告:あきらめないひと 写真:マシー)

6.19大間原発はいらない!スタンディングデモの報告

6月19日(金)12時から、銀座の電源開発本社前で、大間原発建設反対の月例のスタンディングデモを行った。

RIMG0459.jpg

この日は東京高裁でテントひろば裁判の第一回控訴審が午後1時半からあり、それに先立って行った。
主催は大間原発反対関東の会。

あいにく朝から雨模様でスタンディング開始の12時ころは小降りだった雨も次第に強くなったが、13名で抗議の意志表示を行った。通行人には昨年「北海道新聞」に掲載された意見広告のコピーを配った。

RIMG0461.jpg

雨が強くなったので予定を繰り上げ、最後にタッチーさんの音頭でシュプレヒコールを行い、12時50分に終了。
その後、裁判の時間が迫っていたので、東京高裁に向かう人、議員会館の裁判報告集会の準備をする人とそれぞれの場所にあわただしく移動した。

次回のスタンディングデモは、6月25日(木)電源開発株主総会の行われる東京プリンスホテル(芝公園)前で午前9時から10時まで行います。

(報告と写真:あっきい)

■河北新報記事

<大間原発>審査先行き不透明 細る工事量
大間原発の建設現場。主要施設の工事は進んでいない


index河北

 電源開発(Jパワー)が青森県大間町に建設を進める大間原発の新規制基準適合性審査を原子力規制委員会に申請して半年が たった。建設中の原発では初の申請とあって慎重に進められている審査は序盤のままで、先行きは見通せない。工事は新基準の影響を受けない範囲に限られる状 態が続き、波及効果を期待する地元関係者には不安が広がる。

 大間原発の審査会合が開かれたのは5回。直近は4月10日で2カ月以上開かれていない。原発周辺の地形がテーマとなった4月の会合では、委員からデータ不足などを指摘する声が相次ぎ、Jパワー側が規制委の要求水準に対応し切れていない現状をうかがわせた。
 未完成の原発の審査は前例がないことに加え、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を全炉心で使える世界初のフルMOX炉。規制委側の姿勢は慎重だ。田中俊一委員長は5月下旬の記者会見で「(既設の原発とは)ちょっと別だ」と述べ、審査の難しさを示唆した。

 
Jパワーは昨年12月の審査申請時「2021年度ごろの運転開始を目指す」と地元に説明している。ことし11月に審査に合格した上で、テロ対策など向けの特定重大事故等対処施設の建設に着手する日程を描く。
 今月5日、大間町議会の特別委員会に出席した南之園弘巳常務は「審査は序盤」と認めつつ、「思いは変わらない」と日程目標を維持する考えを示した。
 主要施設整備などの大規模工事に入れない中、Jパワーが腐心するのは工事量の確保だ。背景には工事による経済効果を当て込む地元の意向がある。
  5日の町議会特別委で、Jパワーは、設計変更があり得るとして、本年度計画していた一部の敷地造成規模を半分に縮小する方針を説明。同時に公表したのが、 「時期未定」としてきた敷地入り口付近の造成工事を7月に着手する工程前倒しだった。幹部は「工事が極力途切れないように努力していきたい」と苦心のやり くりを強調した。
 構内で働く作業員数は約350人と、ピークだった11年2月の約5分の1にとどまる。大間町商工会の担当者は「工事が進められない状況は承知している。ただ早めに審査を進めてもらいたいのが本音だ」と地域経済への影響を懸念する。

[大間原発]改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)で出力138万3000キロワット。08年5月着工。東日本大震災による中断を経て、12年10月に工事を再開した。津軽海峡を挟んで隣接する北海道函館市がJパワーと国を相手に建設差し止めなどを求める訴訟を起こしている。

2015年06月17日水曜日 河北新報オンラインニュース

大至急のお知らせ 経産省との院内交渉に集まれ!

明日6月23日(火)15時~17時に経産省前テントひろば主催の、経産省との交渉が開かれます。みなさん
参加してください。

〇【案内】原発に関する経産省院内交渉
6月23日(火)15時~17時、参議院議員会館B108、 経産省前テントひろば

質問項目
1「エネルギーミックス」における原発依存度の議論について
2「民意」と「国際公約」との関係について
3再稼働の決定「政府の責任」について
4「核のゴミ」について
5東京電力について


○【案内】川内原発・高浜原発の再稼働をやめろ!水曜昼休み規制委抗議行動
6月24日(水)12時~13時
原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
主催:再稼働阻止全国ネットワーク(今週の担当は経産省前テントひろば)

お知らせ:テント裁判 6/19控訴審第一回口頭弁論に関して

★テント裁判の傍聴抽選締め切りは13時です。
   開廷は13時30分です。
   当日は、閉廷までの時間、裁判所前集会はしません。
    DVD上映会へどうぞ


★DVD上映会
傍聴出来なかった方のために原発関係の映像を上映します。
時間: 14時から開始 13時すぎ頃から通行証配布します。
場所: 参議院議院会館B 104


★報告集会
時間: 17時半より 17時頃より通行証配布します。
場所: 参議院議員会館講堂 
発言者
黒田 節子(原発いらない福島の女たち)
河合 弘之 (テント裁判弁護団長)
渕上 太郎 (テントひろば裁判・被告)
憲法学者 内藤光博さん 予定

5/28にテツさんたち3人 逮捕→6/8 釈放 経産省前テント広場で

5月28日(木)の夜、火炎瓶テツさんたちは「戦争法案を廃案へ」の国会前抗議行動を行った後、経産省前へ移動して闘った。そのとき、経産省の敷地に入ったということで、3人が不当も逮捕された。

3人はカンモク(完全黙秘)で闘った。3人とともに闘う仲間は、経産省前で、丸の内署前で、中央署前で、東京空港署前で即時釈放を求めて行動した。

▼5月29日 テントひろば前
DSCN0573.jpg

▼6月4日
DSCN0575.jpg

▼5月29日 空港署前
648a820de1e99bed9a171178450562d1.jpg

検察取り調べの時も、勾留理由開示裁判にも詰めかけた。
そして、6月8日(月)釈放された。
経産省前テントひろばで、3人と仲間は再び合流した。さあ、ここを基点に、闘いを続けよう!

060801.jpg

060800.jpg

※レイバーネットhttp://www.labornetjp.org/に映像報告あり

(レイバーネットより)午後5時半すぎ、3人が次々に経産省前テントひろばに現れると、仲間たち約70人が黄色いハンカチを振って出迎えた。抱き合ったり握手をしたり、喜びを爆発させた。釈放された火炎瓶テツさんは「不当逮捕であることは間違いないが、口を開けたマッコウクジラの口に自ら飛び込んでしまったことを深く反省している」と語り、「ありがとうという言葉で言い尽くせないほど、みんなに感謝している」と言葉を詰まらせた。

(まとめ:あれこれ屋 写真:レイバーネット、田中龍作ジャーナル、あれこれ屋)

お知らせ 6月18日 福島原発告訴団 東京検察審査会へ激励行動

福島原発告訴団の検察審査会 激励行動があります。ランチタイム行動です。ご参加ください。

Image3_20150610103353156.jpg

6/19 テント裁判 控訴審(東京高裁)第1回口頭弁論に参加を!

6月19日はテント裁判です。
高裁は6月19日(金)と7月21日(火)の2回、口頭弁論を入れて来ています。
地裁では、法廷は約1時間で、9回審理を行い、10回目に突然、卑劣なやり方で不当判決を行いました。
高裁では、あらかじめ2回の法廷を設定して、かつ、時間を大幅に延長しています。
これは審理を尽くそうというより、裁判をはやく「片付けたい」ということのあらわれかもしれません。私たちは審理を尽くすように訴え、裁判を傍聴し、注視しましょう。
裁判に集まってください。裁判後の報告集会にも集まってください!

Image1テント裁判チラシ

Image2bbb.jpg

6月8日 東京新聞報道 福岡集会1万5千人 松山集会2千500人

 あらゆるレベルの世論調査でも、原発再稼働反対が賛成を圧倒的に上回っています。しかし、安倍政権・経産省・電力会社・資本は再稼動にしゃにむに走っています。
 福岡集会、松山集会を力に、川内原発再稼働阻止、伊方原発再稼動阻止を実現するために、私たちも頑張って行きましょう。

Image1福岡

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに