原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

6月3日(金) 院内ヒアリング集会(13時30分) こののちに午後5時から経産省前抗議行動。

6月3日(金)、 テントひろば主催、院内ヒアリング集会(13時30分)を開催します。いままでに計画されるも、経産省にドタキャンされたものです。 こののちに午後5時から経産省前抗議行動を行います。

院内ヒアリング集会 (6月3日の金曜日)
「川内を止めず、伊方まで再稼働するという、原子力推進の矛盾を問いただす
~熊本大地震が続いているぞ! 日本全国どこでも大地震が起こるぞ!~」

日時:2016年6月3日(金) 13時半~16時半
場所:参議院議員会館101会議室(1階)
対象:経産省・資源エネルギー庁(14時~16時)
主催:経産省前テントひろば
経産省前テントひろば〒100-0013東京都千代田区霞が関1ー3ー1
電話070-6473-1947 メールtentohiroba@gmail.com 
ブログhttp://tentohiroba.tumblr.com/
紹介:参議院議員 福島みずほ事務所

テーマ:(1)電力自由化と電源構成
(2)「エネルギー基本計画」と「40年ルール」
(3)核のゴミ問題
(4)福島第一原発事故の責任問題
(5)原発の再稼働問題

訴え
3.11東電福島第一原子力発電所事故が起こって既に5年経ったが、福島には未だに10万人の方が避難生活をし多数が仮設住宅に住み自死する人も出ている。除染は移染にすぎず、多くの人びとがふるさとも生活も仕事も奪われてしまった。住民の健康被害も心配で、既に166人の小児甲状腺がんも確認された。
一方、イチエフには100万トンを超える放射能汚染水が貯まり海洋汚染を続ける中で太平洋への大々的放出が目論まれ、コントロールもブロックもできていない。そればかりか1号機~3号機の核燃料の状態は掴めず廃炉への道も全く見えない。そんな中で、年間20mSv以下の地域への帰還が住民に強要されている。

このイチエフ事故の責任を誰がとったでしょうか? 
東電も経産省も自民党政権も事故の責任をとっていない。そればかりか、原発が「安全である、安い、無いと電力が足りない」が大嘘であることが明らかになったにも拘らず、東電は柏崎刈羽原発の再稼動を目論み、安倍政権・経産省・資源エネルギー庁は2014年4月に原発をベースロード電源とする「エネルギ―基本計画」を閣議決定して原発の再稼働と原発の輸出を推進している。

2011年9月に経産省の敷地のポケットパークに設立した「経産省前テントひろば」は、福島の被害者たち、脱原発を訴える全国の人たち、また世界の人々に支えられて1700日間、日夜脱原発・再稼働反対を訴えてきた。
 残念ながら、安倍政権は私たちの訴えを退けようと立ち退きと使用料を請求する正にスラップ訴訟を起こした。私たちは裁判で経産省政策の不当性とテントひろばの正当性を訴え続けているが、東京地裁(2015年3月)も東京高裁(2015年10月)も立ち退きと高額の使用料支払いを命じる不当判決を言い渡した。今最高裁で係争中だ。

そんな中で私たちは毎日同じ敷地内にいる経産省・資源エネルギー庁を国会議員会館に呼び、5年間の彼らの不当な行政を追及する。既に2つの抗議・質問書(A、B)を4月に提出した。
これらの質問の回答を得ながら、(1)電力自由化と電源構成、(2)「エネルギー基本計画」と「40年ルール」、(3)核のゴミ問題、(4)福島第一原発事故の責任問題、(5)原発の再稼働問題に焦点を当てて、ヒアリングする。
多くの方々とともに、経産省に対して、原子力政策の矛盾を問い質したい。
是非ご参加を!

なお、経産省・資源エネルギー庁は、4月13日は経済産業委員会を理由に、4月22日はビデオ撮影と管理職対応を理由に、2回も間際のドタキャンをした。これに対して強く抗議したが明確な回答はない。
今回は、あらかじめこちらが提示した日程の中から、経産省が6月3日を明示するFAXを議員事務所に送って来た。ドタキャンは無いと思うが…。

重ねて、皆さん集まってください。

お知らせ!! 6/9~13 毒山凡太朗・展覧会「経済産業省第四分館」開催

6/9~13 毒山凡太朗・展覧会「経済産業省第四分館」開催
みなさん! 是非、見に来てください。


◆毒山凡太朗・展覧会「経済産業省第四分館」

会期:2016年 6月9日(木曜)~6月13日(月曜)*強制撤去されなければ
時間:平日(月曜・木曜・金曜)17:00 - 21:00、土曜・日曜 15:00 - 21:00 入場無料
会場:経済産業省前テントひろば 反原発美術館
住所:東京都千代田区霞ヶ関 1-3-1 東京メトロ「霞が関」駅 A11a 出口よりすぐ


 *「経産省前テントひろば」への詳しいアクセス   URL: http://tentohiroba.tumblr.com/ をご覧下さい。

問い合わせ:tochka1010123@gmail.com(居原田)
協力: 反原発美術館、居原田はるか

毒山凡太朗ウェブサイト: http://dokuyama.jp/

★2011年。霞ヶ関、経済産業省の前には、反原発を掲げるための2つのテントが建ちました。「仮設」と「理想」を孕むその場所には、あれから5年が過ぎた現在もなお、占拠を続ける人々がいます。

この度、経済産業省前テント内の反原発美術館にて、アーティスト・毒山凡太朗による展覧会「経済産業省第四分館」を開催します。皆様のご来場、心よりお待ちしております。

★毒山凡太朗 DOKUYAMA Bontaro 紹介
1984年福島県生まれ。アーティスト。
人知を超えた自然に感銘を受けながら、18歳までを福島県で過ごす。
自分自身の経験や体験をもとに、写真やビデオ、様々なメディアを用いた作品を発表。
主な作品に、震災後、風俗バブル湧くいわき市で風俗嬢“リカちゃん”を買うことを試みたが失敗し、福島県小野新町の人形工場で製造される“リカちゃん”に癒しをもらう映像作品「LInCCAi-chan」(2014)、大量に座礁したイルカから生じる未来の震災への予感と、広大な海に流れる時間に「この国」を映し出した映像作品「1/150」
(2015)など。

第二テントひろばでのイベント 6/19 サンバ・ナ・フアLIVE

お知らせです。6月19日(日)

官邸前反原発アクションで出会った音楽家集団の演奏会。
ブラジル音楽の演奏を通して脱原発の声を発信する。

活力ある楽しいイベントであることは確か!ご参加ください。

★日時: 6月19日(日) 16時30分より サンバ・ナ・フア・LIVE
★場所:経産省前テントひろば・第二テント


Image2サバンナ


Image2サバンに

1.19大間原発建設反対!スタンディングデモ

世界で一番危険なフルMOXを燃料に稼働する原発なんて狂気の沙汰であることを常々感じていたので、スタンディングデモに参加しました。最後まで自分の土地を手放さなかった熊谷あさ子さんの月命日19日に(裁判などが重なればその前後に変更)電源開発本社ビル前で行われているデモです。

IMG_8860.jpg

5月19日はあさ子さんの祥月命日でした。本社は歌舞伎座が近い好立地にあります。当然行き交う人は電源開発の社員やこの近辺の会社員のみなさんが多数。
最初は数名から始まったこのスタンディングデモですが、昨日は初めての方を含め十名弱のみなさんが平日の昼間に駆けつけてくださっていました。

IMG_8858.jpg

スタンディングデモは大きな声でコールを繰り返すのではなく、毎回道行く方に分かりやすく見やすい大間原発建設反対のビラを配り、交代で原発の危険性を呼びかけ、時折ビラを手渡した方と問いかけを交わしたり、少しでも大間原発の危険性とMOX燃料の危険性を理解いただこうという、実に現場最前線の活動を行っているなぁと、参加して実感しました。

IMG_8863.jpg

IMG_8869.jpg

デモ会場でのビラ配りとは違い、何の関係もない(と思っている)方へのビラ配りは正直受け取りも良くありませんが、受け取られる方や、受け取らなくても毎月その場所で行動を行っていることを印象付け、原発の危険性や自然の破壊、青森県建設ではあるが、対岸にある函館市より建設差し止めの裁判が起こされていることなど、知ってもらうことなど、少しでも情報を広め建設を止めること、とても大事なのではないかと思います。

また、現在まで大間原発が建設途中であるということは、一握りの建設予定地を売却せず、自然を守ろうとした他ならぬあさこハウスさんの熱く強い思いも、毎回一緒にお届けしているんだろうと感じました。

次回は《大間原発建設反対!株主総会スタンディングデモ》
電源開発株主総会への抗議
日時:6月22日(水)9時~10時
場所:TKPガーデン品川前(JR品川高輪口徒歩1分)
大間原発の危険性と建設中止を直接株主さんに訴えます。ぜひ、皆様のご参加をお願いいたします。

★株主総会への抗議行動があるので、6月19日の電源開発本社へのスタンディングデモは中止します。

(報告:kazmi, 写真:kazmi, あれこれ屋)

直前のお知らせです。5月19日 大間原発建設反対 電源開発本社前でスタンディングデモ

大間原発を建設させない為に、一人闘ってきた熊谷さんを偲び「大間原発反対関東の会」が毎月19日、電源開発前でのスタンディングデモを企画しています

大間原発の建設主体である電源開発に大間原発は無謀な原発であること、市民にもう原発はいらないと訴える為に明日19日は、東京東銀座、電源開発前にお集りください。

★大間原発はいらない! スタンディングデモのご案内

 日時:5月19日(木)お昼12時から13時まで
 場所:東銀座・電源開発本社前(地下鉄東銀座駅 徒歩3分)

★19日は熊谷あさ子さんの月命日です。原則毎月19日にスタンディングを続けていま す。デモの出入りは自由です。都合のよ い時間だけでもご参加ください!
 スタンディングデモとは、参加者が自分の思いを記したプラカード等をかかげて、黙っ て立っているというスタイルの沈黙の意志表示です。


●今後の行動のご案内

Image2大間


5/3 憲法記念日に有明防災公園で憲法集会に3万人

5月3日の憲法集会に経産省前テントひろばはブースをもって参加しました。
安倍政治は憲法、原発、沖縄、福祉、貧困、治安と、何から何まで壊す政治です。問題点は安倍の政治に集約されると思います。それこそが悪の根源だと思います。
集会には5万人が集まりました。


▼東京新聞(5/4)
Image2集会

▼テントブース
DSCN2146.jpg

暴風のようなスゴい風でした。電車が止まったり遅れたりで参加者が遅れて到着するというアクシデントがあったようですが、集会は成功し、全体として無事、終了しました。

DSCN2154.jpg

テントひろばの「売店」ではバッジ、本、Tシャツなどを販売しましたが、比較的よく売れました。大間原発建設反対の「あさ子ハウス」の物産も扱ったのですが、それも完売しました。
テントひろばを紹介するリーフは日本語版は持っていった分を撒き切りましたし、英語版も結構撒けました。そのほか、テントひろばが5.13に行う経産省と九電に対する抗議行動のビラやテントニュースもはけました。伊方原再稼働反対の応援団パンフも配布しきったようす。

DSCN2140.jpg

なんでも、やれることはやる、そして福島とともに闘うという第二テントの基本線でこれからもやっていきましょう。

(まとめと写真:あれこれ屋)

至急の呼びかけ  5・13九電東京支社・経産省抗議行動

経産省と九電に対する抗議行動を行います。みなさん!ご参加ください。
 
中央構造線が動いている! 
川内原発今すぐ止めろ!  
5・13九電東京支社・経産省抗議行動

 熊本地震は震度1以上の地震が九州のみならず全国で毎日起こり、既に1200回を超えました。一時は10万人を超える人びとが避難しました。地震は中央構造線に沿って発生しており、そのうえに建っている川内原発はとっても危険です。川内原発の再稼働の2カ月後に、建設を約束していた免震重要棟新設計画を撤回した九州電力は、全く信用できません。
 また、地震災害と原発災害が同時に起こったら避難できません。今回の熊本地震では、(UPZ内は屋内退避を仮定しているにも拘らず)余震の心配があって屋内退避が不可能な地域が出現し、道路を寸断され、新幹線まで脱線して不通になりました。
経産省前テントひろばでは、
 川内原発は危険!
 九電は川内原発を今すぐ止めろ!
 経産省は九電を指導しろ!
 原子力規制委員会は川内1・2号機の再稼働認可を取り消せ!
 などを柱とする抗議行動を計画しました。是非お集まり願います。

 自然災害は止められないが、原発事故は人が決意すれば止められる!

<川内原発止めろ!九州電力・経産省抗議行動>
5月13日(金) 17時~19時
経産省本館前抗議(霞ヶ関) 17時~17時半
徒歩移動 17時半~18時
九州電力東京支社抗議(有楽町) 18時~19時
主催:経産省前テントひろば
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-3-1 電話:070-6473-1947

(なお、この抗議行動は「再稼働阻止全国ネットワーク」が呼びかけている「中央構造線に火がついた! 川内原発とめろ! 伊方原発うごかすな!」全国共同行動に連帯して実施します。)
以上

経産省への抗議文  二度にわたる院内集会をドタキャンしたことに対する抗議

■先に当ブログで、経産省の担当役人の方と、テントひろばが院内集会を持つことをお知らせしました。ところが、経産省は「4月13日・院内ヒアリング集会」をドタキャンし、双方で延期を確認した「4月22日・院内集会」ドタキャンしました。本当に許せません。
院内集会に来られた方もいらっしゃいました。本当に申し訳ありませんでした。
それで、経産省前テントひろばとして、経産省へ抗議文を発しました。

◆抗議文

経産省 林幹雄大臣
資源・エネルギー庁 日下部聡長官
同 電力・ガス事業部政策課 吉川徹志課長、東海斗様
                                       2016年4月26日 経産省前テントひろば

院内ヒアリング集会「原発の電気はいやだ!東電の電気はいやだ!どうやって選べばいいの? ~電源構成を明らかにせよ~」の2回連続ドタキャン(土壇場キャンセル)に強く抗議する!
猛省せよ! そして、院内集会に制限を設けるのであれば条件を回答せよ!

本年4月13日に参議院議員会館で計画した表記院内ヒアリング集会を前日夕刻にドタキャンされ、続いて12日夕刻に東さんに出席を確認して22日に延期し他にも拘らず、22日の同院内ヒアリング集会も前日夜にドタキャンされてしまった。
私たちは、これらの政策課の対応に強く抗議する。

特に、経産省前テントひろばが経産省本館正門前で行っている抗議行動において、エネ庁への抗議・申入書の読み上げ、提出を何度も要請したにもかかわらず、貴課は全く応じずに抗議・申入書を投函しろの返事。私たちは、経産省・エネ庁に抗議・申入れをし更にその回答を求めるべく、やむなく参議院議員福島みずほ議員事務所に依頼し、院内ヒアリング集会を準備したのであるから、この2回のドタキャンは全く納得できない。
再度改めて強く抗議するとともに、このような社会常識に反する対応をする官庁が日本に存在することを強く憂える。

さて、貴課が示したドタキャンの理由は次の通りであった。
★4月13日のドタキャンの理由
「国会で経済産業委員会があり、しかるべき人が誰も出席できない」
(但し、実際には同委員会は当日開催されなかった。)
★4月22日のドタキャン理由
「ビデオ撮影がある場合には、責任をもって回答できる管理職で対応させていただくことにしておりますが、管理職の都合がつかない」
「複数の関係課室の担当の都合をつけることができない」

これらの理由は全く納得できない。
私たちが要請した多くの院内集会には、ビデオ撮影(同時配信含む)付で実施され、課長補佐クラスしか出て来ていない。また、2015年6月23日には、私たち経産省前テントひろばが「原発に関する経産省院内交渉」を開催し、該当テーマについて経産省及びエネ庁から課長補佐クラス以下の方々に出席いただき、ビデオ撮影する中で、意見交換をさせていただいた。
これらの院内ヒアリング集会は、出席者のみならず、行政に関心を持ち行政の考えを知りたいが国会にまで来られない多くの人たちにも、行政の考えをしっかりと知ることができる数少ない機会である。院内ヒアリング集会に制限を設ける理由は何もない。

私たちは、以上のように不誠実で不公正な間際のドタキャンをした貴課に猛省を促す。さらに、今後の院内ヒアリング集会に制限を設けるのであればその条件を明確に回答願いたい。
そして、次には必ず出席して誠実に回答することを強く要求する。

■大間原子力発電所建設差止等請求事件における準備書面16を読んで 大賀

4月20日に行われた大間原発建設差し止め・函館裁判で井戸弁護士が陳述した準備書面16について、大賀さん(第一テント)から分析が寄せられましたのでアップします。

■大間原子力発電所建設差止等請求事件における準備書面16(書いたのは河合弁護士)を読んで 大賀

★準備書面では、去る3月9日の大津地裁の仮処分決定と4月6日の福岡高裁宮崎支部の抗告棄却決定について論じられている。
後者の棄却決定について、準備書面16(河合弁護士)の論述を見てみたい。この準備書面が、宮崎支部決定を「社会通念」というキーワドを場面によって都合よく使いまわし、強引に抗告棄却の結論を導いた不当極まりな決定である(p.3)、としているからである。

★まず本書面は、宮崎支部決定が「当該発電用原子炉施設(大間原発のこと)が確保すべき安全性については、(中略)社会通念を基準として判断するほかない」(59頁)とされたことを取り上げて、その認識自体には正しい契機が含まれているとしつつ、これまでの裁判では緩やかな安全性を指す用語として使用されてきた経緯を踏まえて、「社会通念を基準として用いる場合には、その中身を具体的に明らかにしなければならない」と指摘する。

★そのうえで、①原発事故被害の広範性,永続性,深刻さ、②被害想定の巨大さ、③原発に公益性がない事実、④原発を推進しようとしている電力会社,規制官庁,政治家等に対する抜きがたい不信感,世論調査に現れている市民の意思,規制体制の変化等、諸般の事情を総合考慮して、「社会通念」の具体的内容を探求すべきとしている。

★ところが、棄却決定では「社会通念」が、安全性の確保を曲解する目的で、また原発の規制内容に不合理性がないことの理由として、さらに容認可能な危険性(リスク)の範囲であることの論証手段として、不当に使われているのである。

★したがって宮崎支部決定は、「抗告棄却」の結論が先にあって,その結論を導くために,強引な論理展開(というよりも,ほとんど没論理いってよい)せざるを得なかったとし考えられない。そのためのマジックワードが「社会通念」であり,これを都合よく,しかも福島第一原発事故後の法改正趣旨を全く無視して使うことで,予め決めていた結論を導いているのである(p.14~15)、と結論付けている。

★このように、市民社会との接点が希薄な裁判官にとって「社会通念」というのは、市民社会が被った原発事故被害を顧みることなく、原発を推進しようとしている電力会社,規制官庁,政治家等だけを考慮するものとなっている。そこに「市民の意思」が含まれていないことは明らかである。「市民の意思」は諸般の事情を総合考慮して形成されたものであるのだから、少なくとも社会通念を論じる際は、裁判官も世論を判断基準とすべきではないだろうか。
裁判官が世論を知らないままに「社会通念」を使うと、宮崎支部決定のような机上の空論が成立するのである。

★日本の原発をどうすべきか、という世論調査(字頁の図参照)によると、2011年事故以前、増加と現状維持(増+維)が80~63%、減らす(減)が5~21%だった。ところが事故直後の読売新聞調査で56%(増+維)、41%(減)となった。また同年6月以降では今日まで一貫して、10~31%(増+維)と64~77%(減)のように、賛否の数字が変化したのである。
ひと言で言ってしまえば、事故を契機にして原発賛成が7割から2割前後に減少し、2割前後だった原発反対が7割まで増加している。このように、福島原発事故を契機にして、原発を巡る世論(賛否の割合)は完全に逆転したといえる。

★司法への警句として、
福岡高裁宮崎支部の決定は地震の影響を過小評価しているとする住民側の主張を退けた。4月6日の熊本地震は西川知一郎裁判長の不当決定に対する自然からの警告でないか?

4月20日 函館市・大間原発建設差し止め訴訟の報告

4月20日(水)、午後3時から大間原発建設差し止め・函館市裁判が行われました。その報告です。

■第8回口頭弁論 

2時30分に傍聴抽選の締め切りと言われていたので、傍聴希望者はその時間に集まりましたが、裁判所は急きょ、この日の締め切りを2時40分にするとしました。裁判所はそういう勝手をやめてほしいです。次回からは、何時締切にするか知らせるとなりました。
130人くらいが集まり抽選になり、103号法廷はいっぱいになりました。

裁判長が林 俊之判事に代わりました。それで若干の進行協議が行われ、原告側から準備書面14、15、16が提出されていて、そのうち、16を原告・函館市側の代理人の井戸謙一弁護士が陳述してました。裁判官の声も代理人の声も小さく、聞き取りずらかったです。
準備書面は函館市の裁判のホームページに出ています。
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014031100330/
•準備書面(16)(大津地裁の決定と福岡高裁宮崎支部の決定のポイントについて)

その論点について、第一テントの大賀さんが分析をしていますので、後ろにそれを添付します。

井戸弁護士が陳述し終わったのち、次回の裁判の日時について確認して終わりました。

次回裁判期日 2016年 7月14日(木) 第9回 口頭弁論(大法廷での審理)
         10月18日(火) 第10回   〃


■裁判終了後、参議院議員会館101会議室で報告集会が開かれました。
DSCN2079_20160501202355a7a.jpg


集会では①弁護団から裁判の報告(只野靖、大河陽子、中野 宏典)
DSCN2083_20160501202356d24.jpg

大川弁護士は今回から弁護団に加わったそうです。

②大間原発訴訟の会代表 竹田とし子さん「函館地裁での大間原発差止訴訟の新しい動きについて」
DSCN2076_20160501202358976.jpg

③澤井正子さん(原子力情報資料室)のお話「大間フルMOXってなんだ?」

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに