原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

まるで原発反対集会!

6/22 J-POWER第64回株主総会の報告

たんぽぽ舎のメルマガからの転載です。山田さんの報告です。

【まるで原発反対集会】

◎6月22日(水)10時J-POWER第64回株主総会が開催されました。
会場はTKPガーデンシティ品川で入口では大間原発反対のスタンディング、ビラ配り10人位の出迎えがありました。
事業報告、連結計算書類の内容報告の後、質疑応答が始まりました。
8件質問がありましたが、5件は大間原発建設を直ちに止めろと明言した質問でした。
まるで原発反対集会の雰囲気となりました。
それでも壇上に並ぶJ-POWERの北村社長、役員等からは丁寧な回答がなされました。
17人の役員はすべて男性で半民半官的な会社体質が表れているような感じでした。

◎ 軟弱な私は原発反対を明言せずに、
(1)たびたび延期されている大間原発建設コストと稼働後のコスト
(2)再処理等拠出金制度と送電事業における託送料金との関係
(3)経済産業省の行政事業レビューで大間原発への技術開発の補助事業の見直しと廃止検討の3点を質問しました。
 回答では「コストのことは今、公表できない」等と見事に、はぐらかされました。
 しかし、あとに続く他の人の質問でもコストに言及されたり、会場からの「コストのこと答えてください」というヤジというか不規則発言で、これまでの公式発表である建設費4700億円、変更申請時の追加1300億円を述べるにとどまりました。

◎ 新基準対応にどれだけコストがかかるか不明で将来1Kw何円で売るかも未定という回答でした。
函館の株主からは、毎日新聞の記事で「自由に経営判断できるなら、すぐにやめたいくらいだ」とつぶやいたJ-POWERの役員の話も披露されました。
北村社長はすべて取締役会で決定しており、あずかりしらぬことだと答えました。
工事進捗率も、運転開始時期についても公表できないとのことです。

大間町で配られているニューポケットという小冊子の被ばく量にたいする質問。
大間役場移転、商工会などの費用。抱えている裁判の質問。原発関連質問は多く続きます。
冒頭から原発は即刻辞めて頂きたいと発言を始めた株主もいました。
沸き起こる拍手に議長も少し渋い顔。
・川内原発しか動いてないが電気は足りている、安定供給のためには原発はいらない。
・ドイツでは東電福島第一原発事故の後、原発はやめると決定した。
・住民の理解を得られていない、避難対策もできてない。函館住民の反対。
・再生可能エネルギーで太陽光を採用しない理由。被ばくの問題。核燃サイクルの破たん。などなど。

◎ 私は予定していた「再処理、高レベル放射性廃棄物処分とガラス固化体」、「トリチウムの危険性と対策」についての質問する機会を失いました。
それでもJ-POWERは原発技術は必要、2030年原発20%が妥当、福島事故を踏まえて慎重に安全には十分に金をかけて対処するという答えでした。


(報告:山田 たんぽぽ舎メルマガより転載)

6.22電源開発株主総会スタンディングデモ

電源開発(株)の株主総会は6月22日(水)10時からTKPガーデンシティ品川で行われました。会場の敷地内には入れないので、歩道で9時から10時までチラシ配りを行いました。
今回はバナー等を吊るすスペースもなかったので、「大間原発建設に反対してください!」などと言いながら、ひたすらちらしを配りました。参加者の方がたも早めに見える方が多く、持って行ったちらし100部はすべて配布しました。自分から手を出して受け取ってくださる方もいて、株主の皆さんの関心の高さが伺われました。

雨も大してふらず、よかったです。こちら側の参加者は10名程度。初めての方もいらっしゃいました。
反原発運動をしている、わたしたちにも顔なじみの方が数人、株主として総会に参加されました。総会の模様については、7月14日の函館市大間原発裁判の裁判報告集会でその方がたに報告していただく予定です。

また、参加者のひとり、山田武さんがたんぽぽ舎のメルマガNo.2814(6月23日付け)に「J-POWER株主総会での質疑応答」というタイトルで総会の模様を報告してくれています。
「まるで原発反対集会」「沸き起こる拍手に議長も少し渋い顔」「大間原発建設コストと稼働後のコスト」の質問に「コストのことは今、好評できない」と回答」と興味深い内容です。
https://bay180.mail.live.com/?tid=cmbmlrWkA55hGQi9idZ1x5_A2&fid=flinbox

(報告:あっきい)

サンバ・ナ・フアのうらんさんからの報告とお礼

6月19日はサンバ・ナ・フアLive at 反原発美術館、素晴らしい場所、素晴らしい作品の前で演奏させていただき、ありがとうございました。
第二テントのみなさまには沖縄県民大会に連帯した国会前大行動、そのほか様々にお忙しい中でお力を貸していただき、大変にありがとうございました


93ff104fa3e18d51932562265dca36f7796ce4a4std[1]


822c81375b382d6b316e7add2199a4bf75e21421std[1]

ツイキャス中継は総視聴者数285人、最大同時視聴者数36人でした。
見に来る予定でいたけれど、安倍が吉祥寺で街宣することになって急遽「帰れ」コールしに行った人も何人かいたようです。
抗議行動に足を運んだことのない人に来てほしい、という希望はあまり実現しませんでしたが、ネット上の告知やチラシやこれからアップする動画などが、テントひろばのことを知ってもらうきっかけになればと思います。

動画の方はYoutubeに公開いたしますが、ただ、月末まで仕事で多忙なため、少し先になるかも知れません。公開次第、またご連絡させていただきます。

写真29枚を下記にアップしました、ブログ記事などにご利用下さいませ。(ダウンロード期限7月20日)
(↓頭にhを追加してください)
ttp://firestorage.jp/photo/5ffbb8fa022d834f67a9bba070eb6092f2fafcf5
スマホやタブレットの場合は、左上のアイコンをタップすると一覧が表示されます。

ブラジルでは、サンバは全身白い衣装が基本で、また今回は反原発美術館の絵を邪魔しないよう、サンバ・ナ・フアも白い服で統一しました。

今回、たった1時間ですけれども、テントの中で演奏させていただき、1700日以上も暑い日も寒い日もテントひろばを維持し続けるみなさまの苦労がどんなものか、わずかながら体感いたしました…
これから夏に向かって、参院選都知事選、伊方原発の再稼働も7月26日ごろとのこと、ますます厳しい季節となりますが、どうぞおからだご自愛くださいませ。 うらん

(報告と写真:サンバ・ナ・フア うらんさん)

6/19 サンバ・ナ・フア Live @反原発美術館!

6月19日、経産省前テントひろばの反原発美術館内(第二テント)で、初のライブ・ベントが行われました!

この日は昼間は「怒りと悲しみの沖縄県民大会に呼応する『命と平和のための6.19大行動』」が国会前で、1万人で闘われました。
▼ライブの前 賑わうテントひろば
13495007_272664283084753_4247939850558855467_n.jpg

官邸前&国会前などの抗議活動でおなじみ、サンバ・ナ・フア(「路上のサンバ」の意)のメンバーの皆さんが、午後4時30分から、第二テント(反原発美術館)でライブを行ってくださいました

▼演奏するサンバ・ナ・フアのメンバー
9c6af16c3727ea8540ece8994416bc15f97f186bstd[1]

初披露の新曲やこの日国会前で行われていた沖縄の抗議活動に連帯する歌など、約1時間のライブ。心地よいサンバの音色が響き渡りました。


ライブの後は、反原発美術館コーディネーターによる、ギャラリートーク。反原発美術館が設立された経緯や各作品の解説がありました。

▼早川監督とのトーク 
a249782ebe3a1a592ae9b024d5e8cb8fdee43030std.jpg

素晴らしい演奏をしてくださったサンバ・ナ・フアさん、ご来場いただいたたくさんの皆様、どうもありがとうございました!


この日のサンバ・ナ・フアの演奏等については、早川由美子監督の反原発美術館のFacebookにありますので、ご覧ください。
https://m.facebook.com/antinuketent2015/

(報告:早川さん 写真:早川さん うらんさん)

6/10(金)のテントひろば前

★毒山凡太郎さんの「経済産業省第四分館」の展覧会は「6月9日から開催。それで、6月10日の「官邸前・金曜日行動」は大賑わいでした。
毎週金曜日に行っているテントの経産省への抗議(5時~6時)のあと、ある者は官邸前抗議行動に合流、またある者はテントひろばで交歓。テント前はにぎやかでした。官邸前行動が終わってから、20時から、反原発美術館(第二テント)内にて、毒山さんと渕上さんのトークショーが行われました。

DSCN2287.jpg

DSCN2288.jpg

DSCN2304.jpg

★毒山展は、連日多くのみなさんが来場され、150名あまりのお客さんが来られました。
好評につき、6月15日まで延長になりました。
テントひろばを知らない若い人たちが来て、ワイワイと盛り上がり、「またやろう」なんと言っているというのはすごく楽しいことです。

DSCN2301.jpg

★「経済産業省第四分館」というのに、いろんな人がいろいろとびっくりしたようです。
特に、反原発美術館の入口に、本物そっくりの「建築計画のお知らせ」が掲示されたのを見て、ある人は経産省がまたなんかテント追い出し措置をとったのかと思い、また、経産省の役人自身はビデオを持ってやってきて、「なにをしようと言うのか、<テントの形状>を変えるようなことをしてはいけない」と言ってきたりしたようです。


(報告と写真: あれこれ屋)

毒山展 「経済産業省第四分館」6/9~6/15 若い人たちでにぎわう

★毒山展とは?

ClYCexDVYAAyUtc[1]

「経済産業省第四分館」と名付けられた展示は、毒山さんがテントに通いをして、主に第一テントの泊まり番をされている方々と話し合って、第二テントの場所を快適な活動空間&居住空間にすることができないか?と、「第四分館」建設計画をする、という仮説をアートで表現した内容です。

DSCN2307.jpg

ClYCe-bVYAEPrYD[1]

6月9日から15日にかけて、福島出身のアーティスト、毒山凡太朗さんによる展示「経済産業省第四分館」が、反原発美術館で開催されました。

ClYCfqkVYAU0u9v[1]
▲製作中の毒山さん

★毒山さんは、この展示のために経産省前テントひろばに通い、主にテントの当番をされている方々にここでの活動を聞いて、それをもとに作品の構想を考えたそうです。

「経済産業省第四分館」と名付けられたその作品は、原発に反対するため、夏も冬も過酷な状況でテントで抗議を続ける人たちが、少しでも快適な環境を作るには?と考え、経済産業省の本館にも負けないような、立派な「第四分館」を建設してしまおう!というコンセプトの作品です。

反原発美術館の入口には、本物そっくりの「建築計画のお知らせ」が掲示され、美術館の中には、泊まり番の人たちの意見をもとに作り上げた第四分館の精巧な模型が展示されています。

ClYDHNEUgAEGLx9[1]

展示は、好評につき、会期を2日間延長して開催されました。

毒山凡太朗さん、企画者の居原田はるかさん、たくさんのご来場いただいた皆様、ありがとうございました!


(報告と写真: 早川由美子監督)

6月19日サンバ・ナ・フアLIVEat反原発美術館

6月19日(日)は14時から「怒りと悲しみの沖縄県民大会に呼応する命と平和のための6.19大行動 国会正門前」です。

同時にこの日は、沖縄抗議行動ののち、第二テント(原発美術館)で「サンバ・ナ・ファLIVE」が行われる日です。皆さんぜひ集まってください。

●演奏ステージは第二テント突き当り、井上ヤスミチさんの絵の前

16:30 ライブ開始
17:25 ライブ終了、MC用マイク×1のみ残し、演奏者はける
17:30 早川様ギャラリートーク開始(30分程度)
~その後お客様は美術館を自由見学


20160525180744694[1]


201605251807455c6[2]

6月3日 院内集会のあと、経産省前で抗議行動

6月3日(金)5時~6時まで、経産省前で抗議行動を行いました。
この日の抗議行動は、その前段に行われた院内集会の報告を中心に行われました。司会は高瀬さん。


DSCN2263.jpg

まず、淵上さんが院内集会でつくづく感じた経産省などの役人の「原発の安全」についての考え方、捉え方がちがうということを述べました。
「居並ぶ役人たちは、基本的に、全部どっかに書いてあるものを読んでいる。例えば、「安全」「安全性」は彼らにとって枕詞に過ぎない。何よりも安全が大事と言うことではない。「経済問題もあります。両方を(天秤にかけて)考えて、安全性を前提にして稼働します」と言う。安全は、第二、第三の課題に過ぎない。そのうえ、川内原発の免震重要棟をつくらずに稼働したことに見られるように著しい手抜きをしている。福島原発事故から5年たってもそういう状況だ。
経産省は原発を指導している。経産省の役人が計画を立てて進んでいるのに責任をとらない。経済優先、経済が大事ということで処理されている。私たちのとらえる安全とは根本的に違うということをしみじみと感じた」と。
DSCN2253.jpg

DSCN2257.jpg


藤原さんは「福一の3号機は核爆発をしたのだ。そのことが重大
それなのに東電は『水素爆発にしておきましょう」と言っている。経産省も規制委員会もその見解を踏襲している。爆発についての原因究明をしてない。しかし、彼らの報告書に「3号機の再臨界問題については、使用済核燃料プールについてよく分析・検討して、その中身をあとから解明しよう」などといっている。爆発問題、再臨界をあとまわしにしている。許せない」と。

堀口さんは「もんじゅ」の問題について発言。
純度の高いプルトニウムを抽出する目的でもんじゅは動かないまま、今日まで維持されている。そのこと自体もおかしいが、なぜ純度の高いプルトニウムが必要なのか。これは核爆弾と不可分だ。もんじゅは全く不要だ。すぐやめよ」と。

DSCN2264.jpg

最後に黒田節子さん(福島の女たち)が発言。「子どもたちの甲状腺がんは166人に上っている。当時19歳以下の子どもたちで、19歳以上はどうなのか、大人はどうなのか。追跡も公表もされてない。
毎日、安全安心がキャンペーンされている。最近も高校生が部活で、公園の掃除をさせられている映像が写された。遊具のあるところは0.17ミリシーベルトだったが端の方は0.6ミリシーベトの数値を示していた。
国道6号線でオリンピック聖火ランナーを走らせようという動きもある。
福島県の8割くらいの小中学校では放射線管理区域と同じくらいの放射線量だ。そういう中で子どもたち暮らしている。子どもたちを避難させることだ。チェルノブイリ法で即時に避難させたチェルノブイリでは、28年たった今でも異常が出ている。
福島のことを知っていたら、再稼働はありえない。許せない。あきらめないで闘いましょう。」と。

(まとめと写真:あれこれ屋)

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに