原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

お知らせ 8/6 A3BC版画ワークショップ『絵はだれでも描ける』 第二テントで ご参加を

下記の要領で、反戦・反核・版画コレクティブを行います。楽しそうです。ご参加ください。

日時:8月6日(土)13:00~
場所:経産省前テントひろば・反原発美術館(第二テント)
参加費無料・雨天決行
制作サポート:反戦・反核・版画コレクティブ
 

 ※当日は厳しい暑さが予想されます。会場でも飲み物などを用意いたしますが、暑さ   対策のご準備をお願いいたします。
 ※汚れてもいい服装またはエプロンをご用意ください。

今回の版画ワークショップでは《原爆の図》の軌跡を通して、絵画と社会の関係や共同制作の可能性について、参加の皆さんと話をし、実際に反核・反戦の版画を共同制作します。

★終戦から5年目の1950年、連合国軍占領下で原爆に関する情報が検閲される中、日本アンデパンダン展で《8月6日》と題された縦1.8m、横7.2mの大作が発表され波紋を呼びました。丸木位里・丸木俊(赤松俊子)が広島に原爆が投下された直後の、爆心地に向かう途中だった勤労奉仕隊の女性たちの姿を、共同で描いた作品です。
 その後、作品は《原爆の図》第1部『幽霊』と題名を変え、《原爆の図》絵巻は、1982年の第15部『長崎』まで、32年間にわたって描き続けられました。

★《8月6日》発表から2年後の1952年、サンフランシスコ講和条約発効によって、「沖縄を除く本土」は占領を解かれ、『アサヒグラフ』8月6日号に原爆被害の生々しい写真が特集されました。それまで検閲され人々の見ることのなかった原爆の現実を切り取った写真が、マスメディアによって社会に広まり、その悲惨さを多くの人が知ることになってもなお、なぜ二人は《原爆の図》を描き続けたのでしょうか。
また、丸木位里・丸木俊は二人にしか描けないような作品を次々と描きながらも、二人は「絵は誰でも描ける」と言い続けています。

完成した作品は、反原発美術館にて展示いたします。

7.14函館市・大間原発裁判第9回口頭弁論・裁判報告集会

函館市の提訴している大間原発建設差し止め裁判の第9回口頭弁論が2016年7月14日(木)午後3時から東京地裁103号法廷(大法廷)で行われた。参議院選挙が終わったばかりだが、14日は東京都知事選の公示日で、傍聴券のために並ぶ人もいつもより少なかった。並んでも法廷に入れなかったのは10人程度だったようだ。
法廷では原告側から準備書面(17)「火山の影響の想定誤りによる危険性」が提出され、中野宏典弁護士がパワーポイントを使って説明した。
被告側からは第6準備書面「本案前の主張に対する反論」が提出された。口頭弁論はxxxx時に終了した。

午後4時からは参議院議員会館講堂で裁判報告集会が開かれた。主催は大間原発に反対する関東の会。参加者はスタッフも含めて約80名。いつもより少なかったが、内容的には充実していたと思う。

DSCN2427.jpg
▲司会の寺崎さん

<裁判報告会配布資料>
・準備書面(17)(予定)より以下を抜粋したもの:
目次、
第1 はじめに(1.火山事象と新規制基準、2.火山ガイドが求める評価の流れ、3.本準備書面の内容、
第2 火山の抽出に関する火山ガイドの不合理性、
第5 結語
・「今年も行ってきました株主総会へ」(大場一雄)

弁護団の先生方が進行協議のため、開会までに見えなかったので、大間原発訴訟の会代表、竹田とし子さんから7月20日に行われた第20回口頭弁論の報告を含め、函館からの近況報告があった。

DSCN2428.jpg
▲竹田とし子さん

弁護団からは中野宏典弁護士、甫守一樹弁護士が来てくださった。
中野弁護士が法廷で行ったプレゼンテーションを再度、行った。

DSCN2429.jpg

DSCN2430.jpg

(プレゼン資料)「準備書面(17)に関する補足説明 ~火山事象による大間原発の危険性」
I.はじめに 前提知識
II. 立地評価の問題 ー火山の抽出
III. 影響評価の問題① 最大層厚
IV. 影響評価の問題② 大気中濃度
V. まとめ
▶立地評価
①火山ガイドの定めは「確立された国際的な基準」を踏まえたものとなっていない。
→ 原基法2条2項、設置法1条、炉基法43条の3の8第2項、43条の3の6第1項4号に違反。

②仮に①が言えないとしても、電源開発の申請書に記載された火山の抽出は、火山ガイドに反しており、このまま設置変更許可がなされれば看過し難い過誤・欠落に該当する。

③適切に火山を抽出すれば、「銭亀カルデラ」については個別評価すべきであり、火砕物密度流が本件原発に到来する可能性がある → 立地不適。

▶影響評価
① 最大層厚について、風向・風力を考慮したシミュレーションを行なっていないため、適切な想定となっていない。適切に想定すれば、30cmという想定を大幅に上回る100cmを超える降下火砕物が積もる可能性が否定できない。 

②ヘイマランドでの実測値はi 層厚0.5cm未満の場所で、 ii PM10測定器を用いた iii 再飛散値であり、実際の大気中火山灰濃度は、想定の3,241µg/m3を上回る可能性があるが、大気中濃度の計算根拠を明らかにしていない。

*進行係のミスで弁護士の先生に対する質問の時間をとることを忘れてしまったことをおわびしておく。
*裁判所提出書類はいずれも、函館市役所トップページにある「函館市は大間原子力発電所建設の無期限凍結を求めています」という緑色のバナーをクリックすると、「大間原発の建設凍結のための提訴について」というページになります。工藤市長の写真の右側の項目、2段目「大間原発に関わる主な経過」をクリックすると、これまでの口頭弁論についての一覧があります。7月14日提出の書面もすでにアップされています。

次に6月22日に開催された電源開発(株)の株主総会に参加した3名の方から報告があった。株主総会でのやりとりについて函館市の大場さん(報告集会不参加)から報告をまとめていただいたので、資料として配布した(*下記にその中から大間原発に関する質疑応答の箇所のみを引用しておく)。

DSCN2436.jpg

一定数の株主がまとまると株主提案も出来るが、電源開発の場合は反原発の立場から参加している方はまだ少数なので、それが出来ないので残念との発言があった。株式購入は100株単位で、電源開発の場合は239、400円からになるとのことだった。
当会では、当日9時から10時まで、会場のTKPガーデンシティ品川の敷地入口付近でちらしの配布を行ったが、受け取りはよかった。

最後にあさこハウスを応援する永井さんから今年、あさこハウスを訪ねたときの報告があった。今回、小笠原厚子さんは見えなかったが、永井さんの詳細な報告によって多数の動物たちと元気に暮らしている小笠原さんの様子を知ることが出来てよかった。

先日の参議院議員選挙で再選を果たした福島みずほさんも途中から出席してくださった。福島事務所には会場の予約等でいつもお世話になっている。福島さんにはこれからも国会で市民の立場に立った鋭い質問をしてほしいと思う。
函館選出の衆議院議員逢坂誠二さんも集会始めから、途中まで参加してくださった。

次回口頭弁論は10月18日午後3時からとなった。
毎月熊谷あさ子さんの月命日前後に行っている東銀座の電源開発本社前スタンディングデモは今月はお休み、8月は19日(金)に行う予定。

*参考資料 <電源開発株主総会の報告(大場さん)から大間原発関連の質疑応答の抜粋>
no600(質問者の番号、以下同じ) 
① 大間原発のコストはこれからいくらかかるか。何年後に利益がでるか。
② 再処理拠出金は
③ 経産省の行政レビューの影響は。
永島副社長
①大間原発は必要な発電所と考えている。工事費は追加を含めて精査中。原価はひかえる。
②再処理を着実に行うためにできた。役割分担の議論を見守ってゆく。
③フルMOX補助金の見直し。フルMOX技術開発で補助金を受けている。大間原発への影響はないと考えている。
no588
①大間原発は地域の理解が得られていない。函館市も提訴。中止すべき。
②コスト。安全対策もいれると1kw200円という試算もある。
③再生可能エネルギーの項。太陽光のことが一つも書かれていない。
永島副社長
①安全対策の観点から中止を、とのことだが、資源の少ない日本では重要な電源。温暖化対応。エネルギー基本計画でもベースロード電源。フクシマの教訓をふまえて、新規制基準や最新の知見で安全な発電所をつくる。
②耐震、テロ等、しっかり対策する。国からも確認を受ける。競争力がないのではとのことだが、国の試算によると他の電源と遜色ない。函館市については、HPでの公開、適時情報提供、説明をさせていただく。
内山副社長
③再生可能エネルギー、いろいろ取り組んでいる。風力中心に取り組む。
No318
①安定供給というが、川内原発が稼働してはいるが他の原発が動かなくても電力は不足していない。
②大間原発の進捗率は。コストを答えられないのか。
永島副社長
①資源の少ない日本で~。温暖化にも有効。プルトニウムを使うサイクルの中核を担う。
②進捗率とのことだが、運転開始が未定。現在、規制委員会で審査中、内容が確定していないので、公表していない。
No357
①大間原発に反対。即刻やめていただきたい。人間が処することができないもの。
北村社長
①フクシマをみれば不安を理解できる。教訓、反省を活かして新たな安全を考え、継続できるかが問われている。エネルギー自給率が1割に満たない。石炭、石油も輸入。風力、太陽光を増やしていこうとしている。トラブル、故障がないとは言えない。災害も被害を受けることがわかった。大きく放射能を拡げてしまわないようにしないといけない。これば、新基準でもあり、事業者が取り組まねばならぬこと。
当社の技術陣がフクシマのようなことはやりませんと言ったら、やめた方がいいと思う。コントロールが大変。万が一失敗したらフクシマになる。こわいと痛感した。
対策を、一次的、二次的、~5次的対策と深めていって、人類共通の利益とするよう頑張っている。
No20
①役員が「大間原発はやめられるならやめたい」と発言した。理由は費用。大間原発建設費の他に、大間町役場新庁舎建設の補助、大間町商工会の新会館建設費の補助なども求められている。これまでにいくらかかっているか。
②『にゅうぽけっと』に「被曝線量の低い発電所の建設」と書かれている。いつ、だれが、どれだけ被爆するのか。
③昨年、裁判の数をきいたが答えなかったので、その後文書で質問した。大間原発に関わる2件と回答がきたが、全ての裁判の開示を求めている。
渡辺副社長
③有価証券報告書に記載している。
(会場から)
(他にないのか聞いている)。
浦島常務
②安全な発電所に取り組む。法令の年間1ミリを下回る。
北村社長
①「やめられるものならやめたい」と言ったと報道されている。役員全員が、審議し、意見を出して意思決定をしている。大間原発は役員全員がその必要性を認識し、新基準を守ってつくり、動かしていく。あの記事は、全くあずかり知らぬこと。私としては~。

(まとめ:あっきい、写真:あれこれ屋)

7/11 伊方原発再稼働を許さない伊方・福島の共同行動 その二

菅直人元首相との面談へ。

日比谷公園で一息ついた後、タクシーに分乗して衆議院会館へ行き、菅直人元首相と懇談しました。私たちの側は最終的には24人にまでふえた。

I菅直人

伊方の堀内さんを中心に要請と事情の説明、福島からもテントからも発言があり、その一つ一つに菅さんはフレンドリーな態度で答えた。大変に気持ちのよい対談だった。

▼総務局・内閣官房の入口で、警備責任者に要請書を手渡す

a href="http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/img/2016071810241886d.jpeg/" target="_blank">I再度経産省 (2)

総務局・内閣官房へ移動し、伊方と福島から要請書を渡したいと電話で申し入れると、警備責任者が出てきて、『確実に届けます』とにこやかに受け取ってくれた。

▼内閣官房のところで要請書手渡しを報告する堀内さん

IMG_1220.jpeg

再度、経産省に行く

そこから、再度、経産省に向かう。朝の交渉ではラチが開かなかったので再度申し入れると、経産省は「担当は、資源エネルギー庁で、そこは分室の方なのでそっちに(いわゆる裏側)行けと言う。
 女たちは粘り強く、「裏」で再び電話で申し入れると、郵送以外受け取らないと、朝と同じ答え。時間がないので要請書は郵便受けに入れて次へ行こうと、封筒に封をして宛名と差出人を記入、資源エネルギー庁の郵便受けを探したが見つからない。

I再度経産省 (1)
▲経産省の態度にどうするか検討する

経産省、資源エネルギー庁の役人の態度は横暴 

建物の中にあるのだろうと、聞こうとすると、警備員の態度が非常に悪く、門の前に立って話しかけるだけでどけ!と怒鳴りつけてくる。なんという態度か。
 もう一度電話で連絡を取ったが、何が何でもポストに入れろと言う。しまいに電話を向こうから勝手に切ってしまった。

遠くから自腹で交通費を使って要請書を届けにきた人間に対して、たった5分歩いてとりにくることができない役人とはなんなのか。忙しいのなら警備の人に持っていってもらえば済むこと、内閣官房でできることが経産省はなぜできない、と、皆激怒。
四国電力前の行動に行く時間が迫ってきており、仕方なく、要請書を渡せぬまま出発。

地下鉄で、四国電力前へ

四国電力前行動は本日は各地から人が集まってきていて人数多く(100人位)、盛り上がった。福島の女たちはここでも太鼓を叩いてアピールした。

朝から晩までの行動をやり続けた。

(報告と写真:橋ゆき)

7月11日、伊方原発再稼働を許さない伊方・福島の共同行動 その一

伊方原発再稼働が7月末と言われる中で、「原発再稼働阻止、福島を忘れるな」という趣旨で「伊方原発50km圏内住民有志の会」(堀内美鈴)と「原発いらない福島の女たち」(黒田節子) が中心になって、各方面に呼びかけ、東京での抗議行動が持たれました。約50名で行いました。
前日に参議院議員選挙があり、くやしい結果だったので、むしろ。頑張らないと気持を引きしてめた行動になりました。

 【この行動は三輪さんのユープランに出ています。20160711 UPLAN】

10時、経産省前テントひろばに集合して、簡単な集会
とりあえず、福島選挙区では、自民党の岩城が落選してほっとしたが愛媛では原発推進の山本が当選して悔しいということが出されました。たたかうのみです。
この日は11日行動として、愛媛の伊方原発のゲート前抗議行動が行われていました。

DSCN2383.jpg

朝10時30分 経産省へ抗議の申し入れ 

経産省に対しては、愛媛、福島からそれぞれ、7月11日に申し入れに行くので会って要請文を手渡したいということを電話やFAXで伝えたのに対して、「要請文は郵送せよ、それ以外は受け取らない」などという傲慢な回答をしました。

DSCN2392.jpg

DSCN2395.jpg
▲電話で交渉する堀内さん

それで、直接手渡したいと、当日に経産省に出向きましたが、担当者は出てこず、警備に対して、こちら側の意思を伝え、「部屋が用意できないなら、この門のところでもいいから」と丁寧に申し入れましたが経産省は申し入れ書を受け取ることも拒否しました。

愛媛の堀内さんは、電話口に出た経産省の役人に対して、実に根気よく申し入れの趣旨を伝えました。
堀内さんは「私たちは伊方原発再稼働許さないという請願にきた。行政は住民の請願は受けるの当然で、私たちは地元で、県庁に対して、伊方町に対して等々、請願の申し入れをしてきた。そのとき、行政は断ったり、会わないということはなかった。それは当然なのだ。それなの経産省は請願を受け付けないという。それはあまりにおかしいし、理解できない不思議な態度だ。そういうことは通用しない。」ということを丁寧に言いましたが経産省は受け入れようとはしませんでした。それで、電話での交渉はいったん止め、午後にもう一度来ることを通告し、持ってきた申し入れ文を読み上げて閉じました。
 行政が、しかも国の機関が請願を受け付けないなどと言うことは許されないことです。本当に傲慢な態度です。

堀内さんや黒田さんが経産省と交渉している間、福島から来られた武藤類子さんはじめ、愛媛の人、東京への避難者などが次々とマイクをとって、福島の現状の報告や抗議をしました。

DSCN2406.jpg

▲経産省抗議行動の最後に、福島の大河原さんが抗議文を読みあげました。

新橋駅前で街宣・アピール

 経産省との交渉にかなりの時間を費やし、駅頭街宣は、当初は、新橋駅→浜松町駅→田町駅で行う予定でしたが、新橋駅だけとなりました。ここでもビラを配り、次々にアピールを行いました。ものすごい炎天下でしたが頑張りました。

DSCN2414.jpg

DSCN2412_20160717210214e2b.jpg

日比谷公園内のグリーンハウスでランチと交流

DSCN2422.jpg

(報告と写真:あれこれ屋)

至急のお知らせ二つ 7/7七夕イベントと7/11福島の女たちと伊方の女たちの共同アクション

■七夕イベントについて

今年は7月7日(木)に七夕イベントを行いまず。
青竹の笹は、7/1の金曜行動のとき、「ふうけいあそびのFさん」がテントに持ってきてくださいました。ですから、もう飾ってあります。その日から、みなさんに短冊を書いてもらい、つるし始めました。テントに来られたら書いて笹に付けてください。


・七夕イベントは午後6時過ぎから行います。
 当日は浦邉力さんの「霞が関の中心で愛を叫ぶ」のライブの日なので一緒に、にぎやかにやります。 
 なお、当日は、第二テントのHさんと乱さんが「そうめん」を出してくれます。


・みなさん、ぜひお越しください。選挙活動をしている方も、街頭行動のあと、寄ってみてください。

■ 7.11(月)、愛媛の女たちと「原発いらない福島の女たち」で、伊方原発再稼働許さ な い!共同アクション
東京で行います。
>

 当日は伊方のゲート前で抗議集会がありますが、現地と連動し、東京でもやろう!という計画です。
 たちのネットワークをおだやかに紡ぎながら、今できることはすべてやっていき!再稼 働絶対許さない!という意気込みです。

 ★7月11日の行動の流れ(予定)
  10:00 経産省前テント広場集合、小集会
 10:30~12:30  経産省、内閣府へ申し入れ & 門前集会
 13:00~15:30   ランチタイム交流会(日比谷公園内「グリーンサロン」)
 15:30~16:00 菅直人事務所訪問
 16:00~18:30  街頭アピール(新橋駅前→浜松町駅前)
 18:30~ 四電東京支社抗議行動へ合流

ぜひご参加ください。よろしくお願いします。

6月29日 新・もんじゅ訴訟 第3回口頭弁論傍聴報告

■裁判の傍聴

6月29日 新・もんじゅ訴訟 第3回口頭弁論傍聴してきましたので報告します。
裁判所前の前段集会の最後の方にやっと間に合って海渡弁護士の話だけ聞きました。
今日は厳しく追及するつもりだけれど、野次などは控えてとのこと。
原告はもんじゅから250㌔圏内の人たち105名
あえて東京地裁に提訴したのでなかなか傍聴に来られないとのことで抽選なしで入れました。


▼裁判所前の前段集会
DSC03469 (640x411)

判では、裁判長は被告に準備書面に証拠を添えるように伝えたが、なかなかはっきりせず、次回までということになり、引き延ばしを考えているように見えました。
裁判長の声ははっきり聞こえましたが、被告が言っていることはほとんど聞き取れませんでした。

第4回口頭弁論が9月7日14時15分から103法廷に決まりました。

■報告会(参議院議員会館)では
▼報告集会の様子
DSC03470 (640x450)

大阪の方:規制委員会の勧告が出てもんじゅは終わりかと思ったがきびしい。
若狭の中嶌哲演さん:福井県だけの問題ではないので東京地裁からスタートほしいとお願いした。
文科省・原子力研究開発機構・原子力規制委員会は々穴のむじなだ。

もんじゅは超危険・超浪費・反平和であるみんなで変えなくてはいけないと話しました。
原告が遠いのでなかなか傍聴に来られないので関東の人に是非来てほしいとのことでした。
次回9月7日の裁判にはぜひご参加を!

■裁判に来られた、名古屋、岐阜、三重、京都の方たちが、議員会館での報告会に参加されるまでの時間、テントに寄られて、お昼の食事をされました。にぎやかでした。テントに初めて来られた方もいらっしゃいました。

(報告と写真:ぬーさん)

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに