原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

大間原発反対現地集会報告(その二) 

たんぽぽ舎ブログより 山田報告を補足したもの

●6月15日(土)、
○映画「六ヶ所村ラプソディー」出演の菊川慶子さんが営む「花とハーブ園で歓談。(ここが宿泊施設)

Kikukawa.jpg
▲菊川慶子さん

○大MAGROCK 反核ロックフェスティバル 1日目
・ちだ原人NUTS、制服向上委員会~PANTA等出演。

大magrock
▲制服向上委員会

○大間温泉での食事会(原子力資料情報室 澤井正子さん、大間原発訴訟の会、函館の野村保子さん、「空想の森」の田代陽子監督)
○夜、大間町総合開発センターで「なぜ私たちは大間原発に反対するのか」の講演集会 鎌田慧さん講演、山下知徳さん(青森で金曜行動)ライブ、中野宏典弁護士(歌って踊れる弁護士・大間原発訴訟弁護団)の話とライブ、小笠原厚子さんも檀上に。

佐藤亮一さん
▲佐藤亮一さん発言

鎌田さんと厚子さん
▲鎌田さんと小笠原さん

中野弁護士
▲中野宏典弁護士歌う

6月16日(日)、大MAGROCK 反核ロックフェスティバル 2日目
○FRYING DUTCHMANなどが出演、
○大間原発反対現地集会、大間町デモ(町役場前を通りフェリー乗り場まで)
 大間町の佐藤了一さん、澤井正子さん等の各代表がスピーチ。
○澤井正子さん(原子力資料情報室)の発言 
「建設中の建屋が見えるこの至近距離で反対する声を挙げている。こういうことはめずらしいことです。熊谷あさ子さん、小笠原さんの闘い、函館の人たちの闘い、私たちは長年の闘いを未来の世代につなげていこう。
 東京電力にあの原発事故とを収束できるかもわからない。本当に4号機の核燃料がブールから取り出せるのか、解けた核燃料をだせるのかどうかもわからないのが現実。燃料を早く出せとか言うことはそれだけでヒバク労働者をつくれということになってします。これは原発の矛盾そのものです。
大間はフルMOXで六ヶ所再処理工場が生み出すプロトニウムのただの焼却炉です。ここの電気を誰も期待なんかしていない。
来年は大間原発をとめたという勝利集会をやりたいと思います。」


澤井さん
▲澤井さん
○鳴り物入りで大間町をデモコール。

たんぽぽ舎
▲たんぽぽ舎の旗

○あさこはうすで小笠原厚子さんと歓談

あさこはうす裏側
▲あさこはうす裏

目の前に施設建設中
▲目の前に建設中の原発施設

あさこはうすの中
▲訪問者と話す小笠原厚子さん

あさこ玄関前
▲たんぽぽ あさこはうす前で歓談(6/17)

■あさこはうす関連の補足コメント(たま)
 「あさこはうす支援プロジェクトは着実に進んでいますがなお課題は多く、支援カンパと同時に人手、道具も必要です。
 小笠原さん親子は函館北斗市からフェリーで往き来しています。大間埠頭からあさこはうす迄は自転車です。車があれば随分仕事がはかどるでしょう。
 自給自足の、中でも大切な屋根上の太陽電池が故障で修理か取り替えが必要です。
 広い土地は雑草は元気よく、でも草刈機も壊れています。他にもいろいろあります。

■新聞報道(6月17日付 デーリー東北)
 ◆大間原発建設中止求め現地で反対集会・・・・・大間町に建設中の大間原発をめぐる反対現地集会が16日、原発の敷地に隣接する民有地で開かれた。全国各地から約500人が集まり、建設中止を求める行動をさらに強化することを申し合わせた。
 建設に反対する3団体の呼び掛けで2008年から開かれており今回で6回目。会場となった民有地は「大間原発に反対する地主の会」が所有している。[写真]大間原発の建設中止を目標に、反対運動の強化を申し合わせた現地集会=16日、大間町の大間原発隣接地

(報告:たんぽぽ舎YAMA、写真:YAMA、あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/102-09a278be

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに