原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

「第二テント日直だより」第12便

「第二テント日直だより」第12便をお届けします。
暑いです。
週末を中心に同じ日にいくつものデモや集会がありますね、
ハシゴしてまわるかたも、一点集中型のかたも、霞ヶ関周辺に
来られる時は、テントひろばでひと休み!(0.k)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・


6月10日(月)
早稲田大学院生で、マスメディアを専攻している中国人の女性がテントの取材に来る。
トイレを借りに経産省に行った。
ガードマンが、黄緑の反原発バッヂ(No nuke in japan)がハンドバッグについているのを見とがめ、
何のバッヂかと聞き、反原発バッヂだと答えたらとってくれと言う。
一応とった。
帰りに再度聞いた。
反原発バッヂだとなぜ取らなくてはいけないのか、他のバッヂだったらいいのか、ときいたら、いい、と応えた。
(たとえば、スーツの衿にオリンピック推進バッヂをしているのはOK)
何がいけないのか、と聞くと、企画課に聞いてくれという。
「でも、あなた(警備員)は帝警の会社の人なので、経産省の役人に直接指示されたら、
それは法律違反(派遣法ー偽装請負)ですよ。」というと、そんなことわからない、という。
国の機関が、賛成、反対の思想を問うのはおかしいとは思いませんかといってやめた。
【あれこれ屋】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月11日(火)
地下鉄を出たら霞が関は雨だった。
第2テントのテーブルで作業。「検察さん 東電捜査今でしょ!!
・大間の集会に参加されていたノースカロライナ大学コミュニケーション学部のKBさんの訪問あり。
東電アクションのしろたまさんが来られ初対面あいさつ。夜、東電前アクション会議あり。
【T.K】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月12日(水)
台風接近の予報にもかかわらず、雨はほとんど降りませんでした。
座り込みの方も、いつも水曜に来られるOUさんなど何人かが見えました。
あかつぶ缶バッジとくらげバッジが届きました。
【メーテル】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月13日(木)
今日は一日中、本格的な梅雨空でした。
4時ごろ、中国人留学生の方が見えました。SMさんも見えて、一緒に色々テントにまつわる話、
SMさんの個人的な話など質問していました。
2時半ごろ、右翼の街宣車が外務省前に来てののしり声をあげていきました。
外務省でたっぷりどなり声をあげたあと、経産省前へ来て、テントをなぜ居座らせているのか等ののしったあと、
文科省に向かったようです。
【あっきぃ】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月19日(水)
南西から台風が接近しているらしく、朝から強風。
時々雨がぱらつきましたが、ひどくはならず、夕方には風も弱まり、空も明るくなりました。
これからはテントの外での夕涼みが気持ちよい季節です。
テント前座り込みは、いつも水曜に見えるOUさん姉妹の他、第1テントの方々が入れかわりで何人か。
リーフレット折り&シール貼りの作業がはかどりました。
【メーテル】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月20日(木)
12:00から参議院議員会館で開かれた「原発輸出ートルコ・インドの現地の声」院内集会によってから
テントに来たので、2時過ぎに到着、雨足が次第に強くなった。赤つぶの幕は下の方がぬれないようにたくし上げました。
テント前にはいつも木曜日に見る顔ぶれの方々が座っておられた。
リーフレットはあと、105枚を残すのみになりました。
今あるシールは全部貼り終えたので、今日の帰りに残りの分をコピーして、明日完了の予定。
「インド・トルコの原発輸出」院内集会に引き続き、「双葉町民の声を聞く」集会にも参加されたヨーカンさんが
テントに寄って下さったのでリーフ折りを手伝っていただきました。
【あっきぃ】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月22日(土)
通りがかりの若い人が不思議そうに覗き込んでいた。
「ここで暮らしてるんですか?」と聞いてきた。
「暮らしてない暮らしてない」とYKさんと私が笑って言ったら、
「通ってきてるんですよね、交代で」と、納得して行ってしまった。

テント紐のちぎれている部分を縫った。
七夕のしたくをするひまがないうち日がくれてしまった。
【ケロップ】

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月24日(月)
午後、テントに来られた方は、6月16日に、
新大久保のコリアタウン周辺で行われた「行動する保守運動」(在特会)が主催した
ヘイト・スピーチ、外国人排外デモ「桜田祭」で、ヘイトスピーチに反対する人たちに
暴力をふるってけがをさせたことに対して、被害者2名(Kさん、Nさん)の告訴状を出して来たそうだ。
宇都宮健児弁護士(日弁連前会長)らを筆頭に、全国の弁護士152名が代理人となったそうだ。

 午後、経産省のトイレを借りに行った。守衛さんは私に「トイレに行くんですか」と聞いた。
私は「すべての人にどこに行くか聞いてるんですか」と言ったら、「テントの人には聞いているんです。
無線で連絡することになっています」と言った。
 私は帰りに、その守衛さんに、「あなたのやっていることは、派遣法違反です。」というと、
「私はそういうことはわかりません。経産省から言われた通りにやっているんです。」「もう帰って下さい」と言った。

【あれこれ屋】


。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/110-b997548c

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに