原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

「第二テント日直だより」第13便

「第二テント日直だより」第13便をお届けします。
七夕が終わり、参議院選が終わり、テントひろばの第二回公判も終わって、
改めて、「原発いらない!」「被ばくさせるな!」…と、叫ぶ夏です。
(0.k)


。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
6月25日(火)
曇り時々雨と晴れ、15時から晴れて暑くなった。
・第1テントへ青森の六カ所の方が訪問。組織を作っても、行動を一致するのは難しく、今は一人で東電、日本原燃、経産省、原子力開発機構などと交渉している。
パソコンもケータイも持たず不自由はないとの事。鎌田慧さんと渋谷で待ち合わせの時間まで いろいろ伺う。
関根浜 白糠漁協、六カ所あさこはうす に関わっている。現場を知ることが大切と云われる。
このテントもみんなで守り続けることが唯一のたゝかいである由。
・横断幕作りは準備整わず、シートを広げてイメージだけ。
今の焦点は「原発再稼働反対」だろう。白のシートにくっきりと黒でどうか。意見決まらず保留。
・第2テントの英語の分。黄色のシートがないので黄色のテープを貼ることを考えたが労力多すぎるので、白地に黄色で良いことにした。
土嚢の袋はあまりに腰がなく、サイズも中途半端なので85x260とする。字はNO NUKES TENTOMAEHIROBAで良いか未決。
・SMさんも4時すぎに来られ、座り込みの人たちとおしゃべり。NO NUKESだけで良いと言われる。
・殆んど毎週Wさんが来て下さる。必ず食物の差し入れがある。横断幕つくりを手伝ってくださって出来上がりの写真と作業中の写真をお渡ししたらそれ以来気にかけて協力してくださる。
【TN】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

6月27日(木)
快晴。
奥の2枚の畳をINさんに手伝って頂いて外に干した。

2時過ぎに関電東京支社前でMOX燃料搬入の反対抗議行動をして来た方々がテントに寄って下さった。

日射しがとても強いので、太陽の動きに連れて座る場所を変えた。
【あっきぃ】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月1日(月)
すだれにつけてある七夕かざりがきれいだ。

3時からのテント裁判弁護団会議に出席のため 3時前に、千葉の佐藤典子弁護士がテントの状況を見に来られた。
佐藤弁護士は一昨年10月末の「福島の女たち」が行動に立ったとき、参加されたそうだ。「そのへんに座っていたのよ」と言われた。心強い。

毎週月曜日は「関電抗議」行動が行われ、4時頃には準備のため、テントに来る。
この日、もって来た旗はすごくいい。
“「日の丸」に変えてハートの旗を。ハートの旗では戦争は出来ない”と言っていた。その通り。
関電・中電抗議


【あれこれ屋】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月7日(日
たなばた遠景


ケロップさんと当番を交代しました。
きょうは国会前の七夕準備のプロジェクトとテントの当事者集会という2つの大きなイベントがあったため、多くの方が立ち寄られました。
東京はこの夏一番と言ってよいほどの暑さで、午後3時頃の気温が33℃。ピーク時にはもっとあったことでしょう。
氷を買ってテントに寄られる方々を冷たい麦茶と水で迎えました。


七夕プロジェクト!
たなばた1
笹の提供:藤原夏来さん(「ふうけいあそび」)



たなばた2
(テントに来た人たちの思いのこもった短冊)



たなばた3
(酢で水あげされた笹、10日も青々としていたものも。笹提供者の藤原さんには、
緑を活かす技術の提供もしていただきました。感謝!)
写真コメント:0.k



七夕プロジェクトに参加された方々が去り、当事者集会の帰りに寄られた方々がようやくお帰りになったのが5時半ごろ。
ちょうどそのタイミングで、空がにわかにかき曇り、ゴロゴロと音がしたと思ったら、雨がザーッと降り出しました。あわててテント奥の床に新聞紙を敷いたり、入り口をできる限り閉めたり…と対処。
でも、降りはじめと同じくらいにあっけなく雨は弱まり、日が射して、お天気雨のようになりました。
【メーテル】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月13日(土)
うすぐもり、少し雨
久しぶりに当番に来ました。32℃、暑いです。
SMさんに手伝ってもらい、テントの両側を開けて風通し。巻き上がるようになればいいかもしれないと思います。七夕飾り、きれいですね。私のペーパー「月のアンテナ」を置かせてもらいましたが、よかったでしょうか。
アンペアダウンのことを書きました。東電には1円でも余計な電気代は払いたくありません。
【LUNA】
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
7月14日(日)
晴れのち雨と雷
・15:30頃、全国学資奨学金問題対策委員会の「教育の機会均等を!デモ」~学費奨学金は問題だらけ~
がテント前を通過したので、Mさんからのサンドイッチを配り、応援しました。雨宮処凛さんもいたそうです。
私も今、大学生の子供がいるので、学費奨学金に関しても、問題だと感じています。もっと誰もが、家の事情に関係なく学びたいことを学べるようになれることが、日本の発展にもつながるのではないかと思います。

・オーストラリアから、22歳の学生が来テント。オーストラリアではオキュパイ運動をしている。今日、東京へついて、これから400k先の宮城まで歩いていくと言っていました。
テントのことを取材したい(インタビューしたい)ということだったので、第1テントの方たちにお願いしました。
とても元気で明るい青年で、こちらも元気をもらいました。
青年も、座り込みの方たちとみんなで話ができ、こういう交流がとても有意義だと言っていました。

・18:00前頃I.Sさん(テントひろばの旗のイラストレーターの方)がお見えになりました。

(テント番久しぶりです)【ぴー】

★第二テントには前にもテントひろば関係者の作ったノボリ旗があったのですが、
今月、新しいノボリ旗を作りました。この日にお見えになったのは、新しい旗のイラストレーターさんです。
テントにお越しの際にはチェックしてみてね!(0.k追記)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/126-1a8df64c

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに