原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

「テントの歌」

毎週金曜日の官邸前抗議行動のあと、テントでは帰途につく人々に疲れた喉を潤してもらうよう、飲み物を提供している。夏は冷たいものを用意しているが、このところ、金曜日の第二テントには現物の差し入れが続いている。自然農法のきゅうり・なす・ゴーヤ、冷やしたトマト、手作りの生姜ジュース等々。みなさんの心のこもった差し入れはきゅうり、トマトなどはその場で提供、ほかのものは持って帰っていただいたりしている。
とりわけ異色な「差し入れ」は日音協(日本音楽協議会)の方がテントのために作ってくださった「テントの歌」だ。日音協の皆さんは、首相官邸前に続く茱萸(ぐみ)坂の途中で美しい歌声を聞かせてくれているグループ。レパートリーはメンバーのオリジナルのもの、替え歌など。その皆さんが先々週の金曜日、金曜行動の終わったあと、テントひろばまで坂を降りて来てオリジナル・ソング「テントの歌」を歌ってくれたのだ。今週もまた来てくださった。こちらの人手不足で動画を撮ることが出来なかったが、まわりにいた人々に配られた楽譜をアップしておく。
なお、YouTube で日音協の皆さんの歌声を聞くことが出来るので、関心のある方はどうぞご覧ください。

テントの歌

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/151-98dbd324

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに