原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

東電本社合同抗議に参加を!

9月27日、東京電力は柏崎刈羽原発6,7号機(新潟県)の再稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請しました。
福島第一原発事故の収束が困難を極め、大量の汚染水が海洋に放出され続けている中で、また福島や周辺地域で人々が放射能による被ばくに苦しんでいる中で、そして被災者に対する正当な補償も為されていな中で、とんでもないことです。

このたび経産省前テントひろばは、他の3団体(たんぽぽ舎、首都圏反原発連合、東電株主代表訴訟)と共催で、毎月第1水曜日に東電本社前にて抗議行動を行うことを決定いたしました。
第1回目は、10月2日(水)です。
この行動に、ぜひご参加ください。

◆東電解体! 東電本店合同抗議
 汚染水止めろ! 柏崎刈羽再稼働するな!


 2011年5月以降、福島第一原発から海に流出した放射性物質セシウムとストロンチウムの総計は、国が認可した「年間放出管理目標値」の100倍を優に超え、タンクからの漏洩はついにレベル3という危機的事態に直面しています。しかし東電は当初、この原子炉建屋付近の海水漏洩を隠蔽し、参議院選挙後の7月22日になって初めてそれを認めました。事故を引き起こした当時から何も変わっていない、相変わらずの東電の公表姿勢に反して、原子力緊急事態は悪化しており、国家レベルで汚染水対策に注力しなければならない状況といえます。 また東電は、汚染水を処理する能力も無く事故の収束もできず、原発作業員の環境の改善もできないまま、柏崎刈羽原発の再稼働を目論んでおり、国民を欺くような企業体質は事故から学ぶどころか一層陰湿化しています。
 すでに企業の体すらなしていない東電。もはや破綻処理すべき段階まできています。
 その東電に対し、私たちは月例での抗議を呼びかけます。
 みんなの意志をこの劣悪企業に対し突きつけましょう!

1回目 10月2日(水) 2回目 11月6日(水)  3回目 12月4日(水)

場所:東京電力本店前(東京都千代田区内幸町)
   JR・地下鉄新橋駅徒歩5分、都営地下鉄三田線内幸町駅徒歩3分

時間:18:30~20:00


呼びかけ団体:経産省前テントひろば首都圏反原発連合たんぽぽ舍東電株主代表訴訟

東電前抗議チラシ

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/168-fed98720

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに