原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

テントを守れ@川柳句会

9月29日はさわやかな秋日和。
月に一度、子犬を連れて座り込みに参加するMさんの姿もあった。
7名の参加者で句会を開きましたが、初めて全員が女性でした。
席題は「食べる」「海」の二題。各2句吐。選者は乱鬼龍さん。
特選はおおきな梨(原発なしの意)秀句にはみかん(未完)とレイバーTVの缶バッチ。景品にも落ちがあるのですね。
最近若い草地さんが大活躍。テントひろばからも川柳人が生まれることを期待しています。

___20131005222600415.jpg
  

<食べる>
 特選:食べるたび何ベクレルと問いつづけ /草地
  秀句:食べたいなまつたけさんまくりごはん 乾草
     さしみ食う文化をつぶす汚染水 /浮浪雲
    食べ歩き出来ぬ日本に誰がした /芒野
    フクシマよ母なる海に放射能 /落葉

< 海 >
 特選:海の幸幸が不幸に早変わり /草地
     海だって出口ないのをお忘れか /流子
     海汚染地球の7割汚すこと /草地
     汚染水母なる海に丸なげだ /芒野
     汚染水世界の海にしのび込む /わかち愛

ーーーーーーーーーーーーーー
 
次回の句会は11月10日(日)14時(13時半受付)
場所は経産省前テントひろば(第2テント)

__2.jpg

(報告:わかち愛、写真:芒野)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/173-fef9f7ef

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに