原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

◆日直だより番外編 火曜日横断幕紹介◆

今回は日直だよりの番外編です。

火曜日にたんぽぽ舎ボランティアを中心に制作されている
横断幕を紹介します!

テントひろばで作られて、官邸行動を経て
原発立地地域に送られた横断幕もたくさんあるんですよ。
原発推進のど真ん前で作られた「原発反対」の横断幕が、
迷惑施設を押し付けられている地元へ渡って行くって、
なかなか凄いです。
こういう繋がりって、かならず力になりますよね!

そんな数々の横断幕の中から今回、撮影者(日直だより編集ボラ0.k)が出会えたものを紹介して行きます。


福島を
まずは「福島を忘れない」の横断幕。もちろん、忘れたことないよ!


柏崎刈羽
「柏崎刈羽原発 やめろ!再稼働」柏崎刈羽は新潟、
でもあそこの原発で作られる電気って東京に送られてたんだって。


子供たちに
「子どもたちに未来を語れるか デタラメ新規制基準」
本当に、このままじゃ子どもらに何て言えばいいのか。

だましたな
「よくぞ世界をだましたな」
今でさえ取りきれない責任を放置してんのに、これ以上どうするのかと…。

いまでそ
「検察さん!東電捜査 今でしょ!」
画質悪くてすみません。。
2013/10/16福島原発告訴団が東京検察審査会に検査申し立て!




横断幕制作の中心メンバーであるたんぽぽ舎ボランティアさん達の都合にも寄りますが、
晴れていれば火曜のお昼には大抵作業してらっしゃるということ、

その辺の時間に近くにおこしの際は、ちょっと作業に参加してみては?
この作業自体がれっきとした抗議行動です。



◇ここからは、9月の日直だよりに載らなかった作業時の様子を◆
完成した横断幕の写真とともにお送りしてみます。

汚染水処理しろ


9月3日(火)
・第1テントの「大飯をとめろ くり返すなフクシマ」を「止めろ放射能☠水」に取り替え。
・たんぽぽで下ごしらえして来た「東電の責任に半減期はない」の赤字を何色でふちどりするか検討、キラキラブルーに決め、MNさんが作業。
・TKは「再稼働はダメ、汚染水処理が先」の下ごしらえ、黒地シートに黄色の配字に決める。ダメは赤のラインで×で表現、YYさんの発案。
【TM】



東電半減ない

9月10日(火)
いわきの若者が第1へは時々来るが、第2へは初めての訪問。
・たんぽぽチームが若者といっしょに手伝って横断幕完成。
「東電の責任に半減期はない」にα β γを散らす。
白シートに赤字、キラキラブルーでふちどり、放射線文字は黄。
・次回テーマ検討。「世界をだましたペテン師アベ」に決める。
【TM】




最後に

10月初めに作られていた、「伊方原発再稼働いかん!」の横断幕です。

伊方いかん
後日、金曜日の官邸行動など首都圏の反原発アクションを経て伊方へ旅立ったそうです。

伊方みかん
「!」の点がみかんです!
本当は緑のフチ取りがあるんですが、きれいに撮れていなかったので
完成前の画像で失礼します。。。
伊方はみかんの産地。プルトニウムの産地じゃありません。


(文責 0.k)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/176-80ddef3d

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに