原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

伊方原発再稼動阻止ツアー(4) 交流会

つながろう全国各地!止めよう原発の再稼働!
原発再稼働阻止・全国交流会@松山市コミュニティセンター


s-交流会12.01

午後6時からは松山市総合コミュ二ティセンターで「つながろう全国各地!止めよう原発の再稼働 原発再稼働阻止・全国交流会」が開かれた。参加者は112名。
まず、四国の反原発4団体からのあいさつ。
・伊方原発反対八西連絡協議会近藤誠さん:入院中とのことで、歓迎挨拶のプリントを頂いたが、出席してくださった(と思う)。

・八幡浜・原発から子どもを守る女の会 斎間淳子さん:わたしにかけられる圧力を見て、女たちが尻込みして運動に入れない。現実にはとてもむずかしい。世論を高めるしか、方法がない。3.11以後、ガンバってくださいという電話をもらうようになった。6月以降、毎月11日にはゲート前に座り込んでいます(10:00-12:00)

・原発さよなら四国ネットワーク松尾さん:一人の若者が5年ほど、環境に関心のない人に音楽を聴かせるイベントをやってきた。一人の若者の感性と実行力から今日のイベントのアイディアが生まれた。色々なところで色々なことをしている人の積み重ねで今日の集会が出来た。自分の力を出す喜び、自分の力を活かす喜びを全国の皆さんととも分かち合いたい。

・南予住民交流会堀内美鈴さん:6市町の第1回目の交流会を2月に開いた。6月には原発事故被災者木田節子さんのお話を聞く巡回講演会を開催した。11月には木村敏雄さん(元東電社員)の講演会のちらしを臨時議会の日に議員さんに渡してもらった。「反原発」の言葉を使わないで、少しづつ運動を広げている。


・たんぽぽ舎より、金曜行動のときに参加者に書いてもらった伊方原発に反対する人々への寄せ書きが贈呈された。

s-交流会(2)12.01

続いて各地から参加した方々の発言:
●東海村相沢村会議員の夫人:広瀬隆さんの話を聞いて、ぜひ行かなくては、と思い、東海村、日立、ひたちなか市から4人で来た。南相馬に行ったが、地元の人は何もやってもらっていないのを肌で感じた。
再稼働阻止全国ネットワーク:3.11には風船行動。2、3、4月と原発現地の人を支えて抗議行動を行なった。
伊方に再稼働阻止の基地として10月25日に「伊方の家」を開設。テントひろばの八木さんが詰めることになった。「現地の闘いと一緒になって行動を起こしていく」。

●藤本さん(平和フォーラム):弱い者を打ちのめす法律ばかり、成立している。市民の権利を守って民主主義を守って行きたい。

●佐藤ヒデキさん(泊原発):伊方を真似て泊がある。伊方と姉妹交流をしている。再稼働は伊方が止まれば、全国が止まる。

●ミサオ・レッドウルフさん:官邸前金曜行動は全国の反原発の接点となっている。

●中道さん(青森):3名で来た。青森では東通原発(東電)、六ケ所村、原子力潜水艦むつ(廃止)、大(東電が8%出資)など数々の問題を抱えている。

●木田節子さん(すみません。メモがありませ~ん)

●藤岡さん(富山):志賀原発は活断層問題で12月まで中だるみ状態になっている。能登、富山がつながって運動していく必要がある。

●山城さん(横須賀市議会議員):一般質問のとき、必ず原子力潜水艦について質問している。
松本さん(鹿児島):鹿児島は何よりも地震圏に位置する。火山の爆発の前に地震が来る。偏西風が吹くので、事故が起これば日本列島全体に影響がある。鹿児島の反対運動は力が弱いので、みなさんの支援をよろしく。

●玄海原発立地から7名参加。

●浜岡から

●大分から数名:伊方から最も近い所で50キロ。県庁も70キロのところにある。
そのほか、島根、広島からの参加者もいたが、すでに帰途についていたため、発言は聞けなかった。

地元の方々の準備してくださった海の幸が豊富なお食事もおいしくいただいた。どうもありがとうございました(残念ながら、写真はありません)。

 
(報告:あっきい   写真:野村)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/201-758a14bf

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに