原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

伊方原発再稼動阻止ツアー(その5)

<12月2日(月)>
 朝、7:30にユースを出て、伊方に向かった。車内は補助椅子も使うほどで、参加者は約50名。
 瀬戸内海の海沿いを走って目的地に向かった。天気がよければ、対岸の山口県、祝島も見えるとか。今日は残念ながら、そこまでは見えなかった。
 伊方原発ゲート前に着くと、八幡浜・原発から子どもを守る女の会、伊方原発反対八西連絡協議会、原発さよなら四国ネットワーク、南予住民交流会など地元の方々がすでにのぼり旗などの準備をして待っていてくださった。

今日の行動(1)要望書を手渡す
 早速、ゲート前で3分スピーチが始まった。
 ●徳島から来た学生さんは「同じ思いを持った人がこんなにいるのは嬉しいです。
 ●学生にももっと関心を持ってもらうようにしたい」と頼もしい。
 ●大阪から来た女性がフォークシンガー古川豪さんの「原発に未来はなし」を歌った。
   ♪原発に未来はなし♪
   海に魚跳ね 空にカモメまい
   日の光りと雨に 草木は育つ
   この素晴らしい恵み 子や孫に伝えん
    ■原子力発電 この地に許すな
    ■原子力発電 運転を中止せよ

   分かち合われずに 使い捨てられる富と
   安全の保証もない便利の二つを
   天秤にかけるような 選び方はまやかしだ
    ■原子力発電 ……ref……

   プラスチックに飾られて
   プルトニウムに埋められた
   そんな未来を 夢みることはできぬ
   核の恐さを 我ら既に知る
    ■原子力発電 ……ref……
 ●男性(富山から):北陸電力と四電(四国電力)は似ている。小さいのに身分不相  応なものを持っ てしまった。そんな身分不相応なものは早く手放そう(と言ったと  思う)。自分たちは毎週水曜日に 北電の前でランチタイムアピールをしている。そ  のときに「かえるの歌」の替え歌を歌っている。
   ♪廃炉の歌が聞こえてくるよ
    廃炉、廃炉、廃炉、廃炉・・・♪

 各地でそれぞれにユニークな発想で、反対運動を進めていることが伝わってきた。
 
 最後に、四電の広報部総務課長の松本さんに要望書を手渡した。
s-IMG_1690.jpg

 今日の行動(2)風船プロジェクト 
 原発が事故を起こしたとき、放射能はどのように、どのくらい拡散するのかをあらかじめ想定しておくためのベースとなる。風船は約500個。それぞれに見つけた方は時間と場所を教えてほしい、というラベルをつけて空に放つ。
s-IMG_1697.jpg

 あらかじめ風船はふくらませておいてくれたのだが、束ねてあったため、糸がこんがらがって、それをほぐすのが大変だった。また、最初、予定していた草地は送電線にからまる危険性があると四電から連絡が来たため、場所をきらら館前に移動して行なった。

今日の行動(3)伊方町議会に要望書を手渡す 
  伊方町役場は伊方原発から車で20分ほどのところにあるので、バスで移動。わたしたちを歓迎していないという町側の心情を反映するかのように、会場となった大きな部屋には照明もついていなくて、真っ暗な中を着席。
s-IMG_1700.jpg

 ようやくあかりがついて町側から原子力政策推進課坂本さん、原子力対策課、議長事務局長が現れた。それまでの間を使って子どもを守る会の斎間淳子さんからこれまでの町とのやりとりについての説明があった。反対側の申し入れの際に町長が出てきたことが一度もない、町は反原発の集会には公共のホールの使用を許可しない。会見時間も1時からと申し入れたが、翌翌日から始まる町議会の打ち合わせ会合とぶつかっているということを理由に、最初は12時半から5分だけと言われたが、50分までの延長に同意を取り付けたなど。
 
 まず、要望書を読みあげたあと、参加者からの質問が出された。たとえば、事故が起きた場合、対岸の大分に5000人が避難することになっているが、それは具体的にどのように行うことを考えているのか、との質問に対して、「検討中です」との答え。我がこととして真剣に考えているような態度は感じられなかった。
原子力政策推進課坂本さん
s-IMG_1705.jpg

今日の行動(終盤) これで予定していた伊方での行動を終わり、地元の皆さんに別れを告げてアゴラ・マルシェ(道の駅)に行き、そこで昼食をとった。たんぽぽ舎関係者はその後、2時半から行われる木村さんの講演会に参加、テント組はそのまま、松山空港に向かい、5時30分発の羽田行きで松山を後にした。
 去年、大飯に行った時も感じたが、やはり現地に行ってみてわかることがいろいろある。3日間とも充実したプログラムで、行ってよかったと思っている。

 (報告:あっきい、写真:福田)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/202-3785a487

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに