原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

1月4日(土)  今年もやりました!第3回「経産省包囲マラソン」

 経産省前テント正月企画の「経産省包囲マラソン」が1月4日、応援団を含めると25、6人ほど集まり成功裡に終了しました。
今年の特徴は3年連続参加のKさんをはじめ、自分の思いをゼッケンに書いた参加者や、この日のために事前準備をしてきたおじさん、郵政ビル隣道路工事警備のおじさんと連帯したランナー等と、すっかり定着した正月行事になって来ました。
s-記念撮影1
▲参加者記念撮影

 11時スタート、コースは40キロコース(制限時間3時間、45周)、20キロコース(22周)、10キロコース(11周)の3種類。周回については自己申請。予定では14時終了でしたが、30分程早く終了。走者は11人(うち3人は女性)。40キロコースエントリーなし、20キロコースは5名が完走! 歩いて応援組も5人でした。
s-3年連続
▲トップでゴール

s-トップ回数の
▲3年連続参加

s-応援部隊
▲応援して歩く人々

政府が原発推進に舵を切替えたエネルギー政策に対する私達の闘いと、経産省前テント死守が重要になる今年をマラソン・応援参加者で交流しあった1日でした。

(報告・写真: たかはしひでみ)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/216-80ca8f9e

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに