原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

朝から夜まで国会の周り 秘密保護法絶対反対!原発絶対反対!

1月24日(金)は通常国会開催初日。安倍内閣が昨年12月6日に強行成立させた秘密保護法に反対して、「秘密保護法廃止」を訴える行動が朝から行われた。
 朝9時には、「秘密保護法を考える市民の会」や「破防法・組対法に反対する共同行動」が議員会館前を陣取り反対の声をあげていた。

s満田

s-D共謀罪

昼12時30分から、「秘密保護法廃止実行委員会」主催のヒューマンチェーンが行われた。
3000人の人々が集まり、1時30分と2時にチェーンをつなぎ、国会を包囲した。
この後、参議院議員会館で「秘密保護法に反対する全国ネットワーク結成」の院内集会が開かれたが会場はすぐ満杯。400名の集会となった。

s-Image2集団
▲朝日新聞(1/25)

s-国会を包囲したぞ
▲議員会館前 国会を包囲したぞ

s-豚箱

夜には、火炎テツとその仲間たちを中心に、若い人たちが議員会館前で抗議行動。
ここでは、都知事選についての意見の交換・論戦が行われた。主張は主張。支持する候補者のビラを撒き、選挙に行くことを呼びかけよう、原発推進候補を落とそうと。

 山本太郎さんもかけつけ発言した。
「今日、安倍首相の『施政方針演説』を聞いた。なにひとつ心に来ないウソばっかり。特定秘密法の問題でもわかる。この国会が終わるギリギリの頃、集団的自衛権を持ち出して、手も足も出ないようにされるかもしれない。だから都知事選が終わったらすぐに集団的自衛権が容認されるかも知れないと言うことをみんなに伝えていく作業をしていかなければならない。都知事選は落としてはならない。落としたら名護市民に顔向けできない。札束で頬を叩かれてもふるさとを売らないと言った人々に僕たちは顔向けできない。
 候補者を一本化出来なかった。どうするか。前回よりも高い投票率を得るしかない。2月7日からオリンピックが始まる。都知事選の意識が削られていく。得票率がを高めるために全力で走りませんか。
あなたの大切な人を、あなた自身を戦場に連れて行かれないために、ここがふんばりどころ。特定秘密保護法反対!戦争する国絶対反対!なんでもかんでも秘密にするな!お前のたくらみバレてるぞ!」
s-Image山本選挙
▲山本太郎さん

ロックンローラーの浦邉力さんの福島を忘れるな、「死人こそ発言権を」という歌は心にしみるものがあった。
s-Image死人にこそ
▲歌のお兄さん 浦邉さん

浦邉さんの歌
潮風 腐敗臭 かもめ ダンプ でこぼこ
道路だった道 土台だけになった民家の上 ぬいぐるみと花がおかれてる
誰もが心の底からなにかしたいと思った ささやかに灯った善意を にやけて吹き消すな

おお 死人に口なしと言うけど 死人にこそ発言権を
がれきをかき分け 手をのばせ 死人にこそ発言権を

壊れた防潮堤 夕暮れまで奇蹟を待って 海をながめる人
警戒区域から見知らぬ土地へ 思いでさえ持ち出せなかったと涙

着飾りつづける都会よ
なにも終わっちゃいない うわっ面な愛でなかったことにするんじゃない

おお 死人の声をきけ 死人にこそ発言権を
泥を吐き出し 目をさませ 死人にこそ発言権を

福島 沖縄 宮城 岩手 
なんで俺たちに聞こえない 見えないんじゃなくて見ないだけ
自分事にさえ耳をふさぐな 生きながら死んでる いつまで続ける 
死んだら終わると いまだに本気で思っているのか

おお 亡者は黙らせろ 死人にこそ発言権を

歴史のウソを暴露しろ
死人にこそ発言権を おお 死人に口なしというけど 死人にこそ発言権を
やつらの胸ぐらつかんで 死人にこそ発言権を

若いママさんたちも秘密保護法反対、原発反対を絶叫していた。
s-ママ
▲「こどもを守れ! 戦争反対!」

首相官邸前の脱原発金曜日行動も、秘密保護法闘争や都知事選のため参加する人も多かった。

(報告・写真 あれこれ屋)

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/31(金) 22:43:45 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/222-76f2273d

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに