原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

元旦マラソン

テントの先行きが不安な状態で新年を迎えましたが、とりあえず、あけましておめでとうございます。
Image010.jpg
▲元旦を迎えたテントひろば

Image008.jpg
▲テント478日目 出入り口には門松

元旦はよく晴れて、風もなく絶好のマラソン日和となった。11時半ころテントに着くとすでに始まっていた。テントを起点に経産省のあるブロックをまわる(1周約900m)というルール。何回まわったかは、記録係が表に正の字を書いて記録する。
Image009.jpg
▲元旦マラソンののぼり

参加ランナーは13名。うち女性は4名。若いMさんは以前、陸上をやっていたので前から参加したいと思っていたとのこと。70歳に近いKさんは1周回っては休み、また走るを繰り返した。みなそれぞれにマイペースな走りである。わたしは先週、左足のひざ下をぶつけてまだ痛みがとれないので正式にはエントリーしなかったが、2回、ゆっくり1周してみた。と言っても最初は歩き、途中から走ってみただけだが、気持ちがよく、足の故障さえなければもっと走りたいくらいだった。最高記録は男性で38周(だと思う)。今度は駅伝がしたいね、という声もあった。
Image001~00
▲がんばれ~!

走り終わってから、豚汁、甘酒、それに差し入れのお汁粉がふるまわれた。マラソンが終わり近くになると、観客もふえてテントの前はとてもにぎやかになった。
Image007.jpg
▲ふるまわれた豚汁

Image005.jpg
▲終了後、みんなで記念撮影 渕上さんも一緒に▼
Image002~00

Image001.jpg
▲第二テントは案山子人形がお出迎え

Image012.jpg
▲テントひろばには年賀状も来ます

Image002.jpg
▲元旦付けの東京新聞に掲載された福ちゃん

(報告:あっきい 写真:しろたま)

コメント

 あけましておめでとうございます!今年は、念頭から走り始めました。執念のちからで、でっちあげ無期攻撃と闘う星野同志をうばいかえしたい!徳島刑務所にすでに38年。暖房もなく寒さと加齢に立ち向かう文昭さんをおもうと、歳のことなどいえません。同じ年なのですから!
2013/01/03(木) 07:23:09 | URL | maririnn  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/23-25b68f37

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに