原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

<報 告>6・6テント1000日の集い

・・・・・ときどき横なぐりの雨が降る、6月6日のテント1000日。・・・・・

千日を迎えたテントひろば

<千日万来>(千日には大勢の人がテントに来ますように)の願いが叶い、第2テントはすぐ満席に。みなさんのご参加ありがとうございました。
それにしても香港TV・東京新聞とマスコミの取材が入り、私がいちばん心配したのは、参加のみなさんが緊張してしまうことでした。
「楽しいはずの集いが緊張で終わったわぁ・・」と、苦情が出るのを恐れていたのです。
そこで取材の方にも自己紹介をしていただきました。(これがよかった・・)

初めてテントに見えたひとも多かったので、最初に正清太一さん(テント裁判)からテント設置の経緯などお話していただきました。(これもよかった・・)
正清さん挨拶
▲正清太一さん

その後小島力さんのお話と詩の朗読に入りました。
小島さんはすでに30年も前から反原発運動に関わっていた人。当時地域の事情は厳しく、表向きは「憲法を守る会」として反原発運動を闘ってこられたのです。葛尾村郵便局に勤務、1994年定年退職。精神的には満たされた生活を送っていました。
ところが3・11の福島第1原発事故は、小島さん一家の絆をずたずたにしてしまったのです。

小島力さん
▲小島力さん

・「帰れない朝-武蔵野市・都営アパートで-原発事故以降の最近作から
・「草茫々」 ・「仮死々々」ー1年4か月目の一時帰宅から
・「五人のデモ隊」(明治公園で開催したあの大デモの時)
・「廃道をたどる」-折々の山旅から
・「原発問答」 ・「火災」 ・「原発下請け労働者」-30年前の作品から
・「望郷」-最後に詠まれた作品

詩を詠みながら穏やかな表情は、時に怒りの声に変わる。原発にふるさとを追われた小島さんの無念さが重く胸に迫ってきました。

金曜抗議行動のあったある日、坂口美日(ミカ・小島さんの娘)さんがテントを訪ね、詩集『わが涙滂々-原発にふるさとを追われて』を紹介してくださったのです。
いつかテントで詩の朗読会ができないものか、と考えているうちに月日だけが過ぎて・・・・。
「今を生きる-小島力さんを囲んでお話と詩の朗読会」がやっと実現しました。

小島ヤスコさん(連れ合い)のお話は急遽決まりました。独りでお留守番をしているのは寂しいかも。良かったらいらっしゃいませんか?とお誘いしたのです。
<「亭主達者で留守がいい」・・> ってこともあるので、一瞬迷いました・・。
美日さんから「母は村会議員をしたことがあり、結構話好きなんです。」と聞き、短かったけれどお話していただきました。(お誘いしてよかった・・)
ヤスコさんは、夫が仕事と運動にかかりきりだった若い頃をユーモアを交えながらお話してくださいました(ゆっくりお話を聞きたい女性ですね)。
小島ヤスコさん
▲小島力さんとヤスコさん

せっかくだから、美日さん歌ってくださいませんか?
抗議行動が終わってからテントの前で歌っていた姿を見てはいたのですが、向き合って聞いたことは初めて。ギターの仲間と音響セット持参で参加してくださったのです。
(歌もあってよかった・・)
坂口美日さんの歌
▲坂口美日さんの歌 日音協の仲間の伴奏で

ところでお茶タイム。
Hさんが自家製のびわ茶を用意してくださいました。(ありがとうございます)
一品持ち寄りでは茅ヶ崎の女性たちがお漬物を持ってきてくださったのですが、カンパとお漬物を第1テントへ。どなたか叫んでくだされば気がついたのに。頭の中は結構パニクッていたのですね。結局片付けの後、第1テントからお漬物を持ち帰り、テーブルを囲んでいただいた次第。Hさんは水羊羹を作って持参。一品持ち寄りに出す予定だったのかも知れません。(食べ物の恨みは怖い。これはいつか実現しておかなくては・・・)

前日あっきいさんが作ってくれたドイツ発の「風車」。みなさんのお土産にしました。
*この風車については本ブログ4月20日付けに「ベルリンから来たかざぐるま」として紹介しています。
Mさんが残っている用紙を送ってくださったので、その一部を 前日、組み立てました。晴れていればテントの外側に飾りたかったのに残念!
残りは「かざぐるまの歌」を歌っている坂口さんに託しました。

テント1000日は闘いの通過点。峠の茶屋からは次の関所みたいな処。難関な関所に出会うのはこれからかも知れません。
いつの時代も、世の中を変えてゆくのは女たちです。

小島さん一家を囲んで参加者で記念写真
▲小島さん一家を囲む参加者

関連記事
レイバーネットさんの記事から
「帰りたい でも帰れない」~詩人・小島力さんを囲んで「テント1000日イベント」
http://www.labornetjp.org/news/2014/0606hokoku
テント1000日記念 小島力さん詩の朗読会
http://www.labornetjp.org/news/2014/0606kasa

ユープラン・三輪祐児さんの動画


(文:わかち愛 写真:ユープランさんの動画から)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/261-94503bc9

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに