原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

川内原発ストップ再稼働!行動@鹿児島(1)

6月12日(木)約120名が成田(3名は羽田)空港から鹿児島に向けて出発した。12日から3日間にわたる川内原発ストップ再稼働行動に参加するためだ。

▼成田空港内 飛行機搭乗の説明をする係のみなさん
成田説明
▼県庁前で合流
合流

児島空港到着、3台のチャーターバスで鹿児島県庁へ。幸い交通渋滞もなく18時過ぎに到着。マイク等は地元の方々がすでに用意してくださっていたので、急いで持参のバナー、のぼり等を広げて県庁前路上の「会場」を埋め尽くした。
18:30から記者会見。主催は「川内原発動かすな!東日本決起集会実行委員会」。参加者は地元、全国の原発立地からの方々を含めて約200名。取材に来てくれた記者は10名程度。
▼集会の様子
寺崎羽田

広瀬

勢揃い

記者会見では、「わたしたちはなぜ、鹿児島に来たのか」「2011年9月1日に川内原発が停止して3年になろうとしている。燃料棒は相当冷やされてきた。絶対に火をつけないでほしい」、「鹿児島に来て空気がおいしい。子どもたちにも味わってほしい。次は自分の番だということを忘れないで、手をとりあって、がんばりましょう」など、この行動に寄せる熱い思いが次々と訴えられた。

*記者会見の模様はdukecode さんの録画で見ることが出来る(以下、名前の後の数字は発言の開始時刻)。
https://www.youtube.com/watch?v=vYNIVZLkOow (県庁前1)
https://www.youtube.com/watch?v=T6GzKKUozwQ(県庁前2)

渕上太郎さん:実行委員会代表(0:02:03)
Image_20140618161046717.jpg

木幡ますみさん:大熊町から会津若松市に避難(0:07:59) 
Image2木幡修正
<広瀬隆さん(0:12:00) 
木田節子さん:富岡町から茨城県水戸市に避難(0:17:15) 
Image1木田修生

柳田真さん:たんぽぽ舎代表(②0:00:00)
向原祥隆さん:反原発・かごしまネット(②0:03:07)]
Image2川内向原

各発言のあと、記者からの質問を受けたが、内容に関する質問はなく、明日のスケジュールについての質問のみ。その後、個別取材に移った。

この後、東日本組は市内3か所に分かれて宿泊するため、宿泊先別に分かれて移動した。

(報告:あっきい 写真:あれこれ屋  dukecord さん )

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2016/04/21(木) 19:58:12 | |   [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/09/04(日) 21:54:17 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/263-515eb421

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに