原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

川内原発ストップ再稼働!行動@鹿児島(3)

最終日14日(土)は3台のバスに分乗して、朝8:00に各ホテルを出発、薩摩川内市の原発現地に向かった。約1時間半かけて現地到着。
 ところが見学を予定していたPR館は通常、休館日は年に1,2回というのに、この日は臨時休館!駐車場のトイレだけは使用可とのことだった。

▼PR館は臨時休館
DSCF9544.jpg

▼PR館から原発建屋を観る
DSCF9547.jpg

さらに、原発正門前で抗議行動をすることになっていたが、そこではすでに多数の警察・警備員などがバリケードを築いてわたしたちを「迎えて」くれた。これまで何度も現地を訪れた方もこんなことは初めて、と驚いていた。

▼川内原発のゲート前はバリケード。回りの柵には有刺鉄線
DSCF9553.jpg

仕方なく、正門向かって左側に机が並べられた。周囲にはところ狭しと、各原発現地ののぼりや横断幕が立ち並び、壮観だった。

▼色とりどりの幟旗や横断幕
たくさん集まる

*当日の様子はdukecode さんの録画で見ることが出来る。
http://www.youtube.com/watch?v=GaJo6rshJYc

発言者(敬称略)
小林:北海道・泊原発廃炉を目ざす会、Shut 泊 
 http://www.youtube.com/watch?v=ZeSr9f_BLHQ (14-2)
▼小林さん
 DSCF9591.jpg

▼ まつざき真琴さん:共産党県議会議員
http://www.youtube.com/watch?v=Xr_KrDzWxVE (14ー3)
Image1松崎

木原壮林:規制委員会委員長田中俊一と大学同期(同 2:20)

川内原発反対を闘う人たちを中心にしてアピールと記者会見
▼鳥原さん
DSCF9587.jpg

▼岩井さんら
DSCF9581.jpg

その後、九電社長宛ての要請書等が原発職員に手渡された。
▼・九電・川内原発に対する再稼働中止申し入れ: かごしま反原発連合有志代表 岩井 哲
DSCF9627.jpg

・伊方原発再稼働反対!座込み一同:(連絡先)八幡浜:原発から子どもを守る女の会

参加者全員が、絶対、再稼働させない、との思いを込めてコールした。
http://www.youtube.com/watch?v=Rd5ZZrqZs3g (14-4)
DSCF9621.jpg

その後、東日本組は再びバスに分乗して一路、鹿児島空港へ向かった。

この3日間、天候にも恵まれて、ハードなスケジュールではあったが、脱落する人もなく、全員、最後まで頑張った。わたしたちの必至な思いは鹿児島の人たちにもかなり届いたのではないだろうか。新聞、テレビでも思っていた以上に取り上げられた。川内原発の再稼働を絶対させてはならない!との思いを改めて強くした3日間だった。

*3回の報告中、発言者の名前が漏れている場合はお許しください。

(報告:あっきい  写真:あれこれ屋、 dukecoad さん)

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2017/02/07(火) 22:15:31 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/265-9adfe097

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに