原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

緊急のお知らせ 7月3日の行動について 福島の女たちの環境省抗議行動と大間原発建設差し止め・函館市裁判

緊急のお知らせと参加のお願いです。
7月3日(木)には二つの大きな闘いがあります。

■一つは「原発いらない福島の女たち」が石原伸晃環境相の「最後は金目でしょ」という発言に抗議して、環境省のに対する抗議とダイインをする行動です。
この行動は、基本的に「福島の女たち」サイドで計画されたものです。
第二テントも協力します。第二テントの窓口は蓑口さんです。

「福島の女たち」の行動は以下のようです。
①朝、福島をバスで出発 
②13時30分頃、環境省に到着
③14:00 抗議行動 環境省への申し入れ ダイイン
鎌田慧さん、神田かおりさん、満田夏花さん発言
④その後、首相官邸前に移動 
⑤16:00 バス出発


■函館市裁判 大間原発建設差し止め訴訟 第1回口頭弁論について
①7月3日(木)15時開廷 14時30分 傍聴締め切り
 東京地裁・103号法廷(100名規模の大法廷) 
 法廷を一杯にするために傍聴をお願いします。
 傍聴抽選に並んでください。
②裁判終了後、「大間原発反対の会・関東」が報告会  資料代500円
会場:参議院議員会館 1階101会議室
入り口で通行証を受け取ってください。
発言者:澤井正子さん(原子力資料情報室)
野村保子さん(函館市 大間原発訴訟の会)
弁護士から   

みなさん、それぞれ判断して、ご参加ください。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/267-8d38be14

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに