原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

「原発いらない女たちのテントひろば」ブログ開設

新ブログにようこそ!
「原発いらない女たちのテントひろば」は昨年12月1日から椎名千恵子さん(原発いらない福島のおんな)を中心にして始まった「未来を孕むとつきとおかのテントひろば行動」を引きつぐブログです。

9月11日に経産省前テントひろばは開設1周年を迎えました。また、「ときとおかのテントひろば行動」も月満ちました。実にいろいろなものを産み育てつなげ、脱原発の闘いの要になることができたと思います。ここまでよくやってきたよね!
9月11日の「お祝い集会」で、椎名さんは「とつきとおかを発展的に解消し、新たな形で出発する」ことを提案しました。

女たちは討議しました。テントひろばに集った女たちはここに来てよかった。なぜならここで福島とつながり、全国とつながり、怒りと熱い思いをもって闘う人たちとつながれたから。これからも闘い続けよう。テントひろばという場を大事にしながら、もっともっと主体的に自分のたたかいも切り開いていこうと。福島の人たち、福島の女たちとともにねと。そのことにあくまでもこだわってねと。

かくして、「原発いらない女たちのテントひろば ~福島とともに~」と決まりました。

コメント

ついに、第2期の女たちの闘いが始動。私の娘世代の人が中心となっていく、夢の実現のようです。しかし、世代が違うということは、大きいことです。私たちの世代は、戦後民主主義といわれる時代を生きてきました。その子供たちは、新自由主義という時代を生きています。そして、2001年9.11から2011年3.11と激動の世界と時代が始まりました。2012年5月5日、日本の原発がすべて止まりました。これから廃炉、ハイロアクションへ・・・・それから襲いかかる大反動。再稼働へのファシズム・・・。これを打ち破るのは、体制内でない階級的労働運動の筋道を走ることです。階級的労働組合の団結力の道筋を歩むことです。
11.11100万行動を、労働者の100万ゼネストのように準備することです。お隣韓国、ヨーロッパ、インドネシアなど世界中ですでに労働者は、この闘いに立ちあがっています。この闘いの勝利が、福島の子供たちを救い、シリアの人々を解放するのです。女性解放ー自己解放ー人間解放の道を迷わずに進みましょう!
2012/10/25(木) 17:50:46 | URL | maririnn  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/3-e916ac4b

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに