原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

10月15日 第二テントの炬燵の上に、お見舞いのフラワー・アレンジメント

テント襲撃に対しての皆さんからのお見舞い、カンパなどに感謝します。

DSC01484.jpg

10月12日(日)にテントが右翼から攻撃されたことに多くの人がお見舞いや励ましをくださいました。
10月15日(木)に第二テントの当番に入ったら、こたつテーブルの上に西東京の方からのお見舞いのフラワー・アレンジメントがのっていました。14日の夜にもってきてくださったようです。

DSC01485.jpg

ぬいぐるみも2つ添えてあって、1つは「山の家に帰りたい!」、もうひとつは「なくそう原発 ふやそう環境エネルギー」というたすきをかけていました。あたたかい思いやりを感じて、心がなごみました。ありがとうございます。テントはみんなのものです!!

(報告:あっきい  写真:ぬーさん)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/302-d81e04d6

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに