原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

11/ 5~7 川内原発再稼働阻止 鹿児島県庁・現地行動の呼びかけ


10月9日の薩摩川内市での住民説明会の様子や、その後の鹿児島県での闘いについて、「福島とともに」ブログへのアップは遅れています。
いま現在、11月5日~7日の行動が提起されていますので、それをとりあえずお知らせします。

反原発・かごしまネット 向原祥隆さんから
■11月3日 午後4時25分 経産大臣が鹿児島県庁へ来る予定
 抗議行動を提起します
  集合:午後3:30
  場所:鹿児島県庁玄関前
  持ち物:横断幕、プラカード、ハンドマイクなど


 10月31日、伊藤鹿児島県知事が東京で宮沢経産大臣と面談し、要請を行う。
  会ったばかりなのに、なぜすぐ、鹿児島へ来るのか?と不思議。
 いよいよ、11月5日~の臨時県議会に向けた、茶番劇の前座がはじまる。
 盛大に歓迎しよう。

■鹿児島県庁前テントの設立報告
10月30日(木)午後7時20分 鹿児島県庁前にテントが立ちました。再稼働をやめさせたいという、有志が集まりました。

▼テント設置
1030 8時 (1)

1030 8時

拙速な議論のままに、5日からの県議会を経て、危険な川内原発再稼働を容認しようという、伊藤祐一郎知事、および鹿児島県議会推進派議員に対する抗議の意思表示です。

▼10月31日(金)午前8時 テント前集会を開催し、24時間座りこみを宣言しました。

1031 11時 (1)
1031 8時(2)

▼10月31日(金)午後11時 深夜にもかかわらず、県当局は職員50人、施工業者50人を動員して、テント周辺および、車道と歩道の境にフェンスを設置しました。

1030 8時 (2)

(11月3日の宮沢大臣来庁警備の一環と思われますが、なぜ昼間にしないのでしょう。夜中、こっそり。変ですね)
11月1日(土)午後8時現在 テントには、来客多数。和やかな談笑が行われています。

1031 11時 (2)

★時間を作って、ぜひお越しください。
 泊まることもできます。毛布4、シュラフ2はありますが、マイ・シュラフをお持ちいただいた方がいいかと思います。
★県庁敷地には空きスペースがあります。キャンプ用のテントなどを立てることができます。ただし、庁舎管理規則による退去の勧告が予想されます。これは法的な拘束力はありません。
規則などより、はるかに上位の、憲法で保障された表現の自由が優先される、と主張してください。

11月5日(水)、6日(木)、7(金)鹿児島県議会臨時議会 再稼働を決定しようしています。
毎朝9時から集会を行います。そのあと、議会傍聴へ移ります。
11月7日(金)は重大です。朝からの集会・抗議行動に総結集をお願いします。


(報告と写真 向原さん)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/310-f329d714

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに