原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

テント1205日目。今年最後の川柳句会

12月28日(日)午後3時
冬の陽射しはもう届かず、テントは半日村となる。
3時で投句が締め切られるとテントの内はこれからが熱い。
選者はいつもの乱鬼龍さん。30分で選句をするその間に自己紹介をした。
東京鶴彬顕彰会の植竹団扇さん、2日に講談をしてくださる甲斐織淳さん、レイバーネット川柳班の白真弓・一志さんと多彩な顔ぶれとなって盛り上がった。
参加者はいつもの倍以上の12名となり大盛況だった。席題は「税」・「つくる」(作る・創るも可)

   < 税 >
   特 選:青息も吐息も税と音を上げる  /団扇
   秀 逸:人権は納税有無と無関係 /草地
        増税が孫の進学止めさせる /絵扇
        税で食い税を喰ってる小役人 /白真弓
        だだ漏れを止めよ税金汚染水 /芒野
        泳いでるオレオレサギのような税 /笑い茸

   < つくる >
   特 選:小国民保育園からつくります /白真弓
   秀 逸:無関心悪政つくる主電源 /越前クラゲ
        脱原発つくるうねりはテントから /草地
        オキュパイが未来の民主つくるとき /一志
        郵便の届くテントがつくる明日 /笑い茸
        穿つまでつくるから吐く川柳道 /わかち愛

新春川柳句会」は4日(日)午後2時から。みなさんの参加をお待ちしています。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/333-a0be874d

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに