原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

経産省前テントひろばの年末年始 にぎわうテントひろば

年末年始 テントはにぎわいました。昼夜テントを守る人たち、初めて訪ねてきてくださった方 常連、と、いい雰囲気で 年末年始を闘いました。

■2014年12月31日(水)夜
経産省前テントひろばの紅白歌合戦~「脱原発大根踊り」炸裂
それぞれの出演者は出番前後に『どれいけいやくしょ』といわれる「自民党改憲草案」の条文を読んだ。
 この様子はレイバーネットブログに掲載。是非見てください。
  http://www.labornetjp.org/news/2015/1231
 
報告(レイバーネットより)

 参加者は差し入れの鍋や飲み物で暖をとりながら芸には拍手を送り、自民党草案には怒号を浴びせた。
この様子はツイキャスなどで生中継され、出演者の後ろには関西電力本社前脱原発イベントの様子の映像が、関西本社前では経産省前テントひろばの様子が映像配信され、互のエール交換も行われた。

圧巻は最近金曜行動などで売り出し中の若手・大根王子(だいこんおうじ)による『脱原発大根踊り』 参加者全員が大根をもって歌い踊った。
大根を持っているのがわかりますか?
大根おどりは、火炎瓶テツさんたちの、経産省前抗議行動でおなじみです。

123101.jpg


<当日実施されたプログラム>
○挨拶
○『どれいけいやくしょ(自民党改憲草案)』前文朗読(kayoji)
 第1章 朗読(くま) うらくま 歌と演奏 「廃炉節」など
 第2章 朗読(うらん)
 第3章 朗読(のもとゆかり) 脱原発エレキテル連合 コントと替歌
 第4章 朗読(茂木) 高須  替歌
 第5章 朗読(高須)
 第6章 朗読(浦邉力) 浦邉力 歌と演奏 主権在民ほか
  関西電力本社前、川内原発テントとのエール交換
 第7章 朗読(大根王子) 大根王子 歌と踊り 大根踊り
 第8章 朗読(中澤誠) 中澤誠 話芸 戦前戦後の流行歌
 第9章 朗読(早川COB-HEY-SAY!!) 早川COB-HEY-SAY!! 歌と演奏 唐獅子牡丹ほか
 第10章 朗読(ジョニーH) ジョニーH 歌と演奏 「正義のために刑務所に入ったことはありますか」ほか
 第11章 朗読(カクサンスケサンA) カクサンスケサンA 替歌

憲法改悪推進本部(浦邉力)
蛍の光 全員
関西電力本社前、川内原発テントとのエール交換 カウントダウン


■2015年1月2日(金)マラソン大会
 写真・報告未到着

■2015年1月3日(土)午後2時より 第72回「霞ヶ関の中心で愛を叫ぶ」コンサート
コンサートの主催者の浦邊力さんの他、チェロ奏者の野瀬正彦さんがカザルスの「鳥の歌」などを演奏してくださった。
010301.jpg

その様子はレイバーネットブログにあるので、是非見てください。
 ○野瀬正彦さん
野瀬さんは「原発がすべてなくなるまで闘っている、このテントの人たちに敬意を表  します」と語った。
  野瀬さんはドイツのカイザースラウンテルンにあるラインラントプファルツ州立歌劇  場専属オーケストラ第一主席ソロチェロ奏者(コンサートマスター)として30年間  近く活動してきたが3.11の大震災後、帰国し、東北特に福島の人たちを応援する演 奏を続けてきている。(レイバーネット記事より)
http://www.labornetjp.org/news/2015/0103tent

■1月4日(日) テントを守れ!川柳句会 
DSCF0885.jpg


新春の「テントを守れ!川柳句会」はいつもより多い11名の参加者で賑わいました。

乱さんが出した今日の席題は「志」と「明るい」 選者は乱鬼龍さん。

   句会に初めて参加したひろこさんがなんと特選に。大きな拍手がわきました。
   いつもテント行動でお会いしている若い方、期待の星がまたひとつ輝きましたね。

       < 志 >  
    特 選:こころざしゆるく生きるとみえてくる /ひろこ
    秀 逸:四年目のテントに集うこころざし /芒野 
        :志もってテントを守り抜く /草地
        :大志持つ脱原発を果たすまで /越前クラゲ
        :脱原発この一筋の他になし/芒野
        :新年も志縁が築くテント力 /わかち愛


       <明るい>
    特 選:テント力明るい未来のエネルギー /芒野
    秀 逸:廃炉こそ明るい日本のめざす道 /乾草
       :急ぐ解明福島3号核爆発 /原子力ドンキホーテ
       :テントから発する明るさ世を照らす /草地
       :明暗を分ける一年本年も /芒野
       :集うひと笑顔にかえるテントかな /わかち愛


  正月らしさを出したかったので、私は鶴の絵のてぬぐいを、
     藤原さんは富士山の絵の凧をテント内の正面に。まだ飾ってあります。
     芒野さんは抹茶を立ててくださり、いつもと一味違う句会を楽しみました。
     一段落したところで正清さんにテントの裁判と今後をお話していただきました。
  
(句会のまとめ:わかち愛さん)  写真などは追って補足します。
(全体のまとめ:あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/336-7507fff9

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに