原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

川内原発1・2号炉の設置変更許可に対する異議申し立てに関する口頭意見陳述会

◆川内原発1・2号炉の設置変更許可に対する異議申し立てに関する口頭意見陳述会
1月21日(水)午後3時から、港区六本木ファーストビルにある原子力規制委員会13階会議室Aで、「川内原発1・2号炉の設置変更許可に対する異議申し立てに関する口頭意見陳述会」が開催された。

1062-01六本木
(賃料 月額4400万円)

陳述会に至る経過は以下のとおり

2014年9月10日、原子力規制委員会は川内原発の設置変更申請を許可(処分)した。
同年11月7日に、「原発いらない!九州実行委員会」の九州各県の世話人らが全国に呼びかけ、1500名が「同許可処分の取り消しを求める異議申し立て」の申し立て人として名乗りをあげた。そして青柳行信さん、鳥原良子さん、北岡逸人さんを総代として選任。原子力規制委員会に異議申立書を提出した。

異議申立書 http://tinyurl.com/mq2qzxs

同じ日に、鹿児島県および薩摩川内市が安全協定に基づき、九電が提出した事前協議を了承した。

2014年12月18日、総代より原子力規制委員会に「意見書と執行停止の申立書」を提出して、意義申立審理等の公開と川内原発の審査手続きの停止を求めた。

意見書 http://tinyurl.com/nmt2hpg
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

2015年1月21日、異議申立てに関する口頭意見陳述会を原子力規制委員会で開催

意見陳述会は陳述人16人と傍聴人(申立人のうち傍聴を申し込んだ人)23人および記者に限定されたものだった。記者席には誰もいなかったようだ。陳述会後に記者会見が開かれたので、そこには何人か出席したのだろうか。記者会見には出られなかったので、わからない。

開会の冒頭に原子力規制庁の浦野宗一安全規制調整官、大野桂史総括係長から今日の会の進行について説明があった。中桐裕子管理官補佐は最初から着席しておらず、途中でも何度か、中座を繰り返した。陳述人の中にはパワーポイントを使って発言された方もいたが、そのような図面・表などは配布された資料では略されていた。残念ながら、録画も禁止だった。録音はOKだったので、録音した方も数人いらしたようだ。

規制庁としては、ここで出されたような数々の疑問点については回答しない、と冒頭で断った。しかし、最後に傍聴者から発言があったように(どなたの発言だったのか、失念)、この陳述会は公開にすべき、充実した内容であった。そこで提出された疑問点については規制委員会として回答すべきものであると異議申立人側の参加者は全員が思ったと思うが、今後の政策の中で活かすべきものは活かしていく、という答えにとどまった

異議申立人の意見を本気で聞く気など、最初からないことのわかる回答だった。規制庁では、皆さんのご意見も伺いました、というアリバイつくりの陳述会だったのだ。県民説明会と同様に。
今後、ここで提出された数々の問題点をどのように追及していくのか、が次に求められている行動だと思った。

陳述をしたのは以下の方々である。

1.鳥原良子さん(異議申立人総代、川内原発建設反対連絡協議会会長)(15分)

2.浅田正文さん(元半自給自足農・原発震災被災者、石川県に避難中)(10分)
  「安全と責任 福島原発震災の被災者から」

3.有馬良典さん(鹿児島県薩摩川内市、川内原発建設反対連絡協議会)(10分)

4.佃 昌樹さん(鹿児島県薩摩川内市、薩摩川内市議会議員、川内原発建設反対連絡協議会)(10分)

5.筒井哲郎さん(東京都)(原子力市民委員会委員・原子力規制部会部会長、プラント技術者の会)(15分)

6.石橋克彦さん(兵庫県)(神戸大学名誉教授・地質学)(30分)

ー休憩 15分ー

7.北岡逸人さん(異議申立人総代、福岡県、福岡核問題研究会)(20分)
  「川内原発設置変更許可処分の違法性と不正性について」

8.三好永朔さん(福岡県)(九州大学名誉教授・理論化学、福岡核問題研究会)(10分)
  「水蒸気爆発の危険性は低いか」

9.中嶌哲演さん(福井県小浜市)(原発設置反対小浜市民の会、明通寺住職)(10分)
  「科学者の倫理的責任として、再稼働の最終的な許可を踏みとどまってください」

10.小倉志郎さん(神奈川県、原子力市民委員会、元原発技術者)(10分)
  「九州電力川内原子力発電所の再稼働に、以下3項目の理由にて反対します」

11.矢部忠夫さん(新潟県柏崎市、柏崎刈羽原発反対地元3団体共同代表、柏崎市議会議員)(10分)

12.上里恵子さん(山口県、上関原発計画の根っこを考える会)(5分)
  「原発稼働のためには責任の所在が明確にできる「法整備」を望む」

13.山田純一さん(東京都、再稼働阻止全国ネットワーク)(7分)

14.木村雅英さん(東京都、再稼働阻止全国ネットワーク)(8分)
  「原子力規制委員会の姿勢を問う」

15.東井 怜さん(静岡県、浜岡原発控訴審原告、福島原発告訴団・静岡)(10分)

陳述者15名の意見陳述要旨は以下で見ることが出来る(ただし図面・表等は省略されている)。

http://tinyurl.com/k9a99b2
追記: 下記の陳述者から省略された図面等を含めた陳述書が提供された(「報告 第1373目~1375目 ★原発とめよう!九電本店前ひろば★より)
1.鳥原良子さんの資料を含めた陳述書: 
意見陳述:http://tinyurl.com/mo3neb5
資料1:http://tinyurl.com/nk7r3j3
資料2:http://tinyurl.com/ol5l8nw
資料3:http://tinyurl.com/kzfk9nt
資料4:http://tinyurl.com/k5bqj3z
7.石橋克彦さんのPPの部分を含めた陳述書: http://tinyurl.com/lh2nqfu
8.北岡逸人さんの陳述書(PPTを含む) : http://1drv.ms/1woyeKa
9. 三好永作さんの陳述書:意見陳述: http://tinyurl.com/mo3neb5

(まとめ:あっきい)

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/02(日) 21:22:13 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/344-19fe1e93

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに