原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

2/4~2/5 鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション (1日目)

川内原発再稼働阻止・原発いらない!
2/4~2/5 鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション 

2月4~5日、川内原発再稼働を絶対させないと頑張っている鹿児島の女たち16人と福島原発事故と真っ正面から向き合って闘っている福島の女たち13名は霞ヶ関で目一杯の闘いをしました。
▼黒田さん 
黒田

 鹿児島の女性たちの多くは、東京に出てきて、経産省、規制庁、院内集会、首相官邸前での抗議行動を行うことは初めてということでした。
 2日とも寒い最中での行動でしたが、元気に闘い、それぞれの居住地に戻られました。但し、5日は雪で予定していた飛行機が欠航になるということで、午前中に帰られたことは少し残念でした。

◆2月4日の行動の報告この日の行動はユープランさんの動画で見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=0f9iy7eOnAE

▼テント前に集まった
テント前に集合

○昼12時、上京されたみなさんは日比谷図書館に集まり、打ち合わせと資料の帳合いなどをして、経産省前テントひろばに集まり、13時30分から簡単な集会。主催者を代表して、黒田節子さん(福島)と鳥原良子さん(鹿児島)が挨拶。 この行動の主催者の「再稼動阻止ネット」の沼倉さん(男性)も挨拶。
 時間がぎっしり詰まっているため、直ちに行き先に向かってダッシュ!
 まず、鹿児島を中心に規制庁へ向かう人たちがタクシーに乗り込む。
 続いて、参議院議員会館に向かう人たちがタクシーと歩きで。
 東京を中心とした人たちは経産省正門へ。正門前で抗議行動。

▼垣内さん 経産省前で、経産省が女たちの申し入れ書を受け取らなかったことを抗議
Image2垣内挨拶

▼淵上さん
淵上

▼橋本あきさん
はしもとDSCF1064

○14時からそれぞれが抗議行動
○15時30分から、17時30分まで 官邸前で。

▼院内集会の人たちが戻るのを待つ間、リレートーク
I青山mage23

▼鹿児島の女たちのバナー
DSCF1106.jpg

▼鹿児島の女たちはいろんなバナーを持参
DSCF1110.jpg

▼院内での各省庁との報告をする武藤さん 怒りでいっぱい。
武藤SCF1102

▼役人の言うことは本当におかしいとがっくりしつつ、やはり、怒りでいっぱいの鳥原さん
D鳥原

○その後、九電東京支社抗議行動(主催:阻止ネット)をするために、有楽町駅前電気ビルに歩いたり地下鉄で向かう。
○他方で、18時30分から全労協の労働者が日比谷図書館で地下のホールで集会をしているところでアピールする人たちも。
○九電前のシュプレヒコールもテツさんが音頭。
九電前DSCF1119

○九電抗議が終わったら、山手線線路(高架)の下の道を歩いて、新橋駅そばの東電前へ。いつものように東電前行動。終わったのは20時すぎ。

DSCF1128.jpg

お疲れ様でした。

(報告:あれこれ屋 写真:あれこれ屋 ユープランさん)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/349-9e467174

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに