原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

いのちを想う「誓いのキャンドル・ナイト」

いのちを想う「誓いのキャンドル・ナイト」
http://candle311.blogspot.jp/

原発震災から間もなく2年目を迎える福島から、
「誓いのキャンドル・ナイト」の呼びかけが届きました。
この呼びかけを広く拡散し、それぞれの住んでいる地域で心の灯をともしましょう。

このプロジェクトは、2013年3月11日夜にキャンドル・ナイトを行い、
鎮魂を祈り、これからの行動を考えて変化を誓い、それを確かめ合い、
分かち合うひとときにしませんか、と広く呼びかけるものです。

「誓いのキャンドル・ナイト」への参加はとっても簡単。
311当日、キャンドル・ナイトをどこで過ごすか、どんな想いを祈るかなど、
メールでお知らせいただくだけです。
または、311後に、「こんなふうに過ごしました」とご報告ください。
上記、私たちのサイトでご紹介させていただきます。

「いいことを願う気持ちが結集すれば、きっといい変化が起きるはず。
いい心が具体的に形として現れる年にしたい」と、友人が話してくれました。
私もまったく同感です。
自分がいいことを願い変わることで、変化が起き、好循環が始まるはずです。
311から3年目に突入する今年、
誓いも新たに、変化がスタートする1年にしたいと考えています。
どんなアイディアが寄せられるのでしょうか。
ここから何かが始まるのではないかと、ドキドキしながらお待ちしております。

ご参加、拡散のほど、よろしくお願いいたします。

「原発いらない福島の女たち」キャンドル・チームから

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/35-6a4b5440

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに