原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

2・26 テント撤去を許すな! ドイツ語版

2月23日の記者会見の時、配布された<テントひろばからのアピール>です。
日本文と、英文のものが配布されました。
ドイツ語でも翻訳され、ドイツへも発信されました。お知り合いに外国人の方がいらっしゃいましたら、紹介してください。

Image1ドイツ表

Image1ドイツ裏面

■テントアピール文

2015年2月26日テント撤去を許さない!  
  ※このアピール文は英語版とは違います。

 東京地裁・村上裁判長は、テント裁判・被告代理人(弁護士)に2.26に判決を出すと通告してきた。私たちはこの2.26判決の通告に、断固として抗議をする。
2.26当日、東京地裁を圧倒的な人の波で包囲し、怒りと抗議の意志を叩きつけなければならない。

 私たちは2011年9月11日以来、3年5ヶ月にわたって、経産省前で「脱原発テント」を保持し、2年近くに亘って国・経産省が起こした「テント撤裁判」を闘ってきた。
 ところが2014年12月3日の第9回口頭弁論で、裁判長村上正敏は突然、騙し討ち的に「今回で結審」と通告し、また被告にも傍聴人にも聞こえないような小さな声で、しかも寝言に近い「むにゃむにゃ終結」と言ったのである。その時は判決日の言わなかった。
 そして今回、判決日を通告してきた。私たちはこのような暴挙を許すわけにはいかない。 2月26日、テントを守るために圧倒的な人々がテントに結集し、東京地裁を包囲して抗議ししよう。
 
 経産省前テントひろばは、他でもない、日本の脱・反原発運動が持っている1つの陣地であり、拠点であり、宝である。
1.経産省前テントは、脱・反原発を願う全ての人々のものである。
2.原告・国は、「テントが立つ敷地は経産省が管理す国有地である」と主張するが、国有地は国民のものであり、そこを使う関係者たちのものである、というのが事の本質で ある。
3.言うまでもなく、経産省前テントは脱・反原発を掲げているのであり、そうであるが故に、原告・国は世界に類例のない形でおこった福島原発事故という政治問題を正面から論ぜず、ひたすら 「国有地問題」に問題をゆがめてきているのである。東京地裁はこれに荷担しようとしている。
 原告=国・経産省は東電福島第1原発事故の責任を一切とらず、「安全だ、安い、電力が足りない」と国民を脅迫し続けてきた。彼らこそ裁かれなければならない亡国の徒なのだ。
4.テント撤去の策動は、安倍内閣による原発推進・再稼働を一気に加速させるためのものである。脱原発の目障りな存在をとりのぞき、「東電福島原発事故を無かった」ことにしたい、川内原発、高浜原発を再稼動したいということのあらわれである。
6.経産省前テントひろばは、あなたのものであり私のものである。テントは原発反対の全ての人たちのものであり、現在も変わらない。
7.われわれの個々の力はたかが知れたるものである。だが、その小さな力の大きな結集は真に頼りになるものだ。国や東京地裁が恐れるのはこの力だ。

 2月26日は、この力をいよいよ示す時であり、この力が引き続く闘いの新たなスタートとなるものだ。自信と勇気をもって前進しよう!
 2015.2.21

(第2テント翻訳チーム)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/356-c76342fc

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに