原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

緊急のお知らせ 3月18日、裁判所から仮執行停止決定が届く。3月20日、記者会見(テントひろば前)

今日(3・18)13時過ぎ、東京高等裁判所は、経産省前テント(強制撤去)仮執行停止決定を下しました。
3月20日(金)14時から、記者会見を行います。 於:経産省前テントひろば お集まりください。


<簡単な経過>
・2月26日に、不当な地裁判決とそれに対する抗議・報告集会を持ちました。
・3月2日に裁判所からの判決通知が大口弁護士(代理人)事務所に送付されました。
①テントを撤去せよ。仮執行を認める。②賠償金を支払え。その額は国が裁判を起こした時までの約1100万円とその後、テントを撤去するまでの期間を加算し、合計約2800万円。という内容でした。
・3月3日から、テント撤去に備えた体制をとった。
3月6日、被告・代理人(弁護士)は高裁に控訴し、同時に仮執行停止を申し立てた。そして裁判所と交渉した。
・高裁は仮執行停止については賠償金を入れることを提案してきたが、賠償金は払える額ではないので交渉を続けた。
・結果、賠償金を500万円いれることをテント側は決めた。テントを維持することの利をとった。
・3月18日(水)、裁判所から仮執行停止決定が届く。
・3月20日(金)、記者会見。

2.26の判決から20日余り。緊急記者会見、全国アピール、テント防衛対策、弾圧対策、右翼対策、控訴、仮執行停止申し立て、保証金集め、と緊迫した闘いの中で生まれた画期的な成果を確認します。
みなさん、記者会見に集まってください。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/370-9ce95d49

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに