原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

がんばれ検察審査会!「強制起訴」で刑事裁判を! 検審激励行動・院内集会

「2012年に福島原発告訴団が東電幹部や政府機関などの罪を問う告訴・告発した事件は­再び、検察審査会が審査に入り、再度「起訴すべき」という判断が出れば「強制起訴」に­。検察庁が見逃したこの重大な犯罪を、一般の市民による検察審査会が、刑事裁判をおこす­という判断を下すよう働きかけていきます」(呼びかけのちらしより)。
その働きかけの一環として3月24日(火)12:00から検察審査会前で約250名が集まり、激励行動を行いました。


その模様はUplanさんの録画で見ることが出来ます。
ttps://www.youtube.com/watch?v=l0wjjYtfCag

Image2抗議開始

<検審激励行動>
発言者は以下のとおり(数字は録画登場時間)。

●武藤類子さん(福島原発告訴団団長)
●広瀬隆さん(2:17)

Image2広瀬

●浅田正文さん(金沢に避難)(4:40)
●森井マサコさん(告訴団甲信越)(8:58)
●村田ヒロミさん(南相馬市から横浜に避難)(11:15)
*到着が遅れていた福島からのバスが到着(16:20)
●男性(16:33)
●篠崎さん(栃木県那須市在住)(18:30)

●保田弁護士(20:47)
●海渡弁護士(22:40)
●河合弁護士(27:38)

福島からの発言:
●蛇石郁子さん(37:50)
●男性(田村市から避難)(40:45)
●古川さん(住所不定)避難者(46:05)

Image2古川

●三春の方(木屋さん?)(47:19)
●佐々木慶子さん(49:25)
●佐藤和良さん(福島原発告訴団副団長)(51:48)


シュプレヒコール(54:16)

<院内集会>
午後1時からは参議院議員会館講堂で院内集会が開かれました。300人ほどの参加者がありました。
その模様はUplanさんの録画で見ることが出来ます。司会は人見やよいさん。
https://www.youtube.com/watch?v=dg6mgcGCF1k

発言者は以下のとおり。
●武藤類子さん
●保田弁護士(5:09)
●海渡弁護士(13:37)
●河合弁護士(30:00)
●地脇美和さん(2015年告訴参加への呼びかけ)(41:50)
●福島瑞穂議員(44:36)

●ゲストスピーチ:落合恵子さん(47:38)

(*「反対を叫ぶことも大事。でも暮らしを大切にしていくわたしたちでありたい。生活を大事にしましょう」という言葉で結ばれたスピーチはとても心に残るものでした。ぜひ、録画を見てください)。

Image2落合

●佐藤和良さん(汚染水問題の報告)(1:21:35)
●人見やよいさん(3.12汚染水問題に関する緊急政府交渉報告)(1:30:42) 


Image2人見

閉会

<参加者の感想>
24日お昼時、東京地裁前では250余りの人の怒りと、被疑者らが強制起訴されることを求めるシュプレヒコールの声が何度も響きわたりました。
フクイチ事故から4年過ぎた今でも、収束の目途はたたず、12万人の人達が避難しているというのに、政府は、電力会社各社、規制委と一体となって原発再稼働に向けて動いています。
私達は、金曜官邸前デモや大小様々な各地の集会、デモで原発反対の声を上げ続けていますが、先が見えないこの福島の事故の原因をつくった張本人達が裁かれない限り、反省のない中で再び大事故が起きる可能性は免れないと思います。このままでは、福島の人も多くの国民も到底納得できないのではないでしょうか?

河合弁護団長は、「私達は権力と闘っているのではない。悪と闘っているのだ。勝つまで諦めない。諦めないから絶対負けない。」と、力強く話され、規制委の無責任さに対しても今後訴えていきたいということでした。
今、安倍政権下で、全ての政策が民意とはかけ離れた形で強引に推し進められ、私達の危機感は募るばかりです。
福島原発告訴団が、これからも様々に調査を進め、”悪”への飽くなき追及を続けていくことを願ってやみません。そして私達にできることとして、サポーターとなって声を上げ、周囲にも拡げていくことが大事なのだと思います。 (Y.E.)

(まとめ:あっきい  写真:Uplanさんの録画より)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/380-bad75be0

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに