原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

鹿児島・川内原発再稼働阻止 脱原発テント通信

鹿児島・川内原発再稼働阻止 脱原発テント通信

1) 3年前の子供の日に経産産省前テントひろばを飾った手作り鯉のぼりは今、久見崎海岸の空を楽しげに泳いでいる。
川内原発間近のここ薩摩川内でもあちこちで立派な 鯉のぼりを見かける。子供が健康にすくすく育つことを願うという鯉のぼりを掲げた親たちに原発再稼働はどう写っているのだろうか。

2) 「久見崎海岸ビューティフルビーチ大作戦」
久見崎海岸は、テントが建った昨年9月頃に比べ格段に綺麗になった。訪れる人もそう言うが、海ガメが産卵できる場所になったかといえば、まだまだ不充分だ。ということで地元の方々の参加を得て、ご覧のチラシのようなイベントを行うことになった。
清掃廃棄すべきは原発だ。ビューティフルビーチ作戦には原発も含まれる。

DSC_0310.jpg

3) テントを補強するクマさん
DSC_0277.jpg

薩摩川内市久見崎町久見海岸番外地 脱原発川内テント
  問い合わせ先 090-5339 -2243 090-3202-7897 mail image9@docomo.ne.jp

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/395-da03ce8f

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに