原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

素敵なバッジが届きました!

2012.10.27(土)

にぎやかな金曜日とはうってかわって、
静かで落ち着いた雰囲気の土曜日のテントひろば。
お隣の第一テントから、「来て来て!」と呼ばれて行ってみると、
テント宛の宅急便が。
長野県のYさんというかたからで、温かい飲み物類と一緒に、手作りのバッジが50個入っていました。

photo1.jpg

布製で、ビーズで「NO NUKES」「NO げんぱつ」の文字が刺繍されています。
ひとつひとつが手作りで、すごく可愛くて、作ったかたの気持ちが伝わってくるものでした。
それが50個も!!

photo2.jpg

同封されていたお手紙には、長野県でのYさんの脱原発活動のこと、
バッジを手作りで作られていることと、
「そちらで利用してもらえたらと、お送りします。どの様にでもお使い下されば幸いです。」と書かれていました。
想いのこめられたお手紙と、こころのこもった贈り物に、
居合わせた一同大感激。
どの様に扱うか、これからみんなで大切に検討させていただきます。

経産省前テントひろばは、ほんとうにたくさんの(日本中、または海外からの)
いろんなかたの想いや励ましのお言葉に支えられて存続しています。
そのことに感謝するとともに、
一日でも早くみんなの想いを叶えられるよう、
たくさんのひととつながって、この現状を変えていきたい、と、
改めて思った今日でした。


(報告 K)

コメント

色付きの文字手芸大好きばあさんにはたまりません。早くお目にかかりたいものです。
2012/10/31(水) 21:10:26 | URL | maririnn  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/4-be31f2ee

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに