原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

5月19日に大間原発建設反対で電源開発本社前で抗議

第二テントのスタッフ2人が中心になって、大勢の方のご協力で活動をしている「大間原発反対関東の会」から、電源開発本社に対する抗議行動の報告です。

Image2函館

3月から毎月19日(熊谷あさ子さんの月命日)に銀座の電源開発本社前で、スタンディングデモを始めました。
4月はあいにく雨が降ってしまいましたが、5月19日(火)は薄曇りでデモにはちょうどよい天気でした。
ほかにも安倍政権に対するいろいろな抗議活動が行われている中で、16人が集まりました。

Image2大間

通行人にはちらしを配りましたが、まぁまぁの受け取りでした。
去年の北海道新聞に掲載した意見広告のコピーも配りました。ほかにも5/23デモの案内ちらしなど、各参加者が自由に配布しました。

最後に、Sさんの音頭でシュプレヒコールをしたら、一気に通行人の注目が集まり、チラシを受け取る人もふえました。
毎日、ここを通っているという女性が、いつもはガードマンなんて、いないのよ、と教えてくれました。
電源開発も注目して、抗議に構えているということだと思います。
先の市長選では、函館市の工藤市長は圧倒的な得票数で再選されました。今後の函館市の「大間原発建設差し止め訴訟」の裁判傍聴の呼びかけにも力を入れて行きたいと思います
次回口頭弁論は7月7日です)。

来月6月19日(金)12時から1時間、同じ場所でスタンディングデモを行います。出入り自由です。皆さまもぜひ、ご参加ください。
なお、この日はテント裁判の控訴審・第一回口頭弁論の日です。
忙しいですが、全部、頑張りましょう。

(報告:あっきい) 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/402-6653154a

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに