原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

project peace 9 プロジェクト ピースナイン

国連に、フクシマの声を 届けませんか?
~“人権NGO 言論・表現の自由を守る会”国連報告 ~
  講師 言論・表現の自由を守る会 垣内つね子 事務局長

2月23日午後2時~5時(開場1時30分)
2月26日(火曜)16時00分(開場15時30分)DVD上映 

会場:経産省前 脱原発第2テント にて
    問い合わせ先:垣内 携帯080-3023-3339
Mail:Tsuneko@s2.dion.ne.jp

言論・表現の自由を守る会は、昨年国連経済社会理事会NGO特別協議資格を取得しました。この資格を活用して、第2回UPR日本審査に向けて「日本政府に対する3つの勧告」を提案して8月ジュネーブでの予備審査でアピールし、トロイカ3カ国(リビア・ペルー・バングラデシュ)と欧州各国政府などにも働きかけました。
そして、10月31日のUPR本審査の前日には、国連欧州本部(パレ・デ・ナシオン:ジュネーブ)にて国連公認のサイドイベントを主催して、各国からの参加者に福島の問題と日本の公安警察のビラ配布弾圧の犯罪証拠ビデオを上映しネット配信も行い、翌日当会の提案した内容が日本政府に勧告されました。
11月には、国連人権理事会から派遣された「健康に関する特別報告者」による調査にも協力して資料も提供し、12月には最高裁で、国公法弾圧堀越事件被害者、堀越明男さんの高裁無罪判決を確定させました!
今年の元旦から、三度人権理事国となった日本において、“個人通報制度”を批准して日本の三権分立を確立させることは、33年前に国際人権規約を批准した自民党政権の責務です。
2008年に国連自由権規約委員会も勧告した「公職選挙法の戸別訪問とビラ配布の禁止規定と国家公務員法102条の撤回を実現し、国民の参政権を確立させることも待ったなしです。

《日本の国連人権条約関連審査スケジュール:国連欧州本部・ジュネーブ》
2月253月22日 第22回国連人権理事会3月14日:日本政府に対する勧告討議
4月30日 社会権規約第3回日本政府報告書審査
5月21・22日 拷問等禁止条約 第1回日本政府報告書審査
6月 健康に関する特別報告者アナンド・グローバー氏の日本政府に対する最終勧告
2014年7月自由権規約第6回日本政府報告書審査

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/13(木) 11:34:55 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/43-e3aaf62a

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに