原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

映画会のお知らせ

日時: 8月26日水曜日 19時~
場所: 経産省前テントひろば 第2テント
主催: テントひろば有志
映画の内容・趣旨:
1950年代末~60年代初頭、貧しい庶民が政治的な作為により餓死させられていた。その現実を直視し、弾劾し、虐殺され、歴史から抹殺された人たちがいた。「中国の良心」の闘いの記録。

中国インディペンデント映画上映会
胡傑 監督 封印された中国現代史シリーズ


■第2回『林昭の魂を探して』 2005年、116分 日本語字幕付き

北京大学女子学生の林昭は反右派闘争で逮捕投獄され、監獄内で殺害された。林昭は獄中で自らの血で大量の文書を綴っていた。

胡傑監督は自身の全てを投入して、林昭の著述、足跡、関係者を探索し、林昭の魂を蘇らせてゆく。
林昭と胡傑、時を隔てて呼応する、やむにやまれぬ探求のドキュメンタリー。

EEF21397-2650-4A8A-9CEF-777255D2F2DF.jpg

<以下、参考情報>
最新の『状況』8月号の矢吹晋「中国観照」で、前回の星火と林昭を紹介しています。
以前の上映会で使ったチラシです。女性の絵と写真が林昭です。

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015/09/06(日) 08:28:40 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/431-5b3ca450

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに