原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

テント4周年に寄せて フランスからのメッセージ

9月11日に設立4周年を迎えた経産省前テントひろばに寄せられた海外からの励ましのメッセージ2つを紹介します。呼びかけが遅くなってしまったにもかかわらず、メッセージを送ってくださったお二人に感謝しています。

テント設立4周年に寄せて 海外からのメッセージ

◆よそものネット・フランス 飛幡祐規  9月10日
テント設立4周年をむかえたみなさんの粘り強さと意気に感服します。
政府と九州電力は川内原発を無理やり再稼働させてしまいましたが、福島原発告訴団は遂に東電元幹部の強制起訴を勝ち取りました。
原発ゼロを2年近く維持できたのも、市民の力があったからだと思います。
今、安保法案反対を訴える市民の動きは、前代未聞の広がりを見せています。
日本の民主主義の一大危機に、海外から支援と連帯を届けます。
テントひろばは市民が出会い、議論し、民主主義を実践する象徴的な場として、大きな意味をもっていると思います。
みなさまのご健闘をお祈りします。

◆水野千春 (フランス在住) 9月11日
四年もの抗議行動に頭が下がります。大間のあさこハウスの様に息の長いご活躍をお祈りしています。
海外に居る私共も、日本の現状を正しく伝える様頑張ります(例、小出氏のラジオフォーラムを参考にしています)。
原発問題は沖縄基地問題や安保法案等と皆つながっていると思います。
70年間戦後処理をしてこなっかた付けが、今噴出しているのでしょう(例、戦犯の岸がアメリカの配慮により首相になる様な国)。
世界中の庶民が幸せに暮らせる日か来る事を夢見ています(愛、平和、希望)。

(紹介:あっきい)

◆ フランスの女性反原発活動家からのテント4周年へのメッセージ

Communique de soutien aux femmes japonaises qui occupent un site depuis quatre ans
4年間、土地を占拠している日本の女性への支援コミュニケ
Une des responsables de la lutte antinucleaire en Alsace et dans le Dreyeckland (Le coin des 3 frontiere) rassemblement cree en 1974 entre les ?Alsaciens, Allemands du Pays de Bade et les Balois en Suisse, nous nous sommes mobilises contre la centrale de Fessenheim en Alsace.
私はアルザスの「三つの国境の地」と言われているドレイェックランド (Dreyeckland)における反原発闘争の責任者の一人です。
アルザス人、バーデン領邦のドイツ人、そしてバーゼルのスイス人が、アルザスにあるフェッセンハイム原子力発電所の稼働に反対するために集結しました。
Nous avons occupe un pylone a Heiteren a cote de Fessenheim pendant huit mois ou nous etions tous les jours une cinquantaine de personnes, ?beaucoup plus les week-ends.
わたしたちは8か月間、フェッセンハイムの近くにあるエイトレンで送電鉄塔を占拠しました。平日は50人、週末はもっと多くの人が集まりました。
Les forces de l'ordre nous ont degages pour disjoncter (mettre en route la centrale) Nous avions appris que l'electricite produite par cette ?centrale alimenterait Paris, transportee par d'enormes pylones car l'Alsace avait assez d'electricite.
原発再稼動のために、私達は警察権力に追い出されました。
私達はフェッセンハイム原発の電力が、エイトレンの大きな送電鉄塔からパリまで運ばれるということ、そしてアルザスの電力は足りていることを知っていました。(だから占拠した。)
Nous n'avons pas obtenu grand-chose, malgre des manifestations ou nous bloquions les frontieres entre la France, l'Allemagne et ?la Suisse : La creation d'une commission de controle ou nous pouvions participer aux reunions et la non construction de 5 tranches de la centrale car le POS (Plan d'occupation su sol) en avait prevu 7.
フランス、ドイツやスイスの国境をブロックしてデモを行ったにもかからず、(再稼働を阻止できずに終わったので)成果は小さかったといえるかもしれません。
しかし、(反対派も)会議に参加できる監査委員会が成立し、土地利用計画で当初予定していた7機建設のうち5機は造られなかった(2機に縮小した)ことは、成果といえるのではないでしょうか。
La centrale de Fessenheim a aujourd'hui 41 ans et est de plus en plus dangereuse car elle a connu beaucoup d'incidents.
現在、フェッセンハイム原子力発電所は建設後41年です。沢山の故障を積み重ねて、ますます危なくなっています。
Hollande avait promis de l'arreter mais le lobby est beaucoup trop fort et controle tout dans ce pays.
オランド大統領はフェッセンハイム原子力発電所を止めると約束していたのですが、ロビーの力は強大で、全国を支配しています。
Je dirais que lors de l'occupation du pylone, c'etait surtout les femmes qui s'etaient mobilisees
エイトレン送電鉄塔の占拠では、主に女性が集結したと言えます。
Nous remercions les femmes japonaises qui occupent aujourd'hui, et ceci depuis 4 ans, un site pour demander l'arret du programme nucleaire apres la catastrophe de Fukushima, d'avoir droit a toutes les informations; Le Japon ?est aussi secret que la France qui nous a toujours menti sur les catastrophes nucleaires.
福島第一原子力発電所の事故後、核開発計画を止めようと訴えて4年前 から「土地」を占拠しているテントの人々、特に女性のおかげで、私達は福島について情報が得られ、感謝しています。日本は原発事故について嘘をつき続けたフランスと同様、真実を隠したがっています。
Nous sommes solidaires de leur lutte
私達は、真実を明らかにするあなた方の闘争と連帯しています。
Ginette Hess Skandrani
ジネット へス スカンドラニー
Ecologiste
エコロジスト

森瑞枝さんのコメント
15日まで、ゆえあってフランスにおります。
フランスの反原発活動家ジネット・ヘス・スカンドラニさんからテントひろば、とくに女性たちへ連帯のメッセージが届きました。彼女たちのグループはアルザスでテントを貼って、再稼働を縮小させた実績があります。
 また、ジネットさんたちが配信しているビデオジャーナルで、福島のこと、テントのことを取り上げることになりました。ビデオジャーナルは主にアフリカ、中東地域に配信されます。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/444-b6374c50

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに