原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

9.23 さようなら原発・さようなら戦争全国集会@代々木公園にブース参加

秋晴れの秋分の日、9.23集会は代々木公園で行われました。主催は「さようなら原発」一千万署名 市民の会」
安保法が国会で通ってしまった直後の集会であるため、危機感をもつ労働組合、市民団体、個人が2万5千人集まりました。


qweazqa.jpg

■代々木公園のケヤキ並木のところに、10のブースが出店しました。
第二テントもテントTシャツプロジェクトと組んで、たんぽぽ舎、再稼働反対全国ネットワークと共同でブースを出しました。
281さんのバナー(第二テント前にかけてあったもの)も木と木のあいだにヒモでつるしたので、多くの人の目をひきつけるのに役立ったと思います。
販売に当たったのは第二テントを中心としたメンバー4,5人。

DSC_0048.jpg

DSC_0050.jpg

扱ったものはTシャツ、バッジ、反原発扇子など。
Tシャツは22枚、バッジも281さんデザインのもの、フクシマ・バッジプロジェクトのものを中心によく売れました。

ブースは11時オープンで、2番目のデモ(原宿コース)が出始めたころ(15:30ころ)まで頑張りました。普段、経産省前テントに来ない方々、顔なじみの方々など大勢の方が寄ってくださり、みなさんのご協力でそれなりの成果をあげることが出来たと思います。どうもありがとうございました。

(まとめ:あっきい  写真:ナガー)

■代々木公園の集会場はいっぱいになりました。

DSCF1752_765.jpg
○集会は13:30 から始まりました。司会:木内みどりさん
○発言:落合恵子さん/澤地久枝さん/河合弘之さん/福島から・武藤類子さん/自主避難(北海道から)宍戸隆子さん/

Image2ひだん

川内原発現地から野呂正和さん/上野千鶴子さん/SEALDs・奥田愛基さん/辺野古新基地建設反対関東ブロックから木村辰彦さん/韓国カトリック平和のための福島訪問ツアー団/カトリーヌ・ガドゥさん(仏・映画監督)/大江健三郎さん/鎌田慧さん
が次々に発言されました。

○15:00 クロージングライブ&トーク 木内みどり/津田大介/佐藤タイジ(シアターブルックを行う中、デモに出発。

CPkUBPoVEAAC-Uf.jpg

デモは二手に分かれて行われました。一手は代々木公園~渋谷駅~神宮通公園
もう一手は代々木公園~原宿駅~青山通り~日本青年館 こっちは労働組合いが中心でした。

■発言を紹介

○落合恵子さん
安倍政権から私たちの民主主義を取り戻すために今日ここに来た。アメリカ議会で約束してきたことを私たちに説明しないままにやった。安保法案の説明はメチャクチャ。説明すればするほどデタラメ。原発を推進してきた姿にぴったりと重なる。福島第1原発が終息しないままに、川内原発を再稼動させた。
私たちそれぞれが自分にむけて約束しよう。存在をかけて闘い続ける。戦争法案に賛成した議員の顔を忘れず落選させよう。
なにがオリンピックか。仮設で暮らす人に使え。私たちは思想と姿勢で抗っていこう。

○武藤類子さん
東京電力が起こした福島原発事故は終わっていません。今も被害は広がり、続いています。
豊かな生命を育む、大地も森も水も風も深い傷を負ったままです。
福島県は今、帰還と復興の激しい流れに呑み込まれています。
国と福島県は、放射線量がまだ十分下がりきらない地域の避難指定を解除し、避難者の借り上げ住宅制度の廃止や賠償の打ち切りを、当事者の声を十分に聴かぬままに決めました。
オリンピックに注がれる莫大なお金で何人の避難者の生活が保障されるでしょう。
福島県の小学5年生が全員訪れることになる放射線教育施設の完成が近づき、子どもの応募により愛称が決まりました。
修学旅行の高校生や見学ツアーの中学生が福島を訪れます。
早急な調査と対策がされるべき小児甲状腺癌は、増え続けています。
福島県の災害関連死は、津波で亡くなった人をはるかに超えました。ふるさとへの郷愁と放射能への不安のはざまで、精神の疲れは限界です。
そんな中、川内原発は再稼働し、次は伊方原発の再稼働が目論まれています。原発を造ってきたメーカーやゼネコンは、責任を負うこともなく放射性廃棄物の処理で再び利益を上げています。

過去の過ちを反省せず、多くの国民の反対を押し切って推し進める。これは、憲法違反の安保法案が、安倍政権の暴挙によって決められたことと重なります。多くの市民の枯れ果てるまでに上げ続ける声を聞かずに決めたこととも同じです。
過酷な被曝労働は、日本中で仕事を求める人々の受け皿になっています。今度は兵役がその受け皿になるのでしょうか。
戦争も原発事故も、起きてしまったことから学ばなければ、悲劇は何度でも繰り返されるのです。犠牲になった人々の怒りと悲しみは決して慰められはしません。
国土を失い、平和を失い、民主主義を失うものは、原発と戦争です。

「9条守れ」「戦争いやだ」のプラカードを手に、雨の中も国会の前に立ち尽くす何万という人々がいました。年齢や立場、党派をも超えて共に闘う人々がいました。
原発事故の被害者たちは共に手を繋ぐことを約束しました。
全国散り散りになった避難者も、繋がっていこうと動き出しました。刑事責任を問わない検察庁の代わりに、市民による検察審査会は、刑事裁判への扉を開きました。
原発も戦争も無い世界を、私たちひとりひとりが創っていきましょう。

(まとめ:あれこれ屋 写真:公開映像 あれこれ屋)


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/447-3c19f4f2

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに