原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

10/12川内原発2号機再稼動を許さない全国集会

川内原発1号機の再稼動に続いて、いよいよ川内原発2号機再稼働も迫ってきました。
折しも、安倍内閣の改造人事では、高木毅(福井県選出の原発推進派)が復興・原発事故再生大臣になった。一方、「原発ゼロの会」の河野太郎が国家公安・行政改革大臣になったが、河野は「政府の一員である以上、決まったことは誠実に実行する」と言っている。
原発再稼働をとめるために団結して闘っていきましょう。

■10.12全国集会に総結集を!!
九州電力は10月15日、川内原発の再稼働を目指しています。断じて許すことはできません。下記の行動を提起します。チラシ等再度拡散お願いいたします。
① 10月12日(月・祝)13:00より 鹿児島中央駅東口広場にて
「川内原発2号機再稼働を許さない!10.12全国集会」集会後鹿児島市中心部をデモ
② 10月15日(木)8:00より 川内原発ゲート前
「川内原発2号機再稼働を許さない!10.15ゲート前集会」
③ 10月11日 13:00より 川内原発ゲート前
 2号機再稼働反対!ハンガーストライキ」決行。原発再稼働「不同意」住民の会


■皆様
九州電力は2015年8月11日、川内原発1号機の再稼働に踏み切りました。しかし直後の8月20日、復水器からの海水漏出事故が発生しました。この復水器は2006年1月以降、9年以上も点検していなかったことが明らかになっています(2015.8.26朝日新聞)。しかも、原因究明は一切行わず、ただ漏れた管に栓をしただけです。

また川内原発2号機の蒸気発生器は、大きな問題を抱えています。九州電力が2009年11月、経産大臣に申請していた「川内原発2号機の蒸気発生器取替え等に関わる原子炉設置変更許可」願いは、2010年12月許可されています。2011年1月、鹿児島県知事も「了承」しています。交換の時期は、2014年度となっていましたが、未だに交換は行われていません。どういうことでしょう。老朽化した原発の安全性向上のために交換を申請していたはずです。

火山、地震、過酷事故対策、避難計画、使用済み核燃料など、様々な問題をかかえる川内原発、さらに2号機は未交換のままの蒸気発生器という問題が加わっています。

九州電力は10月15日、2号機再稼働と言っています。断じて許すことはできません。
つきましては下記の通り全国集会を呼びかけます。ふるってご参加ご協力方、よろしくお願いします。

ストップ再稼働! 3.11鹿児島集会実行委員会  事務局 向原祥隆

Image2川内

Image2SESESE.jpg


コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2017/01/20(金) 21:02:14 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/454-3536c7df

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに