原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

10.19 大間原発はいらない!スタンディング

このところ、スタンディングのたびに雨にたたられることが多かったのですが、10月19日(月)は気持ちよい秋晴れとなりました。
参加者は9名でした。長年、函館で活動してきて、この春に東京に引っ越して来られた方の「大間原発 大間違い」のプラカードはとてもユニークで、人目をひくものでした。
大間原発建設は電源開発株式会社がやっています。本社は地下鉄「東銀座駅」下車、すぐ。

RIMG0519.jpg

ちらし配布は4人でやったので、持参した約100枚を配布し切ることが出来ました。大間については新聞報道もされることが少ないので、少しでも大間情報を広める機会として、このデモの場を活用していきたいと思っています。

RIMG0526.jpg

12時から始めて、12時半と13時終了前にシュプレヒコールをしてデモを終わりました。
最後まで土地を手放さなかった熊谷あさ子さんの精神を受けついで、少人数でもこれからもデモを続けて行きたいと思います。

(報告・写真:あっきい)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/457-c8f06f89

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに