原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

11.19 大間原発いらない!スタンディングデモの報告

ここ数回、雨が降ることが多かったのですが、今回は秋らしい青空に恵まれて、12時から1時間、東銀座の電源開発本社前で「大間原発いらない!」スタンディングデモを行うことが出来ました。参加者は15名。
3.11以降、函館に娘さん家族とともに避難していて、自分だけ東京に戻ってきたというAさんは先月、初参加でしたが、今回はお友だちを誘って来てくださいました。

DSCN1532.jpg

通りがかりの男性が足をとめ、「頑張ってください。私は函館に住んでいた。函館市は市長が先頭で大間原発反対をやっている。よろしくお願いします」と言われました。その後、Aさんと函館市原発訴訟についての話をして行かれました。

DSCN1535.jpg

ちらしは3人で配布し、1時間で持っていった70枚を全部配布することが出来ました。ビジネスマン風の中高年の男性は結構、受け取ってくれますが、若い女性は全然、関心を示してくれなくて残念です。わたしは「あなたたちの未来のためにもやっているのよ」と心の中でつぶやきながら、配っています。
ちらしを受け取りながら、「ご苦労さま」と言ってくれた年配の女性もいました。
継続することで、一人でも多くの人が大間原発の危険性に注意を向けてくれるようになってほしいと思います。

DSCN1539.jpg

来月は19日が土曜日なので、17日(木)12時~13時まで同じ場所で行います。

(報告:あっきい 写真:あれこれ屋)

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015/11/29(日) 16:08:15 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/469-1d59e721

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに