原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

1月4日 経産省前テントひろば 新年餅つき大会 盛大に

明けましておめでとうございます。2016年になりました。

年末年始、脱原発経産省前テントひろばは人が集い、明るく元気な感じでした。

12月31日には、若い女性の植木屋さんが、山梨から、地下足袋姿であらわれ、例年のように、テントの入口に門松を立ててくれました。

DSCN1660.jpg

1月4日は天気の良い、暖かな1日でした。

▼餅つき開始

DSCN1664.jpg

▼餅のつき手、返し手の息が合ってる!

DSC09551.jpg


DSCN1676.jpg

▼辛み餅、あんころ餅、納豆餅、ゴマ餅、黄粉餅 トン汁 たくあんと白菜

DSC09542.jpg

餅は、はじめに、パックに入れて、経産省、農水省、文科省、財務省、地下鉄の駅、コンビニに届けました。新年の挨拶。経産省は受け取らず、あとは受け取ってくれました。
それから、みんなでおいしくいただく。


この日は、通常国会が始まり、12時から、国会議員会館前で、新年初の安倍内閣への抗議行動があり、テントで餅を食し国会へ行くとあらかじめプランを立ててきた人も多く、11時前から賑わいました。

▼11時から、淵上さんが新年の挨拶

DSC09549.jpg

「2016年 最高裁に対する上告理由書を提出した。2015年のテント裁判の判決で、「被告」に対する圧力を強めてはいるものの、テント撤去に踏み切れない国・経産省の弱さ、原発問題がなにひとつ解決できない弱さが露呈されている。テントが撤去されても闘い続ける。路上で、『テントここにあり』と闘い続けよう」と宣言しました。よし!

▼経産省に向かって、シュプレヒコールをあげて、自由に歓談

DSC09555.jpg

12時~13時までの抗議集会には3800名集まったそうです。
続いて、13時30分から官邸前で、「慰安婦問題をめぐる日韓合意」に反対・抗議する集会がありました。夜には、防衛省前で辺野古新基地建設反対の抗議集会があり、関電と九電に対する抗議行動もありました。

福島から、「希望の牧場」吉沢さんが10時すぎと13時過ぎにテント前で、マイクで福島の惨状について、迫力のある怒りの抗議のアピールをされていました。
そうこうするうちに、「慰安婦問題をめぐる日韓合意」に対して外務省にたくさんの街宣車を出していた右翼勢力が、テントに向かってきて、吉沢さんやテントに悪態をつきだし、車から降りてくる右翼もいて、警察も出てきて、一時、「騒然」となりました。


▼吉沢さんの車の脇に右翼の車はりつく

DSCN1686.jpg

16時前には、餅つき大会は無事終わりました。

みなさん! 今年もテントを守って、頑張りましょう。テント撤去に備え、新たな体制を整えましょう。

(まとめと写真:あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/480-66fb85a7

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに