原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

3.11前後にヨーロッパで開かれた脱原発イベント

3.11にヨーロッパ各地で福島原発事故5周年のいろいろな行動が行われました。

■イベントの一覧表(よそものネットから)

Image表

福島5周年、フランス・パリでの催し

●3月11日(金) 17時半 
レピュブリック広場 東日本大震災・福島原発事故追悼集会 歌唱、チェロ演奏、 キャンドル・ナイト
(主催 よそものフランス、Sortir du nucleaire Parisなど)

Image2レピブリック広場
Image2パリ
▲パリ レピュブリック広場 
demosphere
映像:https://www.youtube.com/watch?v=ozjJ17XR3UM 「東日本大震災・福島原発事故5周年」


●3月11日(金) 19時~24時 
「福島の夜」 モントルイユ市 Maison de l'Arbre 9, rue Francois Debergue
コンサート、詩の朗読、
鎌仲ひとみ監督の『小さき声のカノン』前半特別上映、
討論、パフォーマンスなど
(主催 appel du 26.4 demosphere)
        

●3月12日(土) 15時半~ レピュブリック広場集会
(グリンピース、SNP、よそものなど)

●3月14日(月)19時~22時 人見やよいさん講演・討論会
「5年後の福島 住民の声を聞きませんか?」 Espace Jean Dame 17, rue Leopold Bellan 75002 (M° Sentier) (無料)
Sortir du Nuclaireair

Image2ひひひ

Image2_201604041619026fc.jpg

映像:
https://www.youtube.com/watch?v=C5D3nou7Rh0 「福島5年後」 人見やよいさんの講演
https://www.youtube.com/watch?time_continue=56&v=PFYzbFbhzJI 「質疑応答1」
https://www.youtube.com/watch?v=XIeOg1pciTQ 「質疑応答2」


*質疑応答はベルナール・ラポンシュ、ドミニク・リュグリュさんを交えて行われた。

Image2質

人見やよい Yayoi Hitomi  福島県在住のフリーライター
福島県中通りの地域情報紙に平和・環境・市民運動・脱原発についての記事を掲載。
原発をとめるため、信念を持って福島県で活動。
こおりやま「楽笑村」代表、 原発いらない福島の女たち WEB担当、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク役員

ベルナール・ラポンシュ(Bernatd Laponche)
原子炉物理学およびエネルギー経済学の博士号をもつ研究者。1960年代、原子力委員会の技術者として初期のフランス原子力発電所建設に携わる。原発労働者の悪質な労働条件などを知り、原発に疑問を持つ。著書 フランス発「脱原発革命」

ドミニク・ルグリュ(Dominique Leglu)
Sciences et Avenirの編集長

●3月19日(土) 「追悼の夕べ」福島~チェルノブイリ(Association Tradescantia)
パリ国際大学都市 日本館
17時 メモリアルコンサート(libre participation)
19時~ 鎌仲ひとみ監督「小さき声のカノン」上映 (5ユーロ)
     上映後、鎌仲ひとみ監督の講演


出典:よそものネット・フランス ブログ: http://yosomononet.blog.fc2.com/
http://yosomono-net.jimdo.com/%E3%83%95%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%9E%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E4%BA%94%E5%91%A8%E5%B9%B4-%E5%BD%A1/

(ヨーロッパの行動の紹介:あっきい 写真:インターネットから)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/501-669f77e3

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに